【覚悟】ぎっくり腰にならない秘訣

この記事の所要時間: 521

【覚悟】ぎっくり腰にならない秘訣



From  さいたま市大宮区
整体院 喜流 デスクより

 

喜流 院長 林です。

 

ぎっくり腰は急にはなりません。

 

 

 

 

みなさんギックリ腰になった
ことはありますか?

 

 

ギックリ腰は、急に湧き出たように
痛みに襲われます。

 

 

 ここで知って頂きたいことは、
ギックリ腰は急になるものでは
ありません。これは、断定して
言えます。

 

 

一体どういうこと?って
思いますよね。

 

 

朝起きたら腰が、、、
重いものを持ったら腰が、、、
クシャミをしたら腰が、、、
ギックリ腰になったよ。

 

 

と反対したくなる気持ちは
よく分かります。

 

 

しかし、そもそもの原因は、
腰周囲の筋肉、関節などの
疲労の蓄積がそのギックリ腰を
発症させるのです。

 

 

なので、急激になったのではなく、
日々の蓄積の結果なのです。

 

 

どうしたら、未然にぎっくり腰を防げるのか?

 

 

1つ目は、中腰になるような
姿勢でも可能な限り姿勢をまっすぐ
にすることです。猫背の姿勢で
前かがみは最悪な状態です。
(動画で説明させて頂きました)

 

 

2つ目は、中腰や物を拾うときは
お腹(丹田)に力を入れ「覚悟」を
入れることです。小さい荷物
だからといって、油断するのは
危険です。
(動画で説明させて頂きました)

 

 

 

 

3つ目は、中腰や前へかがむ動作の
前に腰を反らすこと。

 

 

 

 

両手を腰骨に当て、腰を後ろに
反らすだけです。まっすぐの
状態から5〜6回体を後ろに
反らします。

 

 

特にデスクワークや中腰での
作業が多い方は、腰を後ろに
反らす動作を作業前と作業中に
頻繁に行ってください。

 

 

なぜなら、常に前かがみの姿勢は
椎間板や腰周囲の筋肉、靭帯などの
組織を傷めている可能性が
あるからです。

 

 

また、腰を後ろに反らすことで、
椎間板や筋肉、靭帯にかかる
ストレスを減圧させるからです。

 

 

しかし、腰を後ろに反らすと
今までにない激痛や違和感
ある場合は直ちにやめてください。

 

 

予備知識として知って頂きたい
のですが、

 

 

米国の研究者Stover Snookに
よると、「慢性腰痛患者において、
朝の早い時間帯の前かがみ動作
減らしたところ腰痛が改善した」と
報告されたそうです。

 

 

また、Robin Mckenzieによると
「寝ている間は椎間板に水分が
吸収され、膨れている状態で
あるため、起きて4〜5時間
腰痛になる可能性が高まる」と
あります。

 

 

まとめ

 

 

ぎっくり腰は急激に起こるわけ
ではありません。

 

 

日々の姿勢、反復動作の結果、
中腰での作業による疲労の
蓄積などが大元の原因となります。

 

 

特に前かがみの状態が続く環境や
場面では「背筋を伸ばすように
心がける」、中腰または
しゃがむときは丹田に力を入れ
「覚悟」を決める。

 

 

また、作業前や作業後に5〜6回
腰を後ろに反らすことで
ぎっくり腰や腰痛になることを
未然に防ぐことが可能です。

 

 

ぎっくり腰は体に異常が
起きているサインです。
そのサインをしっかり
受け止めることが大事です。

 

 

サインをしっかり受け取れば、
あとは原因に対してアプローチ
していくことで、坐骨神経痛や
椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症に
なるリスクを軽くできます。

 

 

「ぎっくり腰を経験したあなた」
今が改善するチャンスです。
そのサインを見逃さないことが
大事ですよ。

 

 

動画をご覧になる方はこちらから
↓   ↓   ↓
 

 

 

本日もブログをご覧になって頂き、
ありがとうございましたm(_ _)m

 

−林 隆生

 

ー【整体院 喜流】ホームページー
『我慢していませんか?』

 

腰痛、坐骨神経痛などの「痛み」や体の「不調」、「しゃがんで靴下をはくときに腰が痛い」「食器棚に手を伸ばすときに肩が痛い」「最近、手足の冷えが増えてきた」などそんなお悩みがありましたらこちらから

↓ ↓

 

ー【整体院 喜流】Youtubeチャンネルー

セルケア法や腰痛や坐骨神経痛の原因をはじめ
あなたの治療に役立つ情報を
いち早くあなたにお届けします!

 

「youtubeだけの限定動画」を配信中!
チャンネル登録はこちら


 

*ここをクリックして、次の画面の右側「チャンネル登録」ボタンを押してください。

 

ー【整体院 喜流】Facebookページー

 

Facebookからもブログをご覧頂けます。
フォローはこちらから


Facebookに「いいね」はお気軽に♫

The following two tabs change content below.
林 隆生

林 隆生

「整体院 喜流」院長  好きなもの:スポーツ(野球)、読書、筋トレ、森林浴や温泉、厚生労働省 理学療法士 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    PAGE TOP