【必見】足のトラブルが起こす悪影響

この記事の所要時間: 631

【必見】足のトラブルが起こす悪影響(腰痛関連、埼玉県さいたま市大宮区の整体院 喜流)

intyou

From  埼玉県さいたま市
大宮区 喜流 デスクより

 

喜流 院長 林です。

redheels

ハイヒールを履くと、姿勢も
ピッとなり、スタイルも良く
見えるので愛用されている方は
多いかと思います。

 

 

ハイヒールを履くと確かに、
姿勢がよくなった気はすると
思うのですが、腰や足への
負担は大きいのです。

 

 

腰に関して言えば、
ハイヒールを履くことで、
つま先重心となるため、
体を反らす(反り腰)ことで
バランスを保ちます。

 

 

体を常に反らすことになるので、
腰には過度な負担がかかり、
腰痛、坐骨神経痛の原因を
作ります。

 

 

さらに、ハイヒールを履くことで
足の負担を実感されることも
多いのではないでしょうか?

 

 

足の親指が歩くと痛む、
膝痛や腰痛、坐骨神経痛が
出てきた、足先の細い靴が
入りづらいなど

 

 

思い当たる方は外反母趾に
なる可能性があるもしくは
すでになっている可能性も
あります。

 

外反母趾が及ぼす影響とは

 

430225-300x225

日本人の7割は扁平足であり、
2割がハイアーチ、1割が
理想な足のアーチと言われています。

 

 

外反母趾と扁平足は関連があるの
ですがまずは外反母趾の説明を
します。

 

 

外反母趾とは足の親指が
外側を向いた状態に
なります。

 

 

これにより、親指の関節に
負担がかかり痛みが出ます。

 

 

外反母趾で悩んでいる方も
最初は今ほど親指が
外側に向いていなかったと
思われます。

 

 

次に、扁平足についてです。

 

 

扁平足は土踏まず部分にある
正常な足のアーチ
(内側縦アーチ)が何らかの
原因によりつぶれた
足裏の障害です。

 

 

扁平足の方は足の内側のアーチ
(内側縦アーチ)が潰れることで、
股関節が「内股」になりやすく
なります。

 

 

この内股の状態が続くと、
外反母趾は悪化するのです。

 

 

これが、扁平足と外反母趾の
関係性です。

 

 

さらに内股になることで、
骨盤を歪ませ腰痛や坐骨神経痛の
原因を作ります。

 

 

また外反母趾での歩行時では、
蹴り出す時に親指がさらに
外側に捻れるので外反母趾を
助長させる原因になるのです。

 

外反母趾になりやすい「もう一つの理由」

 

肩こり、坐骨神経痛、足構造

前項では、扁平足と外反母趾の
関連を述べました。

 

 

ここでは、開張足と外反母趾の
関係を説明します。

 

 

開張足とは、足のひらが
横に広がった状態を
言います。

 

 

もう少し具体的に言うと、
足の横アーチ(上図参照)が
潰れている状態になります。

 

 

開帳足になると足の指の
付け根の部分が横に
広がってしまうので筋肉、
腱が内側へ強く引っ張ります。

 

 

弓の弦のように親指や
小指を内側へ強く引っ張って
しまうのです。

 

 

これが外反母趾を引き起こす
原因となります。

 

 

つまり外反母趾が起こる
理由は、足指の筋力の
低下による足のアーチ
(内側縦アーチ(扁平足)、
横アーチ(開張足))が
潰れることです。

 

 

また、外反母趾を発生させる
外的要因において、ハイヒールの
着用は最大の原因とされています。

 

 

踵4cmのハイヒールは1.5倍、
9cmのヒールで3倍と足にかける
負担を増大しているのです。

 

まとめ

 

外反母趾は親指の痛みだけに
止まらず、腰痛、坐骨神経痛
などを引き起こす原因と
なります。

 

 

外反母趾は足指や足関節周囲の
筋力が低下して起こる
「扁平足」や「開張足」が
引き金になっています。

 

 

またハイヒールの多用も、
足に負担をかけ、外反母趾に
なるリスクを高めているのです。

 

 

女性は、おしゃれの
アイテムとして
ハイヒールを履くことも
あると思いますが、履き続ける
ことでのリスクも頭に入れといて
いただけると嬉しいです。

 

 

足の痛みは、運動不足の
原因にもなりますので、
最近、親指の付け根が
痛いなどと言う場合は、
早めのケアをお勧めします。

 

 

【必見】足のトラブルが起こす悪影響
↓   ↓   ↓

本日もブログをご覧になって頂き、
ありがとうございましたm(_ _)m

 

また明日もお待ちしております^ ^

−林 隆生

ー【整体院 喜流】ホームページー
『我慢していませんか?』
腰痛、坐骨神経痛などの「痛み」や体の「不調」、
「しゃがんで靴下をはくときに腰が痛い」
「食器棚に手を伸ばすときに肩が痛い」
「最近、手足の冷えが増えてきた」など
そんなお悩みがありませんか。

 

日本古来の徒手技術と
生活・運動指導を軸に
あなたの体のお悩みを
解決する支援をします。

 

理学療法士の資格を持ち、
独自の検査法から「痛み」の
原因を見つけるのが得意です。

お気軽にHPをご覧ください♫

ー【整体院 喜流】Youtube チャンネルー

セルケア法や腰痛や坐骨神経痛の原因をはじめ
あなたの治療に役立つ情報を
いち早くあなたにお届けします!

「youtubeだけの限定動画」を配信中!
チャンネル登録はこちら


*ここをクリックして、次の画面の右側「チャンネル登録」ボタンを押してください。

ー【整体院 喜流】Facebookページー

メルマガでは配信されていない「腰痛改善の秘密」を
Facebook限定でウェブで見ることができます。
フォローはこちらから

Facebookに「いいね」はお気軽に♫

The following two tabs change content below.
林 隆生
さいたま市、川越市、蓮田市、都内を中心に坐骨神経痛・脊柱管狭窄症で悩む方が訪れる【慢性腰痛専門】整体院 喜龍 院長の林 隆生。8年間理学療法士として、病院勤務、その後、独立開業。多種の勤務経験から、慢性の痛み、不調の根本原因は「血流」「筋肉のシコリ」であることにたどり着き、日本古来の血液循環療法を習得。その他、症状により筋膜リリース法や腹部治療なども取り入れる。<お問い合わせ・ご相談はコチラ>

林 隆生

最新記事 by 林 隆生 (全て見る)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    PAGE TOP