【推奨】足裏の重要な運動

この記事の所要時間: 520

【推奨】足裏をほぐす日本古来の方法(腰痛関連、埼玉県さいたま市大宮区の整体院 喜流)

intyou

From  埼玉県さいたま市
大宮区 喜流 デスクより

 

喜流 院長 林です。

腰痛、坐骨神経痛、裸足
何回かに分けて足裏について
説明してきました。

 

 

開張足、扁平足などの足の
形は足本来のアーチを崩し、
外反母趾や小趾内反などに
発展します。

 

 

私たちにとって足は、唯一
地面に接するところであり、
支える部位となります。

 

 

その土台となる足が変形
すれば、膝、股関節、
骨盤、背骨、首の関節に
影響を与えるのはご理解
頂けると思います。

 

 

今回、「足」について説明している
理由として、足は私たちが思っている
以上に重要な部位でありながら、
ケアを怠る部位でもあります。

 

 

足は手と比べ、目が行きづらい
部位であり、感覚も手と比べれば
劣ります。

 

 

このため、手のケアは入念に
しますが、足は二の次に
なってしまうのです。

 

 

しかし、足の症状は先ほども
述べたように全身を
崩すリスクがあるため、
手と同じくらい「足」も
大事にしてあげて下さい。

 

 

あなたは片足で立つことが
できますか?

 

 

もし、やりづらいもしくは
できないようだったら、、、

片足立ちができない方は扁平足の疑い

 
腰痛、坐骨神経痛、片足立ち
 
足の親指と踵を結ぶ内側の
縦アーチは土踏まずを
形成するアーチでこれが
崩れた状態を扁平足と
言います。
 
 
 
 
土踏まずは、成長する過程で
形成されるもので乳児の時は、
誰もが扁平足であります。
 
 
 
 
大人になってからの扁平足は、
姿勢や歩き方の悪さに
よって筋力低下が原因と
考えられます。
 
 
 
 
具体的には、「後脛骨筋」と
呼ばれる内側縦アーチを
作る筋力が低下します。
 
 
 
 
後脛骨筋が低下することで、
舟状骨と呼ばれる内側縦アーチに
必要な骨が落ち込みアーチを
崩します。
 
 
 
 
扁平足の方は、踵が内側に
傾いているため、足に体重を
のせることができず、体が
フラフラして片足立ちが
しづらいことが特徴です。
 
 
 
 
このような状態で、歩く
ことで骨盤が左右に揺れ、
膝が内側に入るため、
外反母趾や膝痛、腰痛、
坐骨神経痛などを
引き起こします。
 

外側アーチが潰れることで、、、

 
腰痛、坐骨神経痛、O脚
 
扁平足は内側縦アーチが
崩れて起きますが、外側
縦アーチが崩れることで、
O脚を助長します。
 
 
 
 
O脚は外側に重心が
偏るため、足先や膝は
外を向き、荷重を分散する
ことができずに膝痛の
原因になります。
 
 
 
 
また、太ももの張りや
ヒップが落ち込むなどの
体の変化をきたします。
 

まとめ

 
このように足裏の変形
(開張足、扁平足など)は
足のアーチを崩します。
 
 
 
 
アーチが崩れることで、
ペタペタ歩きや骨盤の揺れなどが
起き、腰痛、坐骨神経痛、
外反母趾などの原因になります。
 
 
 
 
足裏筋肉も使えなくなるので、
ますますアーチは崩れ、
悪循環となるのです。
 
 
 
 
地面に接している「足」が
悪くなれば、その他の関節に
負担をかけるので、様々な
痛みに発展します。
 
 
 
 
あなたがどこかの痛みで
お悩みがあり、なかなか解決
しないようでしたら、
もしかしたら「足」が
原因かもしれませんよ。
 
 
 
 
【推奨】足裏の重要な運動
↓   ↓   ↓

 
 
 
 
本日もブログをご覧になって頂き、
ありがとうございましたm(_ _)m
 
 
 
 
また明日もお待ちしております^ ^
 
 
 
 
−林 隆生
 
 
 
 
ー【整体院 喜流】ホームページー
『我慢していませんか?』
腰痛、坐骨神経痛などの「痛み」や体の「不調」、
「しゃがんで靴下をはくときに腰が痛い」
「食器棚に手を伸ばすときに肩が痛い」
「最近、手足の冷えが増えてきた」など
そんなお悩みがありませんか。
 
 
日本古来の徒手技術と
生活・運動指導を軸に
あなたの体のお悩みを
解決する支援をします。
 
 
理学療法士の資格を持ち、
独自の検査法から「痛み」の
原因を見つけるのが得意です。

お気軽にHPをご覧ください♫

 
 
ー【整体院 喜流】Youtube チャンネルー

セルケア法や腰痛や坐骨神経痛の原因をはじめ
あなたの治療に役立つ情報を
いち早くあなたにお届けします!

「youtubeだけの限定動画」を配信中!
チャンネル登録はこちら


*ここをクリックして、次の画面の右側「チャンネル登録」ボタンを押してください。

 
 
ー【整体院 喜流】Facebookページー

メルマガでは配信されていない「腰痛改善の秘密」を
Facebook限定でウェブで見ることができます。
フォローはこちらから

Facebookに「いいね」はお気軽に♫

The following two tabs change content below.
林 隆生
さいたま市、川越市、蓮田市、都内を中心に坐骨神経痛・脊柱管狭窄症で悩む方が訪れる【慢性腰痛専門】整体院 喜龍 院長の林 隆生。8年間理学療法士として、病院勤務、その後、独立開業。多種の勤務経験から、慢性の痛み、不調の根本原因は「血流」「筋肉のシコリ」であることにたどり着き、日本古来の血液循環療法を習得。その他、症状により筋膜リリース法や腹部治療なども取り入れる。<お問い合わせ・ご相談はコチラ>

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP