ぎっくり腰

この記事の所要時間: 042

あなたはぎっくり腰でこんなお悩みはありませんか?

 

✅朝、歯磨きや洗顔するときに洗面台に思わず寄りかかってしまうなら、、、

✅突然ひどいぎっくり腰に襲われ動けなくなるなら、、、

✅ウソだと思うくらいにい歩くことができないなら、、、

✅ぶり返すぎっくり腰を何とかしたいなら、、、

✅根本的な原因の施術を受けたいと思っているなら、、、

このように悩んでいるのであれば、あなたにとって当院は必ずお役に立てるはずです。

是非、このままゆっくり読み進めてください。もしそうでないなら、右上の×ボタンを押してページを閉じて下さい。

そもそも「ぎっくり腰」ってなんだと思いますか?

ぎっくり腰は、急に体を動かそうとした時や、重い荷物を持ち上げようとした時、体を捻じった時などに、

その場で動けなくなるほどの激痛が走ると言われています。また、『急性腰痛』『椎間捻挫』とも呼ばれ、グキッという衝撃とともに、激痛に襲われるものです。

つまり、腰椎が瞬間的にずれてしまい、腰の筋肉が負荷に耐え切れずに炎症を起こしてしまう 腰痛です。

腰という字は『にくづき』に『かなめ』と書くように、身体を支えたり動かす要の部分であり、

人間の二足歩行が故の宿命的な荷重の負荷による障害が腰には多くなります。

腰には大小様々な筋肉によって身体の微妙なバランスを取り合っています。

腰という字は『にくづき』に『かなめ』と書くように、身体を支えたり動かす要の部分であり、

人間の二足歩行が故の宿命的な荷重の負荷による障害が腰には多くなります。

腰には大小様々な筋肉によって身体の微妙なバランスを取り合っています。

その筋肉に急激な力が加わると、筋肉が傷つき炎症を起こし痛みが発症してしまうのです。

ぎっくり腰は実にバリエーションに富んでおり、はっきりとした原因が分からないものも少なくありません。

【必見】意外なぎっくり腰の事実

あなたの「ぎっくり腰の原因はほぼ腰にはありません」。

当院では、必ずカウンセリングと検査を行い、原因を絞って整体を始めます。

ぎっくり腰の原因は腰にあることは少なく、生活習慣(姿勢のクセ、反復動作など)の問題や昔の怪我の影響が関係している場合が大半です。

当院で実際にあった、お客様の実例をご紹介します。

11年前に左足首を捻挫して、それ以降慢性腰痛を発症、ぎっくり腰に悩まされる日々が続いた40代のAさん。

Aさんは、整体当初、昔の怪我(左足の捻挫)のことを話してくれず、今現在の腰周囲の状態を一生懸命に説明してくれました。

整体を2回受けた時点で、正直いい結果は得られませんでした。

何か他にも原因があると疑いました。Aさんにお話をお伺いしていると、「実は11年前に左足首を捻挫してさ、、、」という事実を知りました。

そこで、整体の方向性を変え、痛みの出てる腰ではなく原因のある左足首を施術しました。

Aさんの腰周囲の痛みは通院ごとに和らぎました。

そして、今では見事にぎっくり腰を克服しました。

Aさんは、腰周囲の違和感を日常生活で感じることなく、爽快な気持ちで日常生活を送られています。

これはあくまで一例にすぎませんが、腰痛は「腰が痛い」から腰に原因があるのではありません

大事なことは、その原因を的確に探さなければ、いつまでたってもあなたのツライぎっくり腰は改善に向かいません。

さらに、慢性腰痛を放置することで、「ぎっくり腰」「脊柱管狭窄症」などの痛みやしびれを伴う神経症状を強くさせます。

整体院 喜流の特徴とは?

理由 1 「ボキボキバキバキ」しない低刺激な施術

とてもソフトな施術になります。そのため、お子様から年配の方まで体に負担をかけることなく安心して受けることができます。

当院の最大の特徴は、もみ返しなどの体の負担が少ないことです。しかし、骨への直接的なアプローチをしないことや強いマッサージをしないため、強い刺激をお求めの方は他の整体などをオススメします。

血液循環療法を知りたい方はこちらから

理由 2 交通アクセスが便利(駅チカ)

大宮駅西口より徒歩7分。 お車で来院の場合は、コインパーキング(市営桜木駐車場や三井リパーク大宮桜木町2丁目)より徒歩1〜2分。

通院するのに大宮駅から近いと、とても便利です。女性の方は、帰りにスーパーやルミネに立ち寄る方もいらっしゃいます。

理由 3 理学療法士がする整体

理学療法士(医療国家資格)であるため、整体はもちろんのこと。施術後のセルフエクササイズや生活習慣の注意点を体の動かし方のプロがしっかり指導します。

理由 4 完全予約制、1日7名限定

予約制であるため、整形外科や整骨院のように待たせることはありません。あなたの時間を1秒たりとも無駄にすることなく、治療を受けることができます。

また、1日の患者さまを限定していることから、治療時間に余裕を持ち、一人一人にしっかり向き合うことができます(これはとても大事なことです)。

理由 5 即日対応可能

基本的には、緊急の患者さま用に予約枠を空けているため、当日ご連絡いただければ、対応可能になります。比較的、朝にご連絡いただければ、即日対応可能です。

理由 6 土日、祝日も営業

平日はお仕事や子育てのため来れない方も土日、祝日を営業しているため会社員、主婦の方にも大好評です。

理由 7 完全個室制

当院の患者さまの7割は女性が来院しております。周りを気にすることなく、体のお悩みを話すことができます。女性の患者さまからは、院内が清潔、アロマオイルの香りが良い、ヒーリングミュージックが落ち着く、話をよく聞いてくれるとお声を頂いております。

メニュー・料金

 

初診料       ¥2,000

基本施術料金    ¥7,000 (60分)

喜流の初回は初診料と施術料金を頂きますので、決して安くない料金設定です。

しかし、あなたの大事な体を整える以上、責任をもち施術させて頂きます。また、強引に回数券を販売することは一切ありませんのでご安心ください。

さらに、当院の患者さまの多くは3つ以上の整形外科や整骨院、整体などに通院し効果を得られなかった方が多いことから、

治療院に対して不安や疑念を抱えています。そのため、通常初回料金のみ全額返金保証をしております。

効果がないと感じたら、正直におっしゃってください。その場で全額返金をさせていただきます。

写真でみるルート案内

電車をご利用の場合

大宮駅(西口)より徒歩6分

大宮駅改札より徒歩7分

お車をご利用の場合

市営桜木駐車場(30分、150円)またはリパーク大宮桜木町2丁目(60分、300円)へナビをセットしてください。

*駐車パーキングから徒歩30秒から1分程度です。

整体院 喜流までの来院経路

JR大宮駅西口より徒歩7分ですので、出口から迷わないようにご案内いたします。また、公共交通機関をご利用になりますと、本当に便利です。

大宮駅改札を出る

JR大宮駅改札をでますと、西口または東口方面に分かれ、西口方面へ進んで下さい。

鉄博通りまたはニューシャトル方面へ

西口方面へ進みますと、右側にてっぱく通りの看板が見えてきます。 「Journal Standard」「Unitedallows」「Ships」などのセレクトショップを直進します。

鉄道博物館、ニューシャトル駅と表示されている看板を左に曲がります。

(鉄道博物館、ニューシャトル)の看板を通過し左に曲がります。

扉を出て右側に進みます。

そのまま道なりに進み、エスカレーター(下の写真)を下ります。

エスカレーターを下り、左側に進みます。

下記の写真のように道なりに進み、左側に交差点が見えます。

交差点を大黒屋方面に渡ります。

矢印のとおり、道なりに直進します。

道なりに直進すると左手に「とみひろ」の看板が見えます。

左側に着物屋「とみひろ」やリパーク大宮桜木町2丁目(コインパーキング)を直進します。とみひろから約100mほどで大宮林医院の看板が見えます。

大宮林医院の看板が見えましたら、当院マンションです。

インターホンを押してください

茶色のタイルのマンションの一室が当院です。

当院にはこのような悩みをもたれた方が多く来院されております。

✅前かがみになると腰に痛みが出る

✅座っていると腰まわりがだるくなってくる

✅立っているのが辛すぎて、急に座り込みたくなる

✅ぎっくり腰のため、靴下が履けない

✅もう何日もコルセットをつけている

✅色々な治療院に行ったがあまり良くならない

✅孫に抱っこをねだられるが腰が痛むのでしてあげられない

✅しばらく座って、立つときに「うっ」と腰の痛みを感じる

✅車の運転を長時間できない

✅ロキソニンなどの痛み薬がないと生活できない

このように、日常生活を満足に送れない方がとても多いです。また、体をもっと良くしたいという健康意識が高い方多いのが当院の特徴です。

「あなたと私」で二人三脚で、ぎっくり腰の痛みに向かい合うことで痛みを撃退させ、「痛みのない」生活を手に入れましょう。</p

本気で「慢性腰痛」を改善したいと思われる方は今すぐお電話下さい。

<電話番号をタッチすると電話が繋がります>

※施術中は電話に出られませんので、留守番電話お名前と電話番号をお願いいたします。必ず折り返しいたします。

The following two tabs change content below.
林 隆生
さいたま市、川越市、蓮田市、都内を中心に坐骨神経痛・脊柱管狭窄症で悩む方が訪れる【慢性腰痛専門】整体院 喜龍 院長の林 隆生。8年間理学療法士として、病院勤務、その後、独立開業。多種の勤務経験から、慢性の痛み、不調の根本原因は「血流」「筋肉のシコリ」であることにたどり着き、日本古来の血液循環療法を習得。その他、症状により筋膜リリース法や腹部治療なども取り入れる。<お問い合わせ・ご相談はコチラ>

林 隆生

最新記事 by 林 隆生 (全て見る)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    PAGE TOP