ぎっくり腰にならない体作り(デスクワークの人向け)

この記事の所要時間: 241

フラットボタン-blue

intyou

From  整体院 喜流 デスクより

 

喜流 院長 林です。

 

ぎっくり腰になった方はご存知かと
思いますが、発症するとしっかり
体のケアをしておけば良かったと
思うはずです。
 
 
 
では、まずぎっくり腰になる前に
どのような対策をしておけば
良いのでしょうか?
 
 
 
ぎっくり腰は、重いものを持った時に
発症するものや日々の何気ない動作
(靴を履く、床に落ちたものを拾うなど)で
発症するもの様々です。
 
 
 
ただ、双方とも共通して言えるものは、
その瞬間初めてぎっくり腰になったのでは
ないということです。
 
 
 
つまり、日々の生活習慣による疲労の蓄積、
骨格(骨盤など)の歪み、筋疲労と原因は
多くあります。
 
 
 
そのため、どうしても日々の体のケアが
必要になるのです。
 
 
 
今日は、デスクワークの人や日中座ることが
多い人のためのストレッチ方法を
お伝えします。
 
 
 
ストレッチをする前にするべき大事なことに
 
 
 
興味がある方はこちら
↓   ↓   ↓
 

 
 
 
 
本日も動画をご覧になって頂き、
ありがとうございましたm(_ _)m
 
       
  
また明日もおまちしております^ ^
 
       
 
−林 隆生
 
       
 
PS
「youtubeだけの限定動画」を配信中!
チャンネル登録はこちら
 
↓   ↓   ↓

*ここをクリックして、次の画面の右側「チャンネル登録」ボタンを押してください。
 
PPS.
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メルマガの登録をご希望の方はコチラ
↓ ↓
今すぐ無料メルマガに登録

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
ppps.
さいたま市で腰痛でお悩みの方は今すぐこちらまで
↓↓
さいたま市の「慢性腰痛」専門 整体院喜流 -Kiryu- 専用電話

080-3737-8263

「はい、整体院喜流です!」と電話に出ますので、
「ブログを見て予約したいのですが」とお伝えください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

The following two tabs change content below.
林 隆生

林 隆生

「整体院 喜流」院長  好きなもの:スポーツ(野球)、読書、筋トレ、森林浴や温泉、厚生労働省 理学療法士 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント