腸内環境は乳酸菌より◯◯菌が効く

この記事の所要時間: 541

腸内環境は乳酸菌より◯◯菌が効く(腰痛関連、埼玉県さいたま市大宮区の整体院 喜流)

From  埼玉県さいたま市  大宮区 喜流 デスクより

 

 

喜流 院長 林です。

 

 

 

 

免疫とは血液、血管や 骨髄、リンパ節、腸などの 全身の器官で協力しあって 作られています。

 

 

その中でも多くの割合 (70%程度)を占めている のが「腸」になります。

 

 

腸内では、500種類以上の 細菌が共存しています。

 

 

腸内に存在する「善玉菌」と「悪玉菌」

 

 

 

 

腸の中では、善玉菌(2): 日和見菌(7):悪玉菌(1)の 割合で菌が存在します。

 

 

善玉菌の代表は乳酸菌や ビフィズス菌になります。         悪玉菌の代表はウェルシュ菌や ブドウ菌になります。

 

 

日和見菌はどっちつかずの 菌になるので、善玉菌と 悪玉菌の割合により変化します。

 

 

善玉菌が多ければ、善玉菌優位に 働き、悪玉菌が多ければ 悪玉菌優位に働きます。

 

 

善玉菌は発ガン物質を無毒化 したり、ガンそのものを撃退 したりする役割があります。

 

 

また、腸の消化吸収、体内に 侵入した病原菌を抑制させ、 体を守る免疫力をアップします。

 

 

免疫力が上がることで、 筋肉、靱帯などの組織の 損傷を修復させる能力が 上がり、腰痛や坐骨神経痛などの 痛みの緩和を手伝います。

 

 

逆に、現代では脂肪の摂取量が 増えていることで悪玉菌が 優位になりやすい傾向に あります。

 

 

また、野菜類、海藻類、 きのこ類の摂取量が相対的に 減っているので食物繊維不足と なり悪玉菌を優位にさせてしまう 環境を作ります。

 

 

悪玉菌優位になると、腸内腐敗、 発ガン物質の生成などにより 下痢や胃腸炎になりやすくなります。

 

 

「腸」にも年齢がある

 

 

 

 

赤ちゃんの腸内環境は乳酸菌が 優先的に増殖するため 善玉菌が優位となります。

 

 

年齢とともに乳酸菌などの 善玉菌の数が減ります。

 

 

しかも、私たちが生活する 中で食生活の乱れ、 インフルエンザなどの病原菌や 食虫毒菌が体内に入ること、

 

 

排便による善玉菌の排出などに より善玉菌と悪玉菌の数は絶えず 変化します。そのため、 悪玉菌がどうしても優位に 働きやすい傾向にあります。

 

 

これが腸の老化現象になります。

 

 

悪玉菌をゼロにすることは 難しいですが、善玉菌を 増やすことは可能です。

 

 

日本の発酵食品の素晴らしさ

 

 

 

 

善玉菌の数を増やすことは、 免疫力のアップにつながり、 それが腰痛、坐骨神経痛などの 「痛み」にも関与します。

 

 

善玉菌を増やすためには、 乳酸菌をとりましょうと よく言われます。

 

 

あなたは乳酸菌と聞き、 何を思い浮かべるでしょうか。

 

 

ヨーグルト、チーズと 外国の食品を思い浮かべ ますよね。

 

 

でも、日本の発酵食品の 味噌、漬物も乳酸菌を 多く含んでいる食品に なります。

 

 

また、納豆の納豆菌は 腸内の乳酸菌と相性が よく、腸内で乳酸菌を 増殖させる効果があります。

 

 

やはり日本人は、外国製の 食品ではなく、日本独自の 発酵食品を摂ることを オススメします。

 

 

そのほか、乳酸菌の活動を 支援する食物繊維を 摂ることを忘れずにして くださいね。

 

 

まとめ

 

 

免疫は腸内に70%程度、 存在しているので、腸内環境を 整えることはとても重要です。

 

 

腸内環境は善玉菌と悪玉菌に 分かれますが、悪玉菌を 減らし、善玉菌を増やすことが 大事になります。

 

 

善玉菌を増やすことで、 免疫力が上がり、 ガン細胞を撃退、 疲労回復、腰痛、 坐骨神経痛などの「痛み」の 改善に大いに役立つのです。

 

 

そのため、腸の調子が おかしいという方は、 まずは生活習慣の 見直しと食生活の改善をして、 腸内環境を整えましょう。

 

 

整体でも、血流改善による 腸の働きを活性化させるので、 生活習慣を改善しても変化しない ようでしたら、ぜひお試しください。

 

 

【必見】腸内環境は乳酸菌より◯◯菌

↓   ↓   ↓

 

 

本日もブログをご覧になって頂き、
ありがとうございましたm(_ _)m

 

−林 隆生

 

ー【整体院 喜流】ホームページー
『我慢していませんか?』

 

腰痛、坐骨神経痛などの「痛み」や体の「不調」、「しゃがんで靴下をはくときに腰が痛い」「食器棚に手を伸ばすときに肩が痛い」「最近、手足の冷えが増えてきた」などそんなお悩みがありましたらこちらから

↓ ↓

 

ー【整体院 喜流】Youtubeチャンネルー

セルケア法や腰痛や坐骨神経痛の原因をはじめ
あなたの治療に役立つ情報を
いち早くあなたにお届けします!

 

「youtubeだけの限定動画」を配信中!
チャンネル登録はこちら


 

*ここをクリックして、次の画面の右側「チャンネル登録」ボタンを押してください。

 

ー【整体院 喜流】Facebookページー

 

Facebookからもブログをご覧頂けます。
フォローはこちらから


Facebookに「いいね」はお気軽に♫

The following two tabs change content below.
林 隆生
さいたま市、川越市、蓮田市、都内を中心に坐骨神経痛・脊柱管狭窄症で悩む方が訪れる【慢性腰痛専門】整体院 喜龍 院長の林 隆生。8年間理学療法士として、病院勤務、その後、独立開業。多種の勤務経験から、慢性の痛み、不調の根本原因は「血流」「筋肉のシコリ」であることにたどり着き、日本古来の血液循環療法を習得。その他、症状により筋膜リリース法や腹部治療なども取り入れる。<お問い合わせ・ご相談はコチラ>

林 隆生

最新記事 by 林 隆生 (全て見る)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    PAGE TOP