【総括】便秘が及ぼす悪影響

この記事の所要時間: 633

【総括】便秘が及ぼす悪影響(腰痛関連、埼玉県さいたま市大宮区の整体院 喜流)

intyou

From  埼玉県さいたま市
大宮区 喜流 デスクより

喜流 院長 林です。

腰痛、坐骨神経痛、腹痛

昨日お伝えした便秘解消法は
いかがだったでしょうか?

 

 

最低でも2週間は継続して、
腸に圧迫をかけ、腸を動かし、
ガスが出やすい環境を
作ることが大切です。

 

 

また、便秘の際は、食物繊維が
良いと言われていますが、
便秘が3日以上続いている場合、
控えた方が良いようです。

 

 

なぜなら、食物繊維は内容物を
増やすだけで、腸で便がせき止め
られている場合は、より腸内が
膨れ上がることになります。

 

 

便秘がひどくなれば、腸は
下垂し、腰痛、坐骨神経痛の
原因や冷え性の原因を作ります。

 

 

このような時は、消化の良い
炭水化物(おかゆやうどん)を
摂ることがオススメです。

 

 

さて、昨日のブログにも
お伝えした、「大蠕動」に
ついてお伝えします。

 

便秘改善に必要な「大蠕動」

 

腰痛、坐骨神経痛、大蠕動

腸の中では、蠕動運動と呼ばれる
24時間いつでも働く運動と
「大蠕動」と呼ばれる
0時からしか働かない運動が
あります。

 

 

蠕動運動は、大腸の壁から
栄養や水分を吸収しようと
食べ物を動かします。

 

 

より効率よく栄養や水分を
吸収しようと大腸が少し
向きを変えるのです。

 

 

蠕動運動により2〜3cm、
内容物が移動すると言われて
います。

 

 

大蠕動は主に、横行結腸から
直腸までの働きを担います。

 

 

蠕動運動の「200倍」の活発さを
もち、チューブを絞るような動きで
一気に直腸まで内容物を運ぶのです。

 

 

しかも、大蠕動は、日中
全く働きません。夜になり
私たちが眠りにつく頃に
一気に活動を始めるのです。

 

 

このように、大蠕動は夜の
うちに大腸の内容物を直腸まで
運ぶために特化した動きなので、
これがちゃんと起こって
内容物が直腸まで運ばれていると、
翌朝便意をもよおすことになります。

 

 

そのため、夜の睡眠がとても
重要になるのです。

 

大蠕動と睡眠の関係とは?

 

腰痛、坐骨神経痛、睡眠

まず、夕食後、腸での消化と
吸収は2〜3時間で行われます。
この消化・吸収を効率よく
するためにリラックスをして
副交感神経を優位にさせることです。

 

 

その後、大蠕動が働きやすい
時間帯の0時〜朝にかけて
内容物を直腸まで運びます。

 

 

この流れがスムーズに行くことで
便秘になる、ならないが分かれる
と言っても過言ではありません。

 

 

ここで大事になるのが
「睡眠」になります。

 

 

寝る前は必ず、副交感神経が
優位になり、リラックスした
状態で睡眠に入ります。

 

 

この副交感神経が最も高くなる
時間帯がまさに0時〜になるの
で、大蠕動もこの時に活動的に
なるのです。

 

 

しかし、寝る直前の食事や
熟睡できない環境にあると
副交感神経が弱くなり、
大蠕動も活動が弱まります。

 

 

このため、「不規則な生活は
便秘になる」と言われる
のも、このためです。

 

 

また、寝る直前にテレビ、
スマホ、パソコンの刺激を
受けると交感神経が優位に
なりますので、睡眠を
妨げる要因になります。

 

 

便秘を改善したいので
あれば、規則正しく
0時までには布団
入ることがオススメです。

 

まとめ

 

大蠕動とは、便通に関わる
重要な運動です。

 

 

大蠕動の活動を高めるために、
食事は寝る3時間前までに
済ますこと、就寝は0時までに
することが必要です。

 

 

なぜなら、睡眠してから
0時以降が副交感神経が
最も優位となり大蠕動も
活発になるからです。

 

 

そのためには、規則正しい
生活習慣を身につけ、
特に夕方以降はリラックス状態を
作り副交感神経を優位にさせ、
就寝時間を決めることが必要です。

 

 

忙しくなかなか生活を
変えられないという方も、
時間をうまく使えば、
必ずできますので、
実践してみるのは
いかがでしょうか。

 

 

便秘は骨盤の歪みを作り、
腰痛、坐骨神経痛などの
痛みの原因になるため、
なかなか便秘が変わらない
ようであれば、内臓整体も
オススメです。

 

 

【総括】便秘が及ぼす悪影響
↓   ↓   ↓

本日もブログをご覧になって頂き、
ありがとうございましたm(_ _)m

 

 

 

また明日もお待ちしております^ ^

−林 隆生

ー【整体院 喜流】ホームページー
『我慢していませんか?』
腰痛、坐骨神経痛などの「痛み」や体の「不調」、
「しゃがんで靴下をはくときに腰が痛い」
「食器棚に手を伸ばすときに肩が痛い」
「最近、手足の冷えが増えてきた」など
そんなお悩みがありませんか。

 

日本古来の徒手技術と
生活・運動指導を軸に
あなたの体のお悩みを
解決する支援をします。

 

理学療法士の資格を持ち、
独自の検査法から「痛み」の
原因を見つけるのが得意です。

お気軽にHPをご覧ください♫

ー【整体院 喜流】Youtube チャンネルー

セルケア法や腰痛や坐骨神経痛の原因をはじめ
あなたの治療に役立つ情報を
いち早くあなたにお届けします!

「youtubeだけの限定動画」を配信中!
チャンネル登録はこちら


*ここをクリックして、次の画面の右側「チャンネル登録」ボタンを押してください。

ー【整体院 喜流】Facebookページー

メルマガでは配信されていない「腰痛改善の秘密」を
Facebook限定でウェブで見ることができます。
フォローはこちらから

Facebookに「いいね」はお気軽に♫

The following two tabs change content below.
林 隆生
さいたま市、川越市、蓮田市、都内を中心に坐骨神経痛・脊柱管狭窄症で悩む方が訪れる【慢性腰痛専門】整体院 喜龍 院長の林 隆生。8年間理学療法士として、病院勤務、その後、独立開業。多種の勤務経験から、慢性の痛み、不調の根本原因は「血流」「筋肉のシコリ」であることにたどり着き、日本古来の血液循環療法を習得。その他、症状により筋膜リリース法や腹部治療なども取り入れる。<お問い合わせ・ご相談はコチラ>

林 隆生

最新記事 by 林 隆生 (全て見る)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    PAGE TOP