ご存知ですか?バナナは体を冷やすってことを、、、

この記事の所要時間: 637

ご存知ですか?バナナは体を冷やすってことを、、、(埼玉県さいたま市大宮区の整体院 喜流【腰痛関連】)

 

 

 

 

From  埼玉県さいたま市
大宮区 喜流 デスクより

 

 

喜流 院長 林です。

 

 

 

 

10月下旬になり、しばらく
天気の悪い日が続きました。
気温も低かったり、高くなったりと
定まらなかったですね。

 

 

このような天候は、自律神経に
影響を与えるため、血液の循環も
悪くなる傾向にあります。

 

 

さらに、食生活の問題、運動不足など
があると、「冷え性」に繋がるため、
気を付けて下さいね。

 

 

さて、前回まではストレスによる
自律神経の乱れから、冷え性に
なる事をお伝えし、本日は食生活や
運動不足について説明します。
 

食べ物と冷え性との関係

 

 
人間のネネルギーの源は、
食べ物から摂っています。
そのため、体は、食べ物から
構成されています。

 

 

ということは、食べ物次第で
体の構成は変わるという
ことです。

 

 

改めてこう考えると、
食べ物はとても大事ですよね。

 

 

さて、食べ物は南国で採れる
ものや夏に収穫できるもの、
寒い地方で採れるものが
あります。

 

 

これには違いがあります。

 

 

例えば、夏野菜のきゅうり、
トマトなどの生野菜や
南国の食品や牛乳などは陰性食品と
呼ばれ体を冷やす特徴が
あります。

 

 

一方、根菜類、唐辛子、
ごぼう、ニンニク、生姜や
寒い地方で採れる食品は
陽性食品と呼ばれ体を温める
特徴があります。
医師の書いてる食品についてのブログはこちら

 

 

つまり、ここでは冷え性に
気をつけたい食品ですよね。

 

 

南国のフルーツや陰性の
食べ物は体を冷やす原因と
なるので注意が必要です。

 

 

例えば、ヨーグルトは中間の
食品になりますが、南国の
フルーツ、バナナを入れることで、
陰性に変わるので取りすぎには
注意になります。

 

 

そのため、これから寒さが
ます時期になりますので、
陽性の食品(根菜類、唐辛子、
みそなど)のお鍋などが
適するのはこのためなんですね。

 

 

昔の人は、このような知識が
ないにもかかわらず経験をもとに
体を温めるすべを知っていたのですね。

 

 

「素晴らしいです」
 

運動不足は冷え性を悪化させる

 

 
僕のブログの中でも、よく
登場するキーワードが「デスクワーク」
になるのですが、今回もやはり
出てしまいました。

 

 

それだけ、デスクワークは
「痛み」「不調」のもとと
いうことです。

 

 

デスクワークは、1日を
通して座った状態で作業を
行います。

 

 

リンパの流れや血流は心臓の
活動をもとに流れますが、
もう一つ循環を良くするために
大事な場所があります。

 

 

それは、ふくらはぎです。
ふくらはぎは、第2の心臓と
呼ばれ、この収縮でリンパ液や
血流の流れを良くするために
働くのです。

 

 

しかし、デスクワークでは、
足の力はまず使いませんよね。

 

 

足を使う機会が少なくなるため、
血液やリンパの流れが
悪くなります。

 

 

足に溜まった血液やリンパ液は、
やがてむくみを引き起こし、
血流を悪くし、冷え性の
もとになります。

 

 

足の筋力は全身の筋力の
半分を占めます。そのため、
足の筋力が落ちると心臓への
押しもどしも弱くなるという
ことです。

 

 

また、デスクワーク時に
無意識にしている呼吸って
浅く感じませんか。

 

 

これには、いくつか理由が
ありますが、代表的な例で
言えば、体が丸まりやすく
なるためです。

 

 

体が丸まると、肺を納めている
胸郭と呼ばれる肋骨などの
複合体の容量が小さくなります。

 

 

肺は窮屈になり、呼吸が
しづらくなります。呼吸の制限を
受けると新鮮な空気(酸素)を体内に
取り込めないため、細胞が活性化されず、
代謝が悪くなり、さらに筋肉の質が
落ちるのです。

 

 

つまり、筋力が低下すると、
血流が悪くなり、冷え性に
なる可能性が高くなるという
ことです。
 

まとめ

 
冷え性はストレス、運動不足、
食生活、睡眠不足、周りの環境の
変により自律神経が乱れること、
血流が悪くなることなどで
起こります。

 

 

そのため、あなたの生活を
振り返った時に、上記の原因を
もとに「これが原因なのかも
しれない」と気づくことがあれば、
その部分を見直していく必要が
あるでしょう。

 

 

1つずつ問題を解決していけば、
必ず「冷え性」も改善に
向かいます。

 

 

まず、できることから始める
ことをお勧めします。

 

 

当院でも内臓や頭蓋骨の
施術を取り入れ、血流を
よくするアプローチを
しております。

 

 

体質でお悩みならご相談
いただければと思います。

 

 

【New】首・肩周りの2つの運動(前屈編)
↓   ↓   ↓

 

 

本日もブログをご覧になって頂き、
ありがとうございましたm(_ _)m

 

−林 隆生

 

ー【整体院 喜流】ホームページー
『我慢していませんか?』

 

腰痛、坐骨神経痛などの「痛み」や体の「不調」、「しゃがんで靴下をはくときに腰が痛い」「食器棚に手を伸ばすときに肩が痛い」「最近、手足の冷えが増えてきた」などそんなお悩みがありましたらこちらから

↓ ↓

 

ー【整体院 喜流】Youtubeチャンネルー

セルケア法や腰痛や坐骨神経痛の原因をはじめ
あなたの治療に役立つ情報を
いち早くあなたにお届けします!

 

「youtubeだけの限定動画」を配信中!
チャンネル登録はこちら


 

*ここをクリックして、次の画面の右側「チャンネル登録」ボタンを押してください。

 

ー【整体院 喜流】Facebookページー

 

Facebookからもブログをご覧頂けます。
フォローはこちらから


Facebookに「いいね」はお気軽に♫

The following two tabs change content below.
林 隆生
さいたま市、川越市、蓮田市、都内を中心に坐骨神経痛・脊柱管狭窄症で悩む方が訪れる【慢性腰痛専門】整体院 喜龍 院長の林 隆生。8年間理学療法士として、病院勤務、その後、独立開業。多種の勤務経験から、慢性の痛み、不調の根本原因は「血流」「筋肉のシコリ」であることにたどり着き、日本古来の血液循環療法を習得。その他、症状により筋膜リリース法や腹部治療なども取り入れる。<お問い合わせ・ご相談はコチラ>

林 隆生

最新記事 by 林 隆生 (全て見る)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    PAGE TOP