【追求】膝の痛みはこんなところが原因

この記事の所要時間: 521

【追求】膝痛はこんなところが原因(変形性膝関節症関連、埼玉県さいたま市大宮区の整体院 喜流)

 

 


From  埼玉県さいたま市
大宮区 喜流 デスクより

 

 

喜流 院長 林です。

 

 

立つ座わる、歩く、
階段を上り下りする際に
膝は衝撃を吸収するため
働きます。

 

 

膝関節は体重を支える
重要な荷重関節でありながら、
関節同士の適合性は悪い関節に
なります。

 

 

適合性をよくするために、
半月板と呼ばれるクッションが
発達しており、さらに、
骨と骨の靱帯、筋肉で補強
しているのです。

 

 

当院でも膝痛をもつ方が
来院します。ほとんどの
方が整形外科で受診され、
「変形性膝関節症」と診断され
通院しても症状が変わらないと
整体に来院されるのです。

 

 

そもそも変形性膝関節症とは、
膝関節の軟骨(膝の上の骨と
下の骨の表面を覆うもの)が
すり減ることにより起こります。

 

 

男女比は男性より女性に
多く、年齢が増すごとに
発症しやすくなります。

 

 

軟骨は本来なめらかですが、
すり減るとザラザラ、
ゴツゴツとなります。

 

 

その状態で、動かすことで
摩擦が起き、炎症を生じ、
しばらく放置をしていると、
骨が変形して痛みを強く出す
変形性膝関節症になるのです。

 

 

症状としては、膝の違和感から
始まり熱感、腫れ、痛み、水が
溜まるなどに発展します。

 

 

膝の内側の軟骨がすり減る
ことが多く、重心が内側に
傾きO脚が進行する傾向に
あります。

 

 

痛みがなくとも、脚を
上げづらくなり、物に
躓く方も多いようです。

 

 

いずれにせよ、日常生活に
支障をきたすのが変形性
膝関節症です。

 

 

なぜ膝に痛みが出るのか?

 

 

 

 

体重の負荷などによって
軟骨がすり減ると、そこから
軟骨の「削りかす」が生じます。

 

 

すると、関節包の内側にある
滑膜(かつまく) という
膜が傷つき炎症が起きます。

 

 

 

 


炎症はもともと組織を

修復するための反応で、
膝の場合は削れた部分の
軟骨を修復するために
起こリます。

 

 

炎症の過程で、膝関節周囲が
腫れたり、痛んだりします。

 

 

また、関節などは関節包に
包まれた袋状になります。

 

 

この袋の中に常に数ccの
関節液があり、軟骨に栄養や
酸素を与えています。

 

 

そして関節の中で炎症が
おきると、この関節液が
増えます。

 

 

打撲したところが
腫れるのと同じ
原理です。

 

 

実は、この増えた関節液が
いわゆる「水」という
わけです。

 

 

つまり「水」は炎症の
結果です。また、膝の痛みも
炎症の結果といえます。

 

 

軟骨や骨には神経が
通ってないので、
軟骨が削れたから
痛いのではなく、
炎症が起きることで
痛みが出てくるのです。

 

 

まとめ

 

 


膝痛は最初、違和感から

始まり、加齢に伴う筋力低下と
同時に関節の痛みが強く
現れます。

 

 

痛みの原因は、軟骨がすり
減ることによる痛みではなく、
軟骨を修復させるために、
炎症が起きることで痛みに
なるのです。

 

 

これはあくまで、ひとつの原因に
すぎませんが、解決策としては、
軟骨がすり減らない環境を
作ることになります。

 

 

そのためには、体の歪みを整え、
膝の負担を減らす状況を
築くことが重要になるのです。

 

 

【追求】膝の痛みはこんなところが原因
↓   ↓   ↓

 

 

本日もブログをご覧になって頂き、
ありがとうございましたm(_ _)m

 

−林 隆生

 

ー【整体院 喜流】ホームページー
『我慢していませんか?』

 

腰痛、坐骨神経痛などの「痛み」や体の「不調」、「しゃがんで靴下をはくときに腰が痛い」「食器棚に手を伸ばすときに肩が痛い」「最近、手足の冷えが増えてきた」などそんなお悩みがありましたらこちらから

↓ ↓

 

ー【整体院 喜流】Youtubeチャンネルー

セルケア法や腰痛や坐骨神経痛の原因をはじめ
あなたの治療に役立つ情報を
いち早くあなたにお届けします!

 

「youtubeだけの限定動画」を配信中!
チャンネル登録はこちら


 

*ここをクリックして、次の画面の右側「チャンネル登録」ボタンを押してください。

 

ー【整体院 喜流】Facebookページー

 

Facebookからもブログをご覧頂けます。
フォローはこちらから


Facebookに「いいね」はお気軽に♫

The following two tabs change content below.
林 隆生
さいたま市、川越市、蓮田市、都内を中心に坐骨神経痛・脊柱管狭窄症で悩む方が訪れる【慢性腰痛専門】整体院 喜龍 院長の林 隆生。8年間理学療法士として、病院勤務、その後、独立開業。多種の勤務経験から、慢性の痛み、不調の根本原因は「血流」「筋肉のシコリ」であることにたどり着き、日本古来の血液循環療法を習得。その他、症状により筋膜リリース法や腹部治療なども取り入れる。<お問い合わせ・ご相談はコチラ>

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP