O脚を放置すると、、、変形性膝関節や腰痛になる理由とは?

この記事の所要時間: 947

O脚を放置すると、、、変形性膝関節や腰痛になる理由とは?(変形性膝関節症関連、埼玉県さいたま市大宮区の整体院 喜流)

From  埼玉県さいたま市
大宮区 喜流 デスクより

 

喜流 院長 林です。

40代になると、「体が疲れやすくなったり」「体型が変わってきたり」「肌のハリがなくなってきたり」「白髪が増えてきたり」など体の不調が多くなるもの。

 

それと同じに体の違和感や痛みも出やすくなります。

 

例えば、歩くとき膝の内側に痛みがはしる、体をかがめると腰にピキッとくる、肩がズシーンと重く感じるなど、、、

 

このように多くの40代の方は、体にこのような悩みを抱えているのです。

 

本日は数あるお悩みの中から歩くとき、立つときに痛みや違和感があるとき、いや〜な感じがする「膝関節(変形性膝関節症やO脚)」について説明します。

 

 

膝の痛みもそうなんですが、膝には外見的なものもありO脚を気にされる方は多いと思います。そのような膝のお悩みを解決できるようにサポートしていきます。

 

あなたはこのようなプロポーションを気にしていませんか?

 

膝が内側に曲がっている感じがする

足を揃えても太ももからくるぶしの上がくっつかない

脚をそろえて立つと膝の間が指四本分もあいてしまう

少し脚が太く感じている

 

このようなお悩みがあるようでしたら、将来、「変形性膝関節症」と呼ばれる膝の病気に進行する場合もあります。

 

 

そもそも変形性膝関節症とは、膝関節の軟骨(膝の上の骨と下の骨の表面を覆うもの)がすり減ることにより起こります。

 

男女比は男性より女性に多く、年齢が増すごとに発症しやすくなります。軟骨は本来なめらかですが、すり減るとザラザラ、ゴツゴツとなります。

 

その状態で、動かすことで摩擦が起き、炎症を生じ、しばらく放置をしていると、骨が変形して痛みを強く出す変形性膝関節症になるのです。

 

症状としては、膝の違和感から始まり熱感、腫れ、痛み、水が溜まるなどに進行します。

 

膝の内側の軟骨がすり減ることが多く、重心が内側に傾きO脚が進行する傾向にあるのです。

 

そのような膝の状態にならないように対策をしておきましょう。

 

O脚が及ぼす変形性膝関節症と腰痛の関係とは?

 

 

両脚が外側に開くように変形し、ひざとひざとの間が開いてしまうO脚。女性の悩みの一つですよね。さて、このO脚ですが何が原因でこうなってしまうのでしょうか?

 

O脚になってしまう原因ですが、生まれつきのもの、病的なもの、ケガによるものなどがあります。ただ、一番多いのは「生活習慣」によってO脚になってしまうこと。これがほとんどです。

 

関節というのは動く範囲が決まっていて、人それぞれ「姿勢(猫背、反り腰)」「動きのクセ」「仕事の内容(デスクワーク、立ち仕事)」が違います。

 

ひざの関節も、仕事などである一定の動きが多くなることで、同じ部位ばかりをつかうようになるんです。そうなることで、O脚になってしまうんです。

 

女性の場合ですと、男性よりも骨格や筋肉が弱いのでO脚になりやすいといえるでしょう。

 

このようなO脚は変形性膝関節症や腰痛を引き起こす可能性があります。原因としては①骨盤の歪みの問題、②体重の支え方の問題が挙げられます。

 

骨盤の歪みからくる変形性膝関節症と腰痛

 

 

O脚で骨盤後傾タイプの人は、常に骨盤が後ろ側に傾き、股関節を外向きに外旋しようとする力が加わっています。

 

筋肉でいうと、骨盤の後ろ側の仙骨と大腿骨をつなぐ「梨状筋」や、お尻の横側にある「中殿筋」が凝っている状態になります。

 

これらはお尻の外側にある筋肉群なので、お尻も横広がりにばーんと広がります。

 

梨状筋や中殿筋が凝った状態では、O脚を正そうとしてもつっかい棒のようになって、なかなか難しいのです。そこで、まずはこれらの硬直した筋肉群をほぐしていきます。

 

また、「反り腰」の骨盤前傾タイプの人。

 

 

壁に背中とお尻をくっつけて立ったときに腰の隙間に手がすぽっと入るタイプは骨盤が前に傾きやすく、前傾した骨盤についた大腿骨が内側にねじれるので、ひざ下のO脚になりやすいです。

 

このような方は、お腹の筋肉「大腰筋」が硬くなっている場合が多いので、大腰筋を伸ばすストレッチが効果的です。先ほどの中臀筋のストレッチとご一緒に↓↓
中殿筋と大腰筋のストレッチ方法はこちら


O脚では、下半身(骨盤)の問題ばかりではなく、上半身の歪みやねじれも問題になるのです。

 

歪みやねじれはどうして起こるのか?

 

これは普段の姿勢が関係してます。例えば、猫背の方は両肩が前にすくみ首も前に出ます。

 

 

この時、肋骨内は狭くなるため、内臓が下がり腹圧がかかることで骨盤が内側から外側に押しだされます。

 

また内臓が下垂すると、それを受け皿とする骨盤に負担がかかり、骨盤が開いてしまい、O脚になってしまうのです。

 

さらに、O脚の場合、膝の外側の骨はその方向に大きく張り出し、すねの外側の筋肉(前脛骨筋)もはってきます。

 

脚や歪んだ骨盤が不安定なため、その筋肉は少しの歩行で疲労が蓄積されやすくなります。

 

脚が不安定になると、他の体がそれをカバーしようと働きます。その体の部位の1つに腰があり、その影響で腰痛などを引き起こす場合があるのです。

 

O脚が進行すると、ひざ関節にある軟骨がすり減ります。立つ歩く時などの荷重時に膝の内側などに痛みをだすのです。

 

 

このようにO脚は体に負担をかけるものなのです。自分がO脚だと気がつき健康的な生活を送りたいのであれば、積極的にそのO脚を改善するように心がけたいものです。

 

O脚というのは長年の生活習慣や姿勢のクセ(猫背、反り腰、脚組みなど)からくるものがほとんどなので、そのクセをただすことも必要でしょう。

 

O脚での体重の支え方が変形性膝関節症と腰痛を起こす理由とは?

 

 

O脚になることで、たつ、歩くときの関節の負担は変わります。

 

O脚は、股関節が外側に開く症状と、股関節が内側に捻れ、膝から下が開くO脚になる「ひざ下O脚(XO脚)」があります。

 

ひざ下の骨が歪んでいる、曲がっている」と感じている方は多いかと思います。それは骨自体が歪んでいるのではありません(関節が変形している場合は別です)。ひざ下の筋肉(前脛骨筋)が盛り上がっているために起きているのです。

 

つまり、脚の外側の筋肉に負担がかかるため、常にそれらの筋肉が働き、骨をひっぱてしまうため変形性膝関節症を進行させてしまうのです。

 

また、O脚では、立つ、歩く時などの体重をかける場合、外側に体重を逃がそうとするため、骨盤や腰に多大な負担をかけることになるのです。

 

想像してみてください。

 

 

5kgのお米を片手に持ち、反対側も牛乳、野菜、お肉などをふんだんに買い物袋に詰めます。その状態で歩くとどうなるでしょうか。

 

おそらく、歩くたびに体は左右に揺れ、バランスを整えようと骨盤や腰、膝が過剰に外側に動く姿をイメージできるのではと思います。この状態がO 脚の場合、常に起きてしまうのでいずれかは腰痛を発症してしますのです。


 

膝が痛くて、腰痛を持っている方は、このような現象が常に起きているのだと、ご理解いただければと思います。

 

対策としては、外側の筋肉『中殿筋』やお腹の前の筋肉『大腰筋』(上記の動画を参照してください)の緊張を和らげ、内側の筋肉を強化することが必要となります。

 

これらのセルフケアをすることで、O脚の進行を防ぐことができ、変形性膝関節症や腰痛に悩まされることは少なくなるはずです。

 

他にも重要なことがあります。

 

それは「体重」や「血流」です。

 

体重が増えれば、関節の負担は必ず増すので、O脚や変形性膝関節症、腰痛に進行します。そのため、食事制限やある程度の運動は必要です。

 

血流も大事になります。血液は筋肉や関節内などに栄養や酸素を送り細胞を活性化し、老廃物(痛みの原因になる)を流すように働きます。

 

血流が悪くなれば、筋肉は硬くなり、痛み物質も流れないため、痛みを引き起こす原因となります。そのため、「お水」をしっかり飲むことが必要となります。

水を飲むことで得られるメリットとは?

 

まとめ

 

O脚は、最初のうちは外見的に気になる程度ですが、進行すると変形性膝関節症や腰痛になる可能性があります。

 

そのように症状が悪化する前に対策をしましょう。

 

その対策として「中臀筋のストレッチ」「大腰筋のストレッチ」「内転筋などの強化(本日の動画参照)」「体重の増加に注意すること」「お水をとること」をお勧めします。

 

また、変形性膝関節症や腰痛などにより、血流が悪くなった状態では、痛みを強く出す場合もあります。そのため、血流を良くする方法として当院でおこなう「血液循環療法」もオススメです。

 

「血液循環療法」は血管にアプローチするソフトな施術をベースにして膝のガンコな痛みや慢性的な腰痛を緩和する低刺激で心地良い療法になります。

 

【変形性膝関節症の対策】内転筋を強くする方法とは?

↓   ↓   ↓

本日もブログをご覧になって頂き、
ありがとうございましたm(_ _)m

 

−林 隆生

 

ー【整体院 喜流】ホームページー
『我慢していませんか?』

腰痛、坐骨神経痛などの「痛み」や体の「不調」、
「しゃがんで靴下をはくときに腰が痛い」
「食器棚に手を伸ばすときに肩が痛い」
「最近、手足の冷えが増えてきた」など
そんなお悩みがありましたらこちらから
↓ ↓

ー【整体院 喜流】Youtube チャンネルー

セルケア法や腰痛や坐骨神経痛の原因をはじめ
あなたの治療に役立つ情報を
いち早くあなたにお届けします!

「youtubeだけの限定動画」を配信中!
チャンネル登録はこちら


*ここをクリックして、次の画面の右側「チャンネル登録」ボタンを押してください。

ー【整体院 喜流】Facebookページー

Facebookからもブログをご覧頂けます。
フォローはこちらから

Facebookに「いいね」はお気軽に♫

The following two tabs change content below.
林 隆生
さいたま市、川越市、蓮田市、都内を中心に坐骨神経痛・脊柱管狭窄症で悩む方が訪れる【慢性腰痛専門】整体院 喜龍 院長の林 隆生。8年間理学療法士として、病院勤務、その後、独立開業。多種の勤務経験から、慢性の痛み、不調の根本原因は「血流」「筋肉のシコリ」であることにたどり着き、日本古来の血液循環療法を習得。その他、症状により筋膜リリース法や腹部治療なども取り入れる。<お問い合わせ・ご相談はコチラ>

林 隆生

最新記事 by 林 隆生 (全て見る)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    PAGE TOP