肩こりに関係する筋肉と筋膜とは

この記事の所要時間: 439

肩こりに関係する筋肉と筋膜とは(変形性膝関節症関連、埼玉県さいたま市大宮区の整体院 喜流)

腰痛、施術

From  埼玉県さいたま市
大宮区 喜流 デスクより

 

喜流 院長 林です。

肩こり、女性

肩こりは、姿勢(背骨、骨盤)の
歪み、内臓疲労などが原因で
血流状態が悪くなり、

 

肩甲骨や肩周囲の筋肉を
「カチカチ」に硬くさせ、
痛みや不快感を与えた状態です。

 

女性の場合、体の不調
ランキング1位は「肩こり」
2位に「腰痛」になります。

 

40代を迎えますと、更年期障害も
起こりホルモンバランスも
崩れるため、血流が
悪くなり肩こりを
悪化させる原因にもなります。

 

そんなしぶとい肩こりの
原因は意外なところにも
ありました。

改善のカギは筋肉を覆う”筋膜”


肩こり、筋膜

肩を揉んだり、ほぐしたり
しても一時的にラクに
なるだけ。

 

そんなふうに肩こりは、
完治しないものだと
諦めてしまいます。

 

肩こりは筋肉のコリが
原因と考えられて
いましたが、他の
元凶もあるのです。

 

それは筋肉を覆う「筋膜」に
なります。

 

筋肉は数千から数万の
筋繊維から成っており、
それがバラバラにならない
ように筋膜で束ねて
いるのです。

 

肩こり、筋膜、筋肉


この筋膜がよじれることで

肩こりになると最近
言われるようになりました。

 

筋肉のこる状態が続くと、
筋膜が癒着してねじれて
きます。

 

筋膜によじれがあると、
筋肉が引っ張られ、
コリになるのです。

筋膜のねじれは戻るのか?


肩こり、クセ

いくら筋肉を揉みほぐしても、
このよじれがある限り、
筋肉は自由に動くことが
できず、つねにそこに引っ
張られます。

 

せっかくほぐれた筋肉は、
また動きが悪くなって、かた
まり、凝った状態に逆戻り
します。

 

筋膜のねじれは、偏った筋肉の
使い方、筋肉の使いすぎ、
日常のクセにより起きます。

 

重い荷物を持ったり、
片方の肩につねにバックを
かけ、偏った筋肉の使い方を
すると筋膜はよじれます。

強めなトレーニングや
ランニングなども筋肉の
張りを作り、筋膜は
よじれます。

 

猫背や脚を組むなどの、
姿勢の歪みも筋膜は
よじれます。

 

つまり、筋膜のよじれを正す
ことが肩コリを改善させる
方法になるのです。

 

軽度の筋膜のよじれは、
体操をすることで正しい
方向に向かいます。

まとめ


肩こりの原因は様々ですが、

日常生活のクセ、片手で
バックを持つなどの習慣により
生じる場合が少なくありません。

 

そのため、筋肉や筋膜に
負担をかけ、疲労が蓄積する
ことでしぶとい肩こりと
なります。

 

今は肩こりと感じて
いない方でも、猫背、スマホ、
パソコンをよく使う方は、

 

首肩周りの筋肉はカチカチに
硬くなっている可能性が
あります。

 

そのような方も是非、
本日動画でお伝えする
方法を試してください。

 

【撃退】しぶとい肩こりにこの体操(part1)
↓   ↓   ↓

本日もブログをご覧になって頂き、
ありがとうございましたm(_ _)m

 

また明日もお待ちしております^ ^

 

−林 隆生

ー【整体院 喜流】ホームページー
『我慢していませんか?』

腰痛、坐骨神経痛などの「痛み」や体の「不調」、
「しゃがんで靴下をはくときに腰が痛い」
「食器棚に手を伸ばすときに肩が痛い」
「最近、手足の冷えが増えてきた」など
そんなお悩みがありませんか。

 

日本古来の徒手技術と
生活・運動指導を軸に
あなたの体のお悩みを
解決する支援をします。

 

理学療法士の資格を持ち、
独自の検査法から「痛み」の
原因を見つけるのが得意です。

お気軽にHPをご覧ください♫

ー【整体院 喜流】Youtube チャンネルー

セルケア法や腰痛や坐骨神経痛の原因をはじめ
あなたの治療に役立つ情報を
いち早くあなたにお届けします!

「youtubeだけの限定動画」を配信中!
チャンネル登録はこちら


*ここをクリックして、次の画面の右側「チャンネル登録」ボタンを押してください。

ー【整体院 喜流】Facebookページー

メルマガでは配信されていない「腰痛改善の秘密」を
Facebook限定でウェブで見ることができます。
フォローはこちらから

Facebookに「いいね」はお気軽に♫

The following two tabs change content below.
林 隆生
さいたま市、川越市、蓮田市、都内を中心に坐骨神経痛・脊柱管狭窄症で悩む方が訪れる【慢性腰痛専門】整体院 喜龍 院長の林 隆生。8年間理学療法士として、病院勤務、その後、独立開業。多種の勤務経験から、慢性の痛み、不調の根本原因は「血流」「筋肉のシコリ」であることにたどり着き、日本古来の血液循環療法を習得。その他、症状により筋膜リリース法や腹部治療なども取り入れる。<お問い合わせ・ご相談はコチラ>

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP