慢性肩こりに強いマッサージが効くなんて思っていませんか?

この記事の所要時間: 749

慢性肩こりに強いマッサージが効くなんて思っていませんか?

 

 

 

 

From  さいたま市大宮区
整体院 喜流 デスクより

 

喜流 院長 林です。

 

 

今回紹介する、肩こりの方は、
大学卒業後から肩こりが始まり、
今では、ひどくなると頭が
ガンガンする偏頭痛や吐き気に
襲われるとのことでした。

 

 

簡単にクライアントさんの
ご紹介を致します。

 

 

30代、男性、Cさん(仮名)。
仕事は塾講師をしており、
午前中はデスクワーク中心、
午後は子供達に授業を教えています。

 

 

仕事の関係から前かがみになる
姿勢が多く、ストレスも受けやすい
環境(常に結果を求められる、
食事の時間帯や寝る時間が不規則など)
とのことでした。

 

 

そんなCさんは、ある時から、
肩こりを解消するために、
肩を強くマッサージしたり、
ツボ押しをして、その場を
なんとか乗り切ろうと
頑張っていたそうです。

 

 

しかし、状況は変わることなく、
病院や整骨院などで薬や電気治療を
受けて、変化を感じられず、
当院に来院されました。

 

 

肩こりでやってはいけない行動は、
1つ目は強いマッサージ。
2つ目はスマホを見る時、うつむく。
3つ目は高い枕で寝る。
など

 

 


強いマッサージはNG

 

 

 

 

ついついやってしまう行動ですが、
強いマッサージは逆効果になる
こともあります。

 

 

という私もついついパソコンを
いじっていると肩が猛烈に硬く
なることがあります。

 

 

その時、強く揉んでくれると
有難いなと心の中では思うわけ
なんですが、でも、その誘惑には
負けてはいけないんです。

 

 

その理由とは、、、

 

 

肩や首を強く揉みすぎると筋肉や
神経を傷つけてしまう可能性が
あるのです。
 
 
 

東京医科大学整形外科の遠藤健司
先生によると”血流が良くなるのは
体表に近い場所のみで深部には
及ばない。かといって強い力を
局所にかけると筋肉組織を損傷する
恐れも。”とある。

 

 

また、御茶ノ水整形外科
機能リハビリテーションクリニック
銅治英雄先生によると
”首を回してコキッと鳴らせるのも
音がなること自体、状態が良くない
あらわれ。その瞬間は気持ちがよく
ても、改善することはない”
とあります。

 

 

つまり、強いマッサージや
首を鳴らせる方法は、その場の
状態は良くなる感じがするが、
改善しないということになります。

 

 

しかし、マッサージを否定している
訳ではありません。

 

 

軽めのマッサージは血行の状態を
良くするためには、とても素晴らしい
手技になります。

 

 

この辺りを誤解しないように
してください。強めのマッサージは、
刺激が強すぎるため、慣れてしまうと
もっと強い刺激が欲しくなるのです。

 

 


スマホを見る時、うつむくのはNG

 

 

 

 

電車の中で周りを見渡すと、
必ず見かけるのがスマホを
うつむきながら見ている方です。

 

 

あなたも今、ブログをご覧になり、
その姿勢になっていませんか?

 

 

という僕は、このブログを
書きながら、顎が前に出ている
状態でした。
「おっといけない!」(笑)

 

 

首に悪いだろうなと、思いながらも
いつのまにかその姿勢になっている
とは思うのですが、、、

 

 

少し話を聞いてください。

 

 

頭は体重の10〜15%の重さに
なります。つまり5〜7kg程度です。

 

 

この重い頭を、細い首で支えている
のが現実です。首には筋肉、靭帯、
血管や神経など大切な組織が多く
あります。

 

 

この部分に過度に負担をかければ、
筋肉が疲労し硬くなります。

 

 

血行が悪くなり、神経も圧迫を
受け、偏頭痛、吐き気、めまいなどの
症状を起こしやすくするのです。

 

 


高い枕で寝るのはNG

 

 

 

 

睡眠は、人生の中で1/4〜1/3の
時間を占めるそうです。

 

 

睡眠時に悪い姿勢で寝て
いれば、首への負担は
強くなるのです。

 

 

枕が高くなりますと、顎が
前に出て、首も前になります。

 

 

先ほどのスマホと同じように、
過度に筋肉に負担をかけます。

 

 

椎間板(頚椎(首骨)と頚椎の
間にあるクッション)に負担を
かけ続けるので、最悪の場合、
椎間板ヘルニアになり、痛みや
神経症状が強くなります。

 

 

そのため、どちらかというと、
低い枕をお勧めいたします。
僕は、バスタオルなどを
調節して枕がわりにしています。

 

 

その他にも片側だけでバックを
持ってしまう、マッサージ器を
愛用している、重いイヤリングを
しているなどあります。

 

 


まとめ

 

 

慢性の首・肩こりは強い
マッサージをしても、一時的に
変わるだけで根本的には
変わらない。

 

 

スマホを見る時のうつむき状態や
寝る時の高い枕は首に過度の
ストレスをかけ続けている。

 

 

このように、首・肩こりと言って
侮ってはいけません。それを放置したり、
誤った方法で対処するとCさんのように
偏頭痛や吐き気という症状になり
重症化する可能性もあります。

 

 

しっかりと、原因を見つけ
その部位を治療して改善する
ことが最短ルートになります。

 

 

当院では、Cさんに対して、
頚椎と骨盤の調整、頭蓋骨の
調整など 
 
 をすることで今では、
偏頭痛や吐き気は
なくなりました。

 

 

しかし、Cさんに対して
一番大事だったことは、普段の
生活習慣をいかに首や腰に
負担をかけないようにするか。

 

 

そのため、動作指導や
メンテナンス方法が
とても重要でした。

 

 

症状を改善するのはあなたです。
体の歪みを取り、生活習慣を
変えていくアドバイスをするのが
整体の役割です。

 

 

スキマ時間にできる肩こり体操を
見る方はこちら
↓   ↓   ↓
 

 

 

本日もブログをご覧になって頂き、
ありがとうございましたm(_ _)m

 

−林 隆生

 

ー【整体院 喜流】ホームページー
『我慢していませんか?』

 

腰痛、坐骨神経痛などの「痛み」や体の「不調」、「しゃがんで靴下をはくときに腰が痛い」「食器棚に手を伸ばすときに肩が痛い」「最近、手足の冷えが増えてきた」などそんなお悩みがありましたらこちらから

↓ ↓

 

ー【整体院 喜流】Youtubeチャンネルー

セルケア法や腰痛や坐骨神経痛の原因をはじめ
あなたの治療に役立つ情報を
いち早くあなたにお届けします!

 

「youtubeだけの限定動画」を配信中!
チャンネル登録はこちら


 

*ここをクリックして、次の画面の右側「チャンネル登録」ボタンを押してください。

 

ー【整体院 喜流】Facebookページー

 

Facebookからもブログをご覧頂けます。
フォローはこちらから


Facebookに「いいね」はお気軽に♫

The following two tabs change content below.
林 隆生
さいたま市、川越市、蓮田市の坐骨神経痛・脊柱管狭窄症で悩む方が訪れる【慢性腰痛専門】整体院 喜龍院長の林 隆生。8年間理学療法士として、病院勤務、その後、独立開業。多種の勤務経験から、慢性の痛み、不調の根本原因は「血流」「筋肉のシコリ」であることにたどり着き、日本古来の血液循環療法を習得。その他、症状により筋膜リリース法や腹部治療なども取り入れる。<お問い合わせ・ご相談はコチラ>

林 隆生

最新記事 by 林 隆生 (全て見る)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    PAGE TOP