【40代女性】左の首と右の腰痛があるキャリアウーマン

この記事の所要時間: 538

左の首と右の腰痛があるキャリアウーマン

From  さいたま市大宮区  整体院 喜流 デスクより

 

 

喜流 院長 林です。

 

 

今回紹介させていただくのは、 40代の女性(Yさん)についてです。

 

 

Yさんは、首の痛みと腕、腰の症状の お悩みで当院に来院されました。

 

 

Yさんは、デスクワークを しております。

 

 

責任ある立場にいるため、 職場では責任感がとても 強く、周りから信頼される 女性であります。

 

 

そのため、無意識にストレスを 受け、交感神経が優位となり 体の緊張状態が高いことや デスクワークの姿勢などから 体の歪みにつながったと 考えています。

 

 

余談ではありますが、当院に 来院するときは素の状態なので、 ちょっぴり天然なところもある ユニークな女性なんです(笑)。

 

 

Yさんの首痛と腰痛の原因はどこなのか?

 

 

さて、Yさんですが左首の痛みと 同じに右腰痛もあります。

 

 

首はストレーネックであり、 首の関節の動き(特に左を向く)が 低下しています。

 

 

また骨盤は左側後方にねじれ、 重心は写真のように左側に あります。右側は前方に ねじれます。

 

 

 

 

股関節はあぐらをかくような 外側のねじれ(以下外旋)の 動きが少なく、X脚様(レントゲンで 確認していないため仮定です)に なっています。

 

 

ここで着目した点は、右側股関節の 外旋が、左と比べて10°〜 15°違う点です。

 

 

明らかに股関節の動きが悪く、 骨盤に影響を与え、腰痛や 首の痛みを出しているものと 仮定しました。

 

 

ちょっと、専門的なことばかりに なりましたで、骨盤の動きは どの様な動きがあるのか 確認しましょう。

 

 

首痛や腰痛に関連する骨盤の動きとは?

骨盤の前傾と後傾

骨盤の動きで一番わかりやすいのは 前傾と後傾です。

 

 

前傾はおへそを突き出し、 後傾はおへそを引っ込めます。

 

 

 

 

骨盤の挙上と下制

次は骨盤が左と右に傾く動きです。 この動きを挙上と下制と言います。

 

 

 

 

骨盤の回旋

最後に捻れ(回旋)の動きです。 骨盤を上から見たときに、左右腸骨稜の どちらかが前方に出て、他方は後方に 動きます。

 

 

 

 

例えば骨盤の右側が前方に動く時を 「骨盤の右前方回旋」と表現します。 *Yさんも骨盤が右前方回旋です。

 

 

また骨盤は、「前傾」「後傾」、 「挙上」「下制」、「回旋」と 複合的な運動が可能な部位です。

 

 

Yさんに対して、骨盤、股関節の アプローチに対しての施術後は?

 

 

 

 

右足首に着目して欲しいのですが、 施術前と比べて、施術後は内側への ねじれが弱まっています。

 

 

これは、足首を調整したのではなく、 股関節と骨盤を施術した結果です。

 

 

施術前は、右の股関節が内側に 強く捻れていたため、 右膝から下も内側にねじれます。

 

 

その結果、右足首も内側かつ下方へ 捻れていたのです。

 

 

まとめ

 

 

今回のYさんの腰痛の原因として、 股関節の動き(外旋)の低下や 骨盤の歪みなどが原因となって いました。

 

 

骨盤(仙腸関節)の動きが悪く、 座る、立つ、歩くなどの日常の生活を 送る中で、その近くにある筋肉や 関節に負担をかけ続けたことも 原因の一つです。

 

 

そのため、股関節の動きと 骨盤の動きを出すことで、 体の歪みが整い、体の負担を 減らすことができます。

 

 

デスクワークは女性の場合、 首の筋力が弱いため、首の不調に 繋がりやすくなります。

 

 

今回の施術後(股関節と骨盤)では、 首に痛みが残ってしまいました(汗)

 

 

そのため、頚椎を直接、調整する ことで痛みは落ち着き、首の動きも 改善しました。

 

 

しかし、ハードワークな女性なので、 日々の姿勢の意識(座っている時)や 股関節の動きを出すことが これからも必要になります。

 

 

そのため、これからも セルケアがとても大事に なりますよ。

 

 

股関節の動きを出す セルフケア法はこちら ↓   ↓   ↓  

 

 

本日もブログをご覧になって頂き、
ありがとうございましたm(_ _)m

 

−林 隆生

 

ー【整体院 喜流】ホームページー
『我慢していませんか?』

 

腰痛、坐骨神経痛などの「痛み」や体の「不調」、「しゃがんで靴下をはくときに腰が痛い」「食器棚に手を伸ばすときに肩が痛い」「最近、手足の冷えが増えてきた」などそんなお悩みがありましたらこちらから

↓ ↓

 

ー【整体院 喜流】Youtubeチャンネルー

セルケア法や腰痛や坐骨神経痛の原因をはじめ
あなたの治療に役立つ情報を
いち早くあなたにお届けします!

 

「youtubeだけの限定動画」を配信中!
チャンネル登録はこちら


 

*ここをクリックして、次の画面の右側「チャンネル登録」ボタンを押してください。

 

ー【整体院 喜流】Facebookページー

 

Facebookからもブログをご覧頂けます。
フォローはこちらから


Facebookに「いいね」はお気軽に♫

The following two tabs change content below.
林 隆生
さいたま市、川越市、蓮田市、都内を中心に坐骨神経痛・脊柱管狭窄症で悩む方が訪れる【慢性腰痛専門】整体院 喜龍 院長の林 隆生。8年間理学療法士として、病院勤務、その後、独立開業。多種の勤務経験から、慢性の痛み、不調の根本原因は「血流」「筋肉のシコリ」であることにたどり着き、日本古来の血液循環療法を習得。その他、症状により筋膜リリース法や腹部治療なども取り入れる。<お問い合わせ・ご相談はコチラ>

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP