首の痛みを出す「トゲ」とは?

この記事の所要時間: 437

首の痛みを出す「トゲ」とは?(腰痛関連、埼玉県さいたま市大宮区の整体院 喜流)

腰痛、施術

From  埼玉県さいたま市
大宮区 喜流 デスクより

 

喜流 院長 林です。

首痛、腰痛

電車に乗り、スマホを取り出すと
ついついSNSを見たり、気になる
ことを検索したり、ゲームしたりと
目的地まで時間を潰せますよね。

 

目的地に着き、しばらくすると
首や肩周りに違和感を感じて
しまう。このように誰にでも、
首の痛みやコリはありますよね。

 

自己流でストレッチしたり、
揉んだりしてもなかなか
改善しないことは
ありませんか?

 

でもそのまま放置すると、
年齢と共に起こる筋力低下や
関節の柔軟性を失い、
激痛やしびれを引き起こす
原因にもなります。

 

首の痛みは筋肉、筋膜のコリや
椎間板ヘルニアなど様々な
影響によりなりますが、
「骨のトゲ」が原因の場合も
あるのです。

骨のトゲによる首への影響


首痛、骨棘、腰痛

本来、首は重い頭を支える
ことや滑らかな動きをする
という役割があります。

 

そのため、首と首の間には
椎間板と呼ばれるゼリー状の
クッションがあるのです。

 

しかし、老化や悪い姿勢など
が原因で椎間板の水分が
抜け、しぼんでしまうと
骨と骨の間に隙間ができて、
グラグラになります。

 

その隙間をふさいで
安定させようと骨の先が
伸びて変形し、「骨のトゲ
(骨棘)」になるのです。

 

首の骨の周りには、脊髄から
枝分かれした神経が走って
います。

 

この神経が走っている
場所に骨棘があると痛みや
しびれを起こします。

 

悪化すると、腕や手の
痛み、しびれや筋力低下が
起きるのです。

自己流ストレッチは危険


首痛、腰痛、整体

首回りの筋肉の張りや
コリが出るとついつい
強く揉んだり、ストレッチを
したくなるものです。

 

ストレッチは筋肉を
引き伸ばし首の動き(捻り
動作)も含まれるため、
神経を刺激する可能性が
高くあります。

 

特に背中側の骨棘が出た
状態では、神経を圧迫する
ことが多く、手や腕のしびれや
痛みに発展します。

 

そのため、普段から悪い姿勢に
気をつけ、一定の姿勢に
留まらないように注意する
ことをオススメします。

 

また、首の骨(頚椎)が骨棘に
なる前に首に違和感やコリや
張りを感じるようであれば、
体を整えることも必要です。

 

首の動きが悪くなれば、
その下にある腰や骨盤の
動きも悪くなるため、
腰痛に発展します。

まとめ


首を寝違いで痛めたり、首の

コリやハリがある場合、体の
動きが不自由になり硬くなる
ため、腰痛や坐骨神経痛に
発展する場合も少なくありません。

 

それだけ首の動きは重要であり、
痛みやしびれが起きる前に
対処することがポイントに
なります。

 

その対処方法の一つが、
運動なのですが、誤った
方法で行えば、怪我の元に
なります。

 

首に負担をかけない方法は、
首の動き(関節の運動)を極力、
抑えることです。

 

【推奨】首の筋肉を和らげる方法
↓   ↓   ↓

本日もブログをご覧になって頂き、
ありがとうございましたm(_ _)m

 

また明日もお待ちしております^ ^

−林 隆生

 

ー【整体院 喜流】ホームページー
『我慢していませんか?』

腰痛、坐骨神経痛などの「痛み」や体の「不調」、
「しゃがんで靴下をはくときに腰が痛い」
「食器棚に手を伸ばすときに肩が痛い」
「最近、手足の冷えが増えてきた」など
そんなお悩みがありませんか。

 

日本古来の徒手技術と
生活・運動指導を軸に
あなたの体のお悩みを
解決する支援をします。

 

理学療法士の資格を持ち、
独自の検査法から「痛み」の
原因を見つけるのが得意です。

お気軽にHPをご覧ください♫

ー【整体院 喜流】Youtube チャンネルー

セルケア法や腰痛や坐骨神経痛の原因をはじめ
あなたの治療に役立つ情報を
いち早くあなたにお届けします!

「youtubeだけの限定動画」を配信中!
チャンネル登録はこちら


*ここをクリックして、次の画面の右側「チャンネル登録」ボタンを押してください。

ー【整体院 喜流】Facebookページー

メルマガでは配信されていない「腰痛改善の秘密」を
Facebook限定でウェブで見ることができます。
フォローはこちらから

Facebookに「いいね」はお気軽に♫

The following two tabs change content below.
林 隆生

林 隆生

「整体院 喜流」院長  好きなもの:スポーツ(野球)、読書、筋トレ、森林浴や温泉、厚生労働省 理学療法士 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    PAGE TOP