【危険】マッサージは筋肉を痛める

この記事の所要時間: 751

【危険】マッサージは筋肉を痛める(腰痛関連、埼玉県さいたま市大宮区の整体院 喜流)

intyou

From  埼玉県さいたま市 
大宮区 喜流 デスクより
 
 
喜流 院長 林です。
 
腰痛、坐骨神経痛、施術
 
先日、久しぶりに料理を
しようと思い、クックパッドを
片手に「きんぴらごぼう」を
サッと作ろうと奮闘。
 
 
 
 
サッと作れる訳もなく、
携帯を見ながら、慎重に
調味料を混ぜ合わせる。
 
 
 
 
もう間も無く完成!「ワーイ」と
味見をするとなんか物足りない。
 
 
 
 
もう少し、醤油かな砂糖かなと
味を調整しているつもり
でしたが、、、
 
 
 
 
完成したものは「きんぴらごぼう」
ではなくごぼう、にんじんの
ぶた炒め風、味濃い目に
なってました(笑)
 
 
 
 
アクセントの唐辛子はピリッと
効いて美味しかったです。
 
 
 
 
このように、微調整のつもりが
調味料を入れすぎてしまい、
失敗した例は多々あります。  
 
 
 
 
これはマッサージと似ている
ところがあり、今回は
僕の失敗談をきっかけに
思うところがありましたので
マッサージのしすぎは
危険というテーマです。
 

調味料もマッサージもほどほどに、、、

 
坐骨神経痛、腰痛、ストレッチ
 
先ほどの僕の失敗例である、
調味料の入れすぎは、
「もう少し、そう少し」と
美味しくしようと頑張り
すぎました。
 
 
 
 
結果、味は濃くなり、
きんぴらごぼうではなく、
ごぼうと豚肉の濃い味
炒めという想定していない
料理になりました(笑)
 
 
 
 
これは、笑える話なのですが、
 
 
 
 
マッサージも同様に、
ツボに入って気持ち良いからと
強く押しすぎたり、長い時間
マッサージをすると後々大変です。
 
 
 
 
料理での失敗は、その時、
「味が濃いな」「少しまずかった」
程度で済みますが、
 
 
 
 
マッサージの場合は、
その時だけではなく、
むしろ翌日以降に
響きます。
 

マッサージのしすぎは、腰痛を悪化させる

 
坐骨神経痛、腰痛、刺激
 
マッサージは、強い刺激に
慣れてしまうと、それ以上の
強さを求めるため、筋肉、
靱帯や関節を痛める原因に
なります。
 
 
 
 
以前当院でも、強い刺激
(マッサージ)に慣れて
しまったお客様が
来院されました。
 
 
 
 
当院の施術は、低刺激であり、
筋肉のシコリ、血管に対して
慎重にアプローチをするため、
強いマッサージを受けてた方には
物足りません。
 
 
 
 
強い刺激を体に与えることで、
筋繊維、靱帯の損傷を
起こすと同時に「あんまだこ」と
呼ばれるタコができます。
 
 
 
 
つまり、押されすぎにより、
筋肉が損傷を受け、炎症を
起こし、硬くなって
しまう状態です。
 
 
 
 
そのため、マッサージは
強い刺激ではなく、弱い刺激の方が
安全であり、効果があります。
 
 
 
 
痛みの原因は、筋肉のシコリに
ありますが、それを強く押し
潰しても改善しません。
 
 
 
 
筋肉のシコリを改善する
ためには、その周囲の
血管や筋肉の毛細血管の
流れを良くすることです。
 
 
 
 
血流を良くすることで、
血液内の老廃物や不純物を
流すことや筋肉を改善させる
酸素や栄養を送ることが
できるのでシコリを取り除く
ことができるのです。
 

まとめ

 
調味料もマッサージも
ほどほどが良いことを
ご理解いただけましたか?
 
 
 
 
何事もやりすぎは
良くありません。強い
刺激(マッサージ)を
受けている方はこのことを
頭に入れといて欲しいです。
 
 
 
 
今は、腰痛、坐骨神経痛などの
「痛み」を感じていない場合でも、
いざ痛みが出ますと、強い刺激が
効いて良いと思うはずです。
 
 
 
 
しかし、それは筋肉、関節を
損傷させる危険があるので、
注意が必要です。
 
 
 
 
また、マッサージは長時間
行うと、体に負担をかけることに
なるので「体のだるさ」や
「もみ返し」を起こします。
 
 
 
 
施術時間も長時間が良いのではなく、
痛みの原因部位にしっかり、
短時間でアプローチすることが
とても大切です。
 
 
 
 
もちろん、長時間施術を
行うことで満足感は大きいのですが、
痛みの改善を優先するのであれば、
短時間の施術が効果的です。
 
 
 
 
例えるなら、
病院での、手術がとても
良い例になります。
 
 
 
 
だらだら長い時間、
手術することは
決してないですよね。
 
 
 
 
この手術が意味することは、
長時間、体に触れることが、
いかにストレスになり、
体に負担をかけているのかを
お医者さんがしっかり体の管理を
しているからなんですね。
 
 
 
 
僕も次回は麻婆豆腐を
作ろうと思います。
 
 
 
 
味付けで重要な醤油と豆板醤の
入れすぎや煮込みすぎには
注意したいと思います(笑)。
 
 
 
 
【危険】マッサージは筋肉を痛める
↓   ↓   ↓

 
 
 
 
本日もブログをご覧になって頂き、
ありがとうございましたm(_ _)m
 
 
       
  
また明日もお待ちしております^ ^
 
       
 
 
−林 隆生
 
     
   
 
ー【整体院 喜流】ホームページー
『我慢していませんか?』
腰痛、坐骨神経痛などの「痛み」や体の「不調」、
「しゃがんで靴下をはくときに腰が痛い」
「食器棚に手を伸ばすときに肩が痛い」
「最近、手足の冷えが増えてきた」など
そんなお悩みがありませんか。
 
    
日本古来の徒手技術と
生活・運動指導を軸に
あなたの体のお悩みを
解決する支援をします。
 
    
理学療法士の資格を持ち、
独自の検査法から「痛み」の
原因を見つけるのが得意です。

お気軽にHPをご覧ください♫

 
 
ー【整体院 喜流】Youtube チャンネルー

セルケア法や腰痛や坐骨神経痛の原因をはじめ
あなたの治療に役立つ情報を
いち早くあなたにお届けします!

「youtubeだけの限定動画」を配信中!
チャンネル登録はこちら


*ここをクリックして、次の画面の右側「チャンネル登録」ボタンを押してください。

 
 
ー【整体院 喜流】Facebookページー

メルマガでは配信されていない「腰痛改善の秘密」を
Facebook限定でウェブで見ることができます。
フォローはこちらから

Facebookに「いいね」はお気軽に♫
 
 

The following two tabs change content below.
林 隆生
さいたま市、川越市、蓮田市、都内を中心に坐骨神経痛・脊柱管狭窄症で悩む方が訪れる【慢性腰痛専門】整体院 喜龍 院長の林 隆生。8年間理学療法士として、病院勤務、その後、独立開業。多種の勤務経験から、慢性の痛み、不調の根本原因は「血流」「筋肉のシコリ」であることにたどり着き、日本古来の血液循環療法を習得。その他、症状により筋膜リリース法や腹部治療なども取り入れる。<お問い合わせ・ご相談はコチラ>

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。