【必見】ストレスと「右側」の腰痛は感謝で変わる

この記事の所要時間: 80

ストレスと「右側」の腰痛は感謝で変わる

intyou

From  埼玉県さいたま市 
大宮区 喜流 デスクより
 
 
喜流 院長 林です。
 
 
 
 

 
日常生活でストレスはつきものです。
 
 
 
 
例えば、
「仕事がはかどらず、
時間ばかりが過ぎていくぅ〜」
「仕事が忙しい」
「上司の態度に腹たつぅ〜」
など
 
 
 
 
このように普段の生活で、
意識するしないに関わらず、
ストレスは積み木状
重なっていきます。
 
 
 
 
ストレスは、ありすぎても体が
緊張状態になり体に支障が出ますし、
なさすぎても心が平坦になり
刺激がなく体に支障が出ます。
 
 
 
 
ちょうど良いストレスが、
みつかれば越したことは
ないのですが、、、(笑)
 
 
 
 
この良い加減を見つけるのが、
難しいので、ストレスに悩む
人が多いのでしょうか。
 
 
 
 
このように、ストレスを感じる
ことで、体の部位が無意識に
反応してしまうんです。
 
 
 
 
その部位は、どこかというと、、、
 
 
 
 
「肝臓」 になります。
 

 
今日は肝臓が起こす腰痛
メカニズムをお伝えします。
 

ストレスがかかると肝臓は、、、

 

肝臓はストレスがかかることで、
脂肪を蓄積しようとします。
 

 
これは生物の進化の過程で、
なったそうです。
 
 
 
 
もともと、軟体動物や魚類
(変温動物)は脂肪肝であり、
体温を維持するエネルギーは
必要ないので、脂肪を肝臓だけに
蓄えていました。
 
 
 
 
しかし、進化の過程で哺乳類や
鳥類(恒温動物)になり、体温を
一定に保つために肝臓から皮下脂肪、
内臓脂肪へと移して保温エネルギーと
して使うようになったそうです。
 
 
 
 
しかし、ストレスが加わると
皮下脂肪を溶かし肝臓に
脂肪を送ります

 
 
 
 
簡単に言いますと、ストレスが
かかると体を守るために
エネルギーを必要とします。
 
 
 
 
そのエネルギーを交換しているのが
肝臓にあるミトコンドリアという
器官になり、ミトコンドリアは
脂肪をエネルギーの材料として
います。
 
 
 
 
つまり、ストレスがかかる
皮下脂肪の脂肪を肝臓に
たくさん呼び込むため、
脂肪肝になりやすくなるのです。
 
 
 
 
これが肝臓の機能を悪くし、
腰痛の原因や右肩の痛みなどを
起こすのです。
 

肝臓と「ハラミ(横隔膜)」の関係

 

肝臓と横隔膜は膜で
つながっているんです。
 

 
全身がこのように膜で繋がって
いるんですね。そう、小さい頃、
縁日で一つの線を選んで、
下にあるお宝をゲットするという
「宝くじ」。
 
 
 
 
あの「宝くじ」の線は思いも
寄らないところで繋がっていて
いつも任天堂のファミコンを
ゲットしたかったのに
どうしようもないプラスチックの
カエルを引いてしまい
仕方なく持って帰ってました(笑)
 
 
 
 
「あのワクワク感と釣れるかも
しれないという淡い期待、
今でも忘れられない」
きっと、釣れないけど(笑)
 
 
 
 
話は逸れましたが、体の筋肉、
内臓、関節、骨全ては色々な
組織と繋がっているのです。
 
 
 
 
そして横隔膜は、 大腰筋(お腹の
筋肉)との繋がりがあるので、
肝臓の機能が悪くなると、
横隔膜に影響を与え、関節的に
大腰筋にも影響を与えるのです。
 
 
 
 
そのため、体の右側にある
肝臓は、右の大腰筋に影響を
与え、右の腰が「いてぇ〜」と
なってしまうんです。
 

まとめ

 

日々の忙しい生活をしている
あなたは、知らず知らずの内に
ストレスを受け、肝臓に脂肪がたまり
やすい状況を作ってしまいます。
 
 
 
 
ストレス自体は悪いものではない
ですが、度をすぎると
身体を壊す原因になります。
 
 
 
 
なので、たまにはあなたの
体の声を聞いてあげる時間や
余裕
を持てるときっと良いと
思いますよ。
 
 
 
 
僕はストレスを受けているなと
感じるときは、
 
 
 
 
「感謝」
 
 
 
 
するようにしています。
どういう事かというと、
 
 
 
 
例えば、自分が悪くないのに、
怒られ理不尽なことがあったとします。
その理不尽で怒られたこと自体に
「感謝」するのです。
 
 
 
 
つまり、今までは周りの人たちが本当に
良い人たちだったんだな〜「恵まれている」
とか、このようなストレスを
「たまたま」受けずに済んでラッキーとか
 
 
 
 
と解釈するのです。
 
 
 
 
私たちは、日常の当たり前のことを
当たり前に過ごしていますが、
本当はその当たり前は
当たり前ではないのです。
本当に「ラッキー」、幸運だったと
感じると「感謝」の気持ちになりますよ。
 
 
 
 
あとは、あなたの好きなことに
どっぷり浸かるのも良いと
思いますよ。
 
 
 
 
僕は、スーパー銭湯で「グダ〜」っと
して本読んでいたり、花や木などの
自然を見てるのが良いっすね。
 
 
 
 
(おまけ)
肝臓を揉む技法はこちら
↓   ↓   ↓
 

 
 
 
 
本日もブログをご覧になって頂き、
ありがとうございましたm(_ _)m
 
 
       
  
また明日もお待ちしております^ ^
 
       
 
 
−林 隆生
 
     
   
 
ー【整体院 喜流】メールマガジン 配信ー
メールマガジンの購読はもちろん無料。
気に入らなければ、いつでも簡単に購読解除ができます。

無料メルマガの登録はこちらから。

今すぐ無料メルマガに登録する

 
 
ー【整体院 喜流】Youtube チャンネルー

セルケア法や腰痛や坐骨神経痛の原因をはじめ
あなたの治療に役立つ情報を
いち早くあなたにお届けします!

「youtubeだけの限定動画」を配信中!
チャンネル登録はこちら


*ここをクリックして、次の画面の右側「チャンネル登録」ボタンを押してください。

 
 
ー【整体院 喜流】Facebookページー

メルマガでは配信されていない「腰痛改善の秘密」を
Facebook限定でウェブで見ることができます。
フォローはこちらから

Facebookに「いいね」はお気軽に♫
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

PS.
当院のHPはこちら
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

The following two tabs change content below.
林 隆生
さいたま市、川越市、蓮田市、都内を中心に坐骨神経痛・脊柱管狭窄症で悩む方が訪れる【慢性腰痛専門】整体院 喜龍 院長の林 隆生。8年間理学療法士として、病院勤務、その後、独立開業。多種の勤務経験から、慢性の痛み、不調の根本原因は「血流」「筋肉のシコリ」であることにたどり着き、日本古来の血液循環療法を習得。その他、症状により筋膜リリース法や腹部治療なども取り入れる。<お問い合わせ・ご相談はコチラ>

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。