【30歳1児ママ、妊娠中、坐骨神経痛】妊娠4ヶ月、右お尻が痛くて動けない(東京都板橋区在住)

この記事の所要時間: 644

【30歳1児ママ、妊娠中、坐骨神経痛】妊娠4ヶ月、右お尻が痛くて動けない(東京都板橋区在住)

intyou

From  埼玉県さいたま市 
大宮区 喜流 デスクより
 
 
喜流 院長 林です。
 
坐骨神経痛、腰痛、妊娠
 
Yさんは、2歳の男の子を
連れて当院に来院される。
 
 
 
 
男の子はいつも元気で、
施術中はアンパンマンの
おもちゃなどで遊んでいるが、
5分も経つと飽きてしまう。
 
 
 
 
その後、院内をグルグル
冒険し、1人で楽しく
遊んでいる。
 
 
 
 
一番のお気に入りは院にある
大きな鏡で自分を映して
何だか楽しそうにしていることだ。
 
 
 
 
なぜかその雰囲気を見ると
心が和んでしまう(笑)
 
 
 
 
ヤンチャな男の子がいる
Yさんだが、今回の坐骨神経痛に
なる前にも腰痛や軽い坐骨神経痛に
悩まされた。
 
 
 
 
軽い坐骨神経痛の時は、
ちょうど男の子が生まれて、
3ヶ月くらい経った時に、
右足のつれるような症状がでた。
 
 
 
 
その後、右足の症状も
強くならなかったことから
放置したという。
 
 
 
 
今回の坐骨神経痛は、
「立つのが辛い」「歩けない」
くらいに右お尻と尾てい骨周辺に
痛みがある状態だ。
 
 
 
 
ひどい時には、右足に電気が
走るような激痛が襲う。
 

右お尻と尾てい骨周辺の激痛の原因とは

 
Yさんは、痩せ型でやや猫背の
姿勢である。最近は、椅子に
座る機会が増えた。
 
 
 
 
妊娠4ヶ月のことも
あり、徐々にお腹の大きさと
重さを実感しつつあると言う。
 
 
 
 
今回2度目の出産に向け、
激痛のある坐骨神経痛の症状を
改善したく当院に来院された。
 
 
 
 
カウンセリングや体の検査を
行うに従い、分かってきた
ことは、「骨盤の歪み」に問題が
あり、これがひどい症状を
引き起こしている思われた。
 
腰痛、膝痛、カウンセリング
 
前回の男の子の出産後に
坐骨神経痛の症状が出たのだが、
その時に骨盤周囲や右足に
6ヶ月程度、違和感があった。
 
 
 
 
しかし、出産後は忙しく、
そんな余裕もなかったため、
だましだまし生活を送っていた
そうだ。
 
 
 
 
出産前後は、ホルモンバランスが
崩れやすく、リラクシンや
プロゲステロンと呼ばれるホルモンが
出産の手伝いを行う。
 
 
 
 
これらは、骨盤周囲にある
靭帯(恥骨結合)、筋肉を
緩める働きがあるため骨盤のズレを
作るのです。
 
坐骨神経痛、腰痛、恥骨結合
 
そのため、女性はホルモンの
影響により腰痛や坐骨神経痛に
なりやすいのです。
 
 
 
 
Yさんもホルモンバランスの
乱れによる骨盤の歪みと
前回の坐骨神経痛の
放置により症状を悪化させた
ものと考えられる。
 

骨盤の歪みは早めに対応を

 
Yさんは、第一子の男の子が
生まれた時に骨盤が歪み、
今までになかった坐骨神経痛の
症状を経験した。
 
 
 
 
この時の骨盤の歪みは、
日々の生活の中で、蓄積され
背骨を歪ます原因となり、
筋肉に過剰な負担をかける。
 
 
 
 
過剰な筋肉の負担は、
血流の流れを悪くさせ、
痛みを引き起こし、
さらに筋肉を硬くさせる。
 
 
 
 
この悪循環が、Yさんの骨盤
周囲や腰に負担をかけ続け、
歩くことができないほどの
激痛を経験された。
 
 
 
 
このようなひどい症状に
なる前に、お尻、尾てい骨周囲や
太ももなどに違和感を感じたら、
「骨盤の歪み」が原因でなっているの
かもと疑うこともした方が
良いのかと思います。
 

まとめ

 
Yさんは、骨盤の歪みに
伴いお尻の緊張が高く、
「腸腰筋」と呼ばれる
股関節の前の筋肉も過剰に
緊張していた。
 
 
 
 
このことから、主に
これらの筋肉を治療
することや仙腸関節への
治療をすることで
今では立ち上がり、
歩きに関しては改善して
おります。
 
 
 
 
しかし、日々の生活の中で
お尻の緊張や腸腰筋の緊張は
これからも高くなるので、しっかり
セルフケアを実施して頂いて
おります。
 
 
 
 
セルフケアも「痛み」や
「不調」を改善するためには
必要なことなのです。
 
 
 
 
【調整】道具を使ってお尻の緊張を解す方法
↓   ↓   ↓

 
 
 
 
本日もブログをご覧になって頂き、
ありがとうございましたm(_ _)m
 
 
       
  
また明日もお待ちしております^ ^
 
       
 
 
−林 隆生
 
     
   
 
ー【整体院 喜流】メールマガジン 配信ー
メールマガジンの購読はもちろん無料。
気に入らなければ、いつでも簡単に購読解除ができます。

無料メルマガの登録はこちらから。

今すぐ無料メルマガに登録する

 
 
ー【整体院 喜流】Youtube チャンネルー

セルケア法や腰痛や坐骨神経痛の原因をはじめ
あなたの治療に役立つ情報を
いち早くあなたにお届けします!

「youtubeだけの限定動画」を配信中!
チャンネル登録はこちら


*ここをクリックして、次の画面の右側「チャンネル登録」ボタンを押してください。

 
 
ー【整体院 喜流】Facebookページー

メルマガでは配信されていない「腰痛改善の秘密」を
Facebook限定でウェブで見ることができます。
フォローはこちらから

Facebookに「いいね」はお気軽に♫
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

PS.
当院のHPはこちら

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

The following two tabs change content below.
林 隆生
さいたま市、川越市、蓮田市、都内を中心に坐骨神経痛・脊柱管狭窄症で悩む方が訪れる【慢性腰痛専門】整体院 喜龍 院長の林 隆生。8年間理学療法士として、病院勤務、その後、独立開業。多種の勤務経験から、慢性の痛み、不調の根本原因は「血流」「筋肉のシコリ」であることにたどり着き、日本古来の血液循環療法を習得。その他、症状により筋膜リリース法や腹部治療なども取り入れる。<お問い合わせ・ご相談はコチラ>

林 隆生

最新記事 by 林 隆生 (全て見る)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    PAGE TOP