.

この記事の所要時間: 056

整体院 喜龍(独自の検査法)

肩や骨盤の高さ、骨盤や背骨の歪みなどの一般的な検査を行います。

次に、痛み(腰痛、 坐骨神経痛など)の原因を見つけるために当院独自の検査を行います。

① 体の動き(体を前に倒す後ろにそるなど)を確認した上で、「動きづらい方向」や「痛みのある方向」を確認します。

② 体の歪みなどから判断した原因となる筋肉や関節を押圧した状態で、再び痛みが出た動きをしていただきます。

③ 痛みのある部位や違和感が軽減しているようであれば、その部位は原因の一つになります。

④ 「体の動き」と「体の痛み」を確認しながら、一つずつ原因を探っていきます。痛みの原因は、このように丁寧に一つずつ見つけることが重要であり、腰痛改善の最短の道のりです。

さらに、その原因部位の周囲にあるシコリや血流障害がある部位を手でさがし原因部位をさらに特定していきます。

私独自の検査方法は、レントゲンやMRIのように決して現代的ではありませんが、小さな原因部位も「指」で探ることができるのできっとあなたの腰痛の原因もわかるはずです。

The following two tabs change content below.
林 隆生
さいたま市、川越市、蓮田市、都内を中心に坐骨神経痛・脊柱管狭窄症で悩む方が訪れる【慢性腰痛専門】整体院 喜龍 院長の林 隆生。8年間理学療法士として、病院勤務、その後、独立開業。多種の勤務経験から、慢性の痛み、不調の根本原因は「血流」「筋肉のシコリ」であることにたどり着き、日本古来の血液循環療法を習得。その他、症状により筋膜リリース法や腹部治療なども取り入れる。<お問い合わせ・ご相談はコチラ>

PAGE TOP