【30代男性】くしゃみや咳をすると腰に響く痛みや右足の痛み

この記事の所要時間: 424

【椎間板ヘルニア】くしゃみや咳をすると腰に響く痛みや右足の痛み

 

 

From  さいたま市大宮区  整体院 喜流 デスクより

 

 

喜流 院長 林です。

 

 

Tさん30代男性、営業が多く 車での移動やデスクワークを 中心とした仕事をしています。

 

 

当院に来院したきっかけは、 病院(整形外科)で腰椎ヘルニアの 診断を受けた後、薬と腰の牽引を 2週間続けたが、変わらない ということで来院されました。

 

 

症状は、右足(お尻から太もも)に かけてのつれるような痛みとズキズキ とした腰痛が強くでていました。

 

 

Tさんが、映画館に行った時のこと、 長時間座っていられず途中で 映画を見るのを断念したこと。

 

 

歩くや立つなど動いている時は、 問題ないのですが、長時間座ること、 咳やくしゃみなど体を前にかがめる 時に強い痛みが右足と腰に でていたそうです。

 

 

腰椎椎間板ヘルニアってなに?

 

 

 

 

Tさんのように、長く座っていら れないのが腰椎椎間板ヘルニアの 特徴の一つです。

 

 

「ヘルニア」というのは、「本来 あるべきところからはみ出る」という 意味ですが、その名の通り、

 

 

腰椎の椎間板の「髄核」という中身が はみ出る現象です。

 

 

それが神経に触れて痛みを引き起こす のです。

 

 

特に、長時間座ること、くしゃみ、咳や 掃除、料理などは前かがみの姿勢に なることでヘルニアと神経の接触が 起こりやすくなるのです。

 

 

そのため、今回のTさんも このような症状になったの だと思われます。  

なぜ、Kさんは椎間板ヘルニアになったのか?

  Kさんは、入職してから営業での 車の運転とデスクワークを 10年以上繰り返してきました。 つまり、長時間座ることが 日課になっていました。

 

 

座る時の負担は以下の図を ご覧ください。     運転中やデスクワークでは、どちらか というと前かがみで座ることに なるので、腰にかかる負担は 立っているときの1、8倍にも なるのです。

 

 

その結果、骨盤は後傾(後ろに 倒れる)、股関節の動きも悪く 、腰椎を後弯(腰椎を後ろに 倒す)させ、腰椎椎間板ヘルニアを 引き起こしたものと考えられます。

 

 

このため、当院では、お腹やお尻の 筋肉の緊張を緩め、骨盤や股関節を 調整することや仙腸関節に動きを 与えました。

 

 

そうすることで、腰椎の後弯は 減り、神経の圧迫を除去し痛みの 改善に結びついたと考えます。  

まとめ

  腰椎椎間板ヘルニアは、 ヘルニアでの神経圧迫により、 痛みを引き起こさない 場合もあるため、体の状態をしっかり 確認することが大事になります。

 

 

Boos N. ら によると”腰痛のない 健康な人の76%に椎間板ヘルニアを 認めました。また腰痛のない健康な人の 85%に椎間板の変性を認めた”

とあるように、     必ずしも椎間板ヘルニアと 診断されても、その部分から 痛みを引き起こしているとは 限らないことになります。

 

 

そのため、この診断が 出たとしても安易に手術などの 選択肢はとらないことを お勧めします。

 

 

本日はTさんにお伝えした セルケア法をお伝えします。 ↓   ↓   ↓  

 

 

本日もブログをご覧になって頂き、
ありがとうございましたm(_ _)m

 

−林 隆生

 

ー【整体院 喜流】ホームページー
『我慢していませんか?』

 

腰痛、坐骨神経痛などの「痛み」や体の「不調」、「しゃがんで靴下をはくときに腰が痛い」「食器棚に手を伸ばすときに肩が痛い」「最近、手足の冷えが増えてきた」などそんなお悩みがありましたらこちらから

↓ ↓

 

ー【整体院 喜流】Youtubeチャンネルー

セルケア法や腰痛や坐骨神経痛の原因をはじめ
あなたの治療に役立つ情報を
いち早くあなたにお届けします!

 

「youtubeだけの限定動画」を配信中!
チャンネル登録はこちら


 

*ここをクリックして、次の画面の右側「チャンネル登録」ボタンを押してください。

 

ー【整体院 喜流】Facebookページー

 

Facebookからもブログをご覧頂けます。
フォローはこちらから


Facebookに「いいね」はお気軽に♫

The following two tabs change content below.
林 隆生
さいたま市、川越市、蓮田市、都内を中心に坐骨神経痛・脊柱管狭窄症で悩む方が訪れる【慢性腰痛専門】整体院 喜龍 院長の林 隆生。8年間理学療法士として、病院勤務、その後、独立開業。多種の勤務経験から、慢性の痛み、不調の根本原因は「血流」「筋肉のシコリ」であることにたどり着き、日本古来の血液循環療法を習得。その他、症状により筋膜リリース法や腹部治療なども取り入れる。<お問い合わせ・ご相談はコチラ>

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP