【37歳女性、2歳のママ(椎間板ヘルニア)】掃除しても、洗濯してもイタタタ(埼玉県川越市在住)

この記事の所要時間: 726

【37歳女性、2歳のママ(椎間板ヘルニア)】掃除しても、洗濯してもイタタタ(埼玉県川越市在住)

intyou

From  埼玉県さいたま市 
大宮区 喜流 デスクより
 
 
喜流 院長 林です。
 
 
 
 
Eさんの朝は、「イタタタ」から
始まる。ベッドから起き上がり、
いつも右腰からお尻に手を当て、
動き始めるのが日課だ。
 

 
子供の抱っこ、掃除に、洗濯は
日課だがその都度、右腰から
お尻にかけての痛みが今年の
3月からあまりよろしくない。
 
 
 
 
そもそも、椎間板ヘルニアと
診断されたのは今から20年前の
17歳の時ことだった。
 
 
 
 
Eさんが部活のバトミントンを
やっている時、ラケットでシャトルを
打つ際、急激な痛みが腰に走った。
 
 
 
 
「うっ、腰が痛い」。と今まで経験
したことがない激痛に襲われ、
動けなくなり、そのまま整形外科に
直行した。
 
 
 
 
先生からの診断は「椎間板ヘルニア」との
診断だったようだ。
 
 
 
 
それから医療関係の仕事につき、
結婚もされ、順風満帆な生活を
送っていたのだが、その中でも
腰の痛みは常に抱えていた。
 
 
 
 
そして、今年の5月に右腰や
お尻の痛みが最悪となり、
整形外科を受診した。
 
 
 
 
診断は20年前と変わらず、
L4/5、L5/S1の椎間板ヘルニアとの
診断であった。
 

 
整形外科では、腰椎牽引と薬を
もらう程度であった。これでは、
何も変わらないと思い、夫や
実家の両親に相談した。
 
 
 
 
両親はEさんに、それほどに
痛いならと手術を勧めたが、
Eさんは医療関係者であり、
手術の予後はある程度わかって
いた。
 
 
 
 
また、インターネットなどで
Eさんは椎間板ヘルニアを検索して、
やはり手術はしない方がいいとの
結論に至った。
 
 
 
 
そして、喜流に来院された。
 

あまりの体の硬さに、、、

 
Eさんの体の柔軟性は正直、
「か、硬い、、、」
この一言に尽きます。
 
 
 
 
これでは、椎間板ヘルニアでは
なくてもいずれかは、他の整形に
お世話になりそうな状態でした。
 
 
 
 
腰周囲、股関節、膝関節周囲の
筋肉の柔軟性がなく、硬い状態
だったのです。
 
 
 
 
実際、健康な人も椎間板ヘルニアを
持っている人は多いのです。
 
 
 
 

Boos Nらは言います。
 
腰痛のない健康な人の76%に、
椎間板ヘルニアが発見されました。
 

 
また、腰痛のない健康な人の85%に、
椎間板変性が発見されました。
 
発見された椎間板ヘルニアのタイプは、
腰痛のある人と、腰痛のない健康な人との
間で、差がありませんでした。

 
つまり、
 
 
 
 
腰痛のない健康な人の76%に、
椎間板ヘルニアが発見されているのです。
 
 
 
 
どちらかと言えば、椎間板ヘルニアでない人の
ほうが、まれなのです。
 
 
 
 
ここで言いたいことは、整形外科で
椎間板ヘルニアと診断されても、
画像に写っている部位だけが
必ずしも問題ではないということです。
 

腰には問題がありませんでした

 
ここで言う「問題がない」は、
レントゲン上で問題となっている
ヘルニアの部分になります。
 
 
 
 
Eさんは、異常な筋肉の緊張状態が、
骨盤、股関節、膝関節の
動きを悪くし、右腰の痛みと
お尻の痛みを起こしていました。
 
 
 
 
そのため、お尻を中心に股関節、
膝関節、首(慢性肩こりのため)を
中心に施術をすることで
症状は和らぎました。
 
 
 
 
しかし、子供の抱っこ、洗濯、
掃除などのハードワークが、
あり、慢性腰痛のため、
今は定期的にメンテナンスに
ご利用されております。
 

まとめ

 
椎間板ヘルニアと聞くと、
まずは整形外科ではないと
ダメかなと思いますよね。
 
 
 
 
それも間違いではありません。
 
 
 
 
しかし、腰のレントゲンやMRIを
撮っても筋肉の状況は映らないので
分かりません。
 
 
 
 
そのため、何が何でも病院という
発想は時間とお金の無駄に
なりかねません。
 
 
 
 
他にも、あなたに体を診るところは
整体、整骨院、鍼灸、カイロなどが
ありますので、頭の片隅にでも入れて
いただければと思います。
 
 
 
 
一番安全な選び方は、家族や
お友達の「紹介」になります。
また、インターネットでは、
「安さ」を売りにしているところも
多いです。
 
 
 
 
しかし、冷静に考えると、あなたの体の
ことなので「安さ」ではなく、施術者が
しっかり診てくれる治療院を選択できると
幸いです。
 
 
 
 
【貯金】たまには腰をスッキリ解消!
↓   ↓   ↓
 

 
 
 
 
本日もブログをご覧になって頂き、
ありがとうございましたm(_ _)m
 
 
       
  
また明日もお待ちしております^ ^
 
       
 
 
−林 隆生
 
     
   
 
ー【整体院 喜流】メールマガジン 配信ー
メールマガジンの購読はもちろん無料。
気に入らなければ、いつでも簡単に購読解除ができます。

無料メルマガの登録はこちらから。

今すぐ無料メルマガに登録する

 
 
ー【整体院 喜流】Youtube チャンネルー

セルケア法や腰痛や坐骨神経痛の原因をはじめ
あなたの治療に役立つ情報を
いち早くあなたにお届けします!

「youtubeだけの限定動画」を配信中!
チャンネル登録はこちら


*ここをクリックして、次の画面の右側「チャンネル登録」ボタンを押してください。

 
 
ー【整体院 喜流】Facebookページー

メルマガでは配信されていない「腰痛改善の秘密」を
Facebook限定でウェブで見ることができます。
フォローはこちらから

Facebookに「いいね」はお気軽に♫
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

PS.
当院のHPはこちら

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

The following two tabs change content below.
林 隆生
さいたま市、川越市、蓮田市、都内を中心に坐骨神経痛・脊柱管狭窄症で悩む方が訪れる【慢性腰痛専門】整体院 喜龍 院長の林 隆生。8年間理学療法士として、病院勤務、その後、独立開業。多種の勤務経験から、慢性の痛み、不調の根本原因は「血流」「筋肉のシコリ」であることにたどり着き、日本古来の血液循環療法を習得。その他、症状により筋膜リリース法や腹部治療なども取り入れる。<お問い合わせ・ご相談はコチラ>

林 隆生

最新記事 by 林 隆生 (全て見る)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント