シザーケースが腰痛を起こす理由

この記事の所要時間: 448

シザーケースが腰痛を起こす理由(腰痛関連、埼玉県さいたま市大宮区の整体院 喜流)

 

 

 

 

From  埼玉県さいたま市 大宮区 喜流 デスクより

 

 

喜流 院長 林です。

 

 

 

 

毎月後半になると髪を 切りに行くのですが、 髪を切って整うと、 心もスッキリします。

 

 

もちろん、髪を切って 外見を良くするために行くの ですが、いつもの美容師さんと 話をするのも楽しいですよね。

 

 

本日は、美容師さんについて お話をします。

 

 

美容師さんは、髪を切って 人の気分や、スタイルを変え 喜びを与える素晴らしい 仕事です。

 

 

しかし、この職種ならではの 悩みもあるようです。

シザーケースが及ぼす影響

 

 

 

 

シザーケースとは、美容師さんの 商売道具(色々な種類のハサミや クシが入ってる)になります。

 

 

シザーケース自体の重さは、 大したことはありませんが、 ハサミなどを入れると500から 800g程度になるそうです。

 

 

この重みは常に骨盤や股関節に 負担をかけることになるので、 腰痛、坐骨神経痛の原因に なります。

 

 

1kgも満たない重さですが、 美容師さんは、その他の 業務内容がハードなため、 腰への負担は多大です。

 

 

中腰は当たり前!本当に辛い

 

 

 

 

当院に来院される美容師さんに お話をお伺いすると、 「本当に腰が辛いんです」と 口を揃える。

 

 

なぜそんなに辛いのか?

 

 

中腰の作業が多いことと 絶妙な角度で髪を切ろうと プロ意識が高いため、体を ねじります。

 

 

さらに、この状態をキープ しながら髪を切るため、 一定の筋肉に負担が かかり疲労が蓄積します。

 

 

同様に体の捻りが入る、 サイドシャンプーは 美容師泣かせの業務内容に なります。

 

 

体を捻りながら、お客様の 頭を支え、洗う。想像しただけでも 腰が悲鳴をあげる状態です。 この状態が続けば、、、

 

 

疲労が蓄積した筋肉は、 カチカチに硬くなり、 腰痛や坐骨神経痛などの 腰の症状を作ります。

 

 

補足として、ハサミを使う、 手の酷使も同様に腰痛や 坐骨神経痛などの症状に つながります。

 

 

過度に使われる母子球と 呼ばれる親指の筋群は、 腕の前面の筋膜を介し、 体前面の筋膜とつながり、 横隔膜、大腰筋などの腰周囲の 筋肉と関連するため、 腰の症状を引き起こすのです。

 

 

そのため、腰痛の原因の一つは、 指の酷使も関連します。

 

 

まとめ

 

 

整体は他職種の方と接する 機会が多いため、様々な お悩みをお伺いすることが できます。

 

 

それぞれの職種で、姿勢や 動きの癖があるため、そこを 紐解くことが腰痛、坐骨神経痛の 改善を早めます。

 

 

今回紹介させて頂いた、美容師の 方も中腰、捻り動作、シザーケースが キーワードのなっています。

 

 

特にサイドシャンプーをする場合、 中腰と捻り動作がある中で、シザー ケースを着用していれば、腰への 負担は多大です。

 

 

そのため、少しでも腰を 心配している美容師のあなたは、 シャンプー時にシザーケースを 外すことも必要なことだと思います。

 

 

色々試したが、症状が 変わらないようであれば、 ご相談いただければと思います。

 

 

【必見】指を使う人のセルフケア法

↓   ↓   ↓

 

 

本日もブログをご覧になって頂き、
ありがとうございましたm(_ _)m

 

−林 隆生

 

ー【整体院 喜流】ホームページー
『我慢していませんか?』

 

腰痛、坐骨神経痛などの「痛み」や体の「不調」、「しゃがんで靴下をはくときに腰が痛い」「食器棚に手を伸ばすときに肩が痛い」「最近、手足の冷えが増えてきた」などそんなお悩みがありましたらこちらから

↓ ↓

 

ー【整体院 喜流】Youtubeチャンネルー

セルケア法や腰痛や坐骨神経痛の原因をはじめ
あなたの治療に役立つ情報を
いち早くあなたにお届けします!

 

「youtubeだけの限定動画」を配信中!
チャンネル登録はこちら


 

*ここをクリックして、次の画面の右側「チャンネル登録」ボタンを押してください。

 

ー【整体院 喜流】Facebookページー

 

Facebookからもブログをご覧頂けます。
フォローはこちらから


Facebookに「いいね」はお気軽に♫

The following two tabs change content below.
林 隆生
さいたま市、川越市、蓮田市、都内を中心に坐骨神経痛・脊柱管狭窄症で悩む方が訪れる【慢性腰痛専門】整体院 喜龍 院長の林 隆生。8年間理学療法士として、病院勤務、その後、独立開業。多種の勤務経験から、慢性の痛み、不調の根本原因は「血流」「筋肉のシコリ」であることにたどり着き、日本古来の血液循環療法を習得。その他、症状により筋膜リリース法や腹部治療なども取り入れる。<お問い合わせ・ご相談はコチラ>

林 隆生

最新記事 by 林 隆生 (全て見る)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    PAGE TOP