【苦悩】歯科従事者ならではの悩みとは

この記事の所要時間: 629

【苦悩】歯科従事者ならではの悩みとは(腰痛関連、埼玉県さいたま市大宮区の整体院 喜流)

腰痛、施術

From  埼玉県さいたま市
大宮区 喜流 デスクより

 

喜流 院長 林です。

腰痛、歯科医、補助

ドアを開けると、綺麗な女性が
笑顔で受付をしてくれる。

 

なんだか「ホッ」とする。
と感じるも、しばらくすると、
名前を呼ばれ、診察室に入る。

 

「キーン」と室内に響くあの音と
独特な匂い、先生はメガネと
マスクをして私を待ち受ける。

 

「どうぞこちらへ」と
リクライニング式の椅子に
誘導される。

 

椅子に座るやいなや、色々な
道具を駆使させ、歯の悪いところを
工事してくれる。

 

本当にありがたいのだが、

 

いつまで経っても好きになれない、
歯医者である。

 

でも、歯の痛みを抑えて
くれるので感謝はしてます(笑)

 

そんな私を救ってくれた
歯科医師並びに歯科衛生士は
意外にも腰痛が多いという
事実がある。

 

『歯科医療従事者の腰痛による
調査』の文献 山田 和彦らに
よれば

136名の歯科医療従事者のうち、
107名が腰痛を感じているとの
回答があったという。

歯科医師では78%、歯科衛生士
80.6%と非常に多い割合で
腰痛を感じている。という。


喜流にも歯科医療従事者が

来院されていますが、業務内容は
腰痛になりそうな動作を頻回に
繰り返しています。

歯科医師の最も「ツライ」動作とは


腰痛、歯科医

歯医者に来院するクライアントに
とっては、歯科医師とは怖い存在
であり、ありがたい存在だと
思っています。

 

というのも、多くの方は好んで
歯医者に行かないと思うの
ですが、

 

どうしようもない痛みが
歯に起きて、渋々歯医者に
行きます。

 

それを考えると歯医者は
痛いことをされる認識が
強いため、とても怖い
存在です。

 

しかし、痛みを取り除いて
頂けのでありがたい存在でも
ありますね。

 

そんな歯科医師が腰痛で
悩んでいるのであれば、
治療効果にも影響が出て
しまうので改善する
必要があります。

 

喜流に来院されている
歯科医師の方で最も「ツライ」
動作を質問しました。

 

回答は「歯の切削」との
ことでした。

 

歯の切削は、体を前に屈ませ
ねじり、クライアントの
歯を確認して、治療部位を
選定するため、腰への負担は
大きいです。

 

この状態は、腰痛がなくても
腰への負担が大きいですが、
腰痛がある状態では、治療への
集中力は通常よりも劣ります。

 

そのため、治療時の
ポジショニングや膝を
軽く曲げクッション性を
うまく利用した姿勢をとるように
アドバイスさせていただきました。

 

あまりにもツライ時は、
コルセットの着用も
必要とお伝えさせて
頂きました。

歯科衛生士の最も「ツライ」動作とは


腰痛、歯科衛生士

歯科衛生士の最もツライ動作は
口腔ケアになるそうです。

 

いろいろお話を聞く中で、
様々な悩みがあるようです。

 

例えば、拘束時間が長く、
残業が多い、歯科衛生士
以外の仕事もする(受付、
歯科助手など)、人間関係
(女性スタッフが多いため、
意外と厄介など)

 

話を戻しますが、口腔ケアは
受ける側としては、痛くはなく
むしろ気持ちが良いです。

 

しかし、口腔ケア時の姿勢は
動作的には前かがみと捻り動作が
入るため、腰痛を悪化させる
原因になります。

 

女性は男性と比べ、筋力が弱く、
同じ姿勢で長時間作業となれば、
腰痛は酷くなる一方です。

 

そのため、腰痛がひどい時には
コルセットを着用すること、
立つ作業と座る作業を交互に
入れ同じ姿勢をとらないことを
可能なかぎり取り入れるように
説明しました。

 

また、歯科医療従事者は手首を
使う作業が多く、特に
「腕橈骨筋」と呼ばれる筋肉が
パンパンに張っているので、
ここを緩ましてあげることも
必要です。(この後の動画を
ご覧ください)

まとめ


歯科医療従事者は、私たちの

歯の痛みを緩和すること、
歯を矯正してくれること、
歯の問題を解決してくれ、
笑顔にしてくれること。

 

本当にありがたいです。

 

しかし、従事者の多くが
これほどまで腰痛に悩んで
いるとは正直思いませんでした。

 

今回、喜流に来院している
従事者の方にお話をお伺い
することができ、意外にも
無理な姿勢で治療やケアを
している実態があったので
驚きでした。

 

どの職業でも共通して
腰痛になるリスクを
高める動作は

 

「前かがみ、捻り」

 

この動作は、腰痛などの
腰の症状を悪化させる原因に
なるため、あなたもこの動作が
業務中に入っていないか
確認してみてはいかがでしょうか。

 

【役立つ】腕の筋肉を緩める方法
↓   ↓   ↓

本日もブログをご覧になって頂き、
ありがとうございましたm(_ _)m

 

また明日もお待ちしております^ ^

−林 隆生

ー【整体院 喜流】ホームページー
『我慢していませんか?』
腰痛、坐骨神経痛などの「痛み」や体の「不調」、
「しゃがんで靴下をはくときに腰が痛い」
「食器棚に手を伸ばすときに肩が痛い」
「最近、手足の冷えが増えてきた」など
そんなお悩みがありませんか。

 

日本古来の徒手技術と
生活・運動指導を軸に
あなたの体のお悩みを
解決する支援をします。

 

理学療法士の資格を持ち、
独自の検査法から「痛み」の
原因を見つけるのが得意です。

お気軽にHPをご覧ください♫

ー【整体院 喜流】Youtube チャンネルー

セルケア法や腰痛や坐骨神経痛の原因をはじめ
あなたの治療に役立つ情報を
いち早くあなたにお届けします!

「youtubeだけの限定動画」を配信中!
チャンネル登録はこちら


*ここをクリックして、次の画面の右側「チャンネル登録」ボタンを押してください。

ー【整体院 喜流】Facebookページー

メルマガでは配信されていない「腰痛改善の秘密」を
Facebook限定でウェブで見ることができます。
フォローはこちらから

Facebookに「いいね」はお気軽に♫

The following two tabs change content below.
林 隆生

林 隆生

「整体院 喜流」院長  好きなもの:スポーツ(野球)、読書、筋トレ、森林浴や温泉、厚生労働省 理学療法士 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    PAGE TOP