【システムエンジニア】座る姿勢と右腕の酷使が坐骨神経痛へ発展

この記事の所要時間: 542

【システムエンジニア】座る姿勢と右腕の酷使が坐骨神経痛へ発展(腰痛関連、埼玉県さいたま市大宮区の整体院 喜流)

腰痛、施術

From  埼玉県さいたま市
大宮区 喜流 デスクより

 

喜流 院長 林です。

坐骨神経痛、書類業務

23歳で会社に入り、今後この
業界に貢献できるようにと、
決心し期待と不安を抱えた
5年前、、、

 

今でも、その情熱は変わりないが、
今年に入り、体に不調が
起きたのも事実でした。

 

Hさん28歳は、大手銀行などの
システムをパソコンで管理をしている、
システムエンジニア(SE)である。

 

当院に来院されたのは、今年の
3月頃である。

 

その当時は、左のお尻と太ももに
痛みとシビレがあり、坐骨神経痛の
症状と便秘があるとのことでした。

 

そこで、HさんのSEとしての
仕事内容や生活習慣を
お伺いするうちに、今回の
坐骨神経痛の治療のポイントが
見えました。

仙骨座りが坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛、座位
Hさんは、やや痩せ型であり、
猫背でした。

 

猫背は骨盤の後傾(後ろに
倒れる)を起こすため、
坐骨神経を圧迫しやすい
状況となります。

 

HさんはSEという仕事上、
8時間以上は座って一日を
過ごします。

 

座ることは仰向けで寝る、立つと
比べて腰の負担は大きいため、
姿勢が時間の経過と共に
崩れます。

 

Hさんの場合、背もたれに体を
預け、お尻や太ももが前方に
滑り骨盤の一部である仙骨で
上半身を支える状態でした。

 

このため、猫背は年々ひどく
なってきたとのことでしたが、
今回の症状が出るまでは、
あまり気にされていなかったとの
ことでした。

 

長時間デスクワークでの、悪い
姿勢(仙骨座り)は、坐骨神経を
圧迫させ症状を悪化させました。

 

さらに、長年右足を上にして
足を組むクセがあり、
右お尻と太ももの筋肉の緊張が
高い状態でした。

 

今回左のお尻と太ももに
症状が出てますが、Hさんの
根本原因は右半身の過剰な
筋肉の緊張でした。

 

さて、

 

もう一つの原因はどこにあったの
でしょうか。

右肩の酷使が坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛、操作
Hさんは、一日中パソコンに
向き合いキーボードと
マウスを駆使して、管理用の
プログラムを作ります。

 

この時に上述した姿勢が
影響して右肩の緊張状態を
作ってました。

 

背筋が伸びた状態では、
胸を張った状態になり、
肩は安定するのですが、

 

Hさんの場合、猫背のため、
両肩が前に丸まり、肩を不安定に
していました。

 

右肩が不安定なため、マウスや
キーボードを打つ際に、
肩、肘、手首周囲の筋肉を
過剰に使うため、右腕全般が
カチカチになってました。

 

特に肩コリ筋と呼ばれる
(僧帽筋や肩甲挙筋)が
カチカチの状態でした。

 

これらの筋肉は筋膜を介して
背中、腰、お尻などに影響を
与えるため、座る姿勢と
右腕の酷使が今回の坐骨神経痛を
強めたと仮定して治療を
進めました。

 

今ではおる左お尻と太ももの
症状は改善しましたが、
ハードワークのため、
3週間に1回、メンテナンスで
来院されています。

 

便秘に関しては、生活環境
(夜遅くの食事、就寝時間の
影響、睡眠時間、栄養のバランス、
水分不足など)や姿勢(猫背)の問題を
一つずつ解決することで、

 

便秘の解消とまではいきませんが、
改善に向かっています。

まとめ


長時間の座る仕事は、

Hさんの状態を確認する中で、
とても過酷な状況だと感じました。

 

私も、パソコン業務をしていると、
気づけば2、3時間経過している
時がありますが、気付いた時には
お尻や腰に違和感を感じてます。

 

そのため、座る姿勢を変える
ことも大事ですが、座り続けない
工夫(1時間に1回はどこかに
いく、コピー、トイレなど)や
座ってできる体操を取り入れる
ことが必要と説明させて頂きました。

 

そのお伝えした内容の
一部(作業しながらできる運動法)を
今回、動画でお伝えします。

 

【坐骨神経痛】座ってできる腰痛対策
↓   ↓   ↓

本日もブログをご覧になって頂き、
ありがとうございましたm(_ _)m

 

また明日もお待ちしております^ ^

−林 隆生

ー【整体院 喜流】ホームページー
『我慢していませんか?』
腰痛、坐骨神経痛などの「痛み」や体の「不調」、
「しゃがんで靴下をはくときに腰が痛い」
「食器棚に手を伸ばすときに肩が痛い」
「最近、手足の冷えが増えてきた」など
そんなお悩みがありませんか。

 

日本古来の徒手技術と
生活・運動指導を軸に
あなたの体のお悩みを
解決する支援をします。

 

理学療法士の資格を持ち、
独自の検査法から「痛み」の
原因を見つけるのが得意です。

お気軽にHPをご覧ください♫

ー【整体院 喜流】Youtube チャンネルー

セルケア法や腰痛や坐骨神経痛の原因をはじめ
あなたの治療に役立つ情報を
いち早くあなたにお届けします!

「youtubeだけの限定動画」を配信中!
チャンネル登録はこちら


*ここをクリックして、次の画面の右側「チャンネル登録」ボタンを押してください。

ー【整体院 喜流】Facebookページー

メルマガでは配信されていない「腰痛改善の秘密」を
Facebook限定でウェブで見ることができます。
フォローはこちらから

Facebookに「いいね」はお気軽に♫

The following two tabs change content below.
林 隆生

林 隆生

「整体院 喜流」院長  好きなもの:スポーツ(野球)、読書、筋トレ、森林浴や温泉、厚生労働省 理学療法士 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    PAGE TOP