営業部長の腰痛事情

この記事の所要時間: 618

営業部長の腰痛事情(腰痛関連、埼玉県さいたま市大宮区の整体院 喜流)

腰痛、施術

From  埼玉県さいたま市
大宮区 喜流 デスクより

 

喜流 院長 林です。

腰痛、営業

営業は大変な職種です。

 

外回りが多い仕事なので
体力も要りますし、
ノルマを課せられる
プレッシャーや、

 

得意先との対応の気遣いなど、
精神的にもきびしい仕事と
思われます。

 

しかし、それでも、営業職に
やりがいを感じ、喜びを
感じながら働いている
営業マンはたくさんいます。

 

今回紹介するAさんも
埼玉県内、東北各地、
東海へ営業を行っている。

 

Aさんにお話をお伺いした
ところ営業の醍醐味は、
新規顧客の獲得や
自社製品を勧めて
お客様に感謝される時が
とてつもなく嬉しいという。

 

そんな営業をバリバリする
Aさんにも悩みがある。

 

それは、今から8年前に
始まった慢性腰痛の苦しみ
である。

 

営業の仕事の大半は、
車での移動、商談、
事務作業などとにかく
座ることが多いのである。

 

また、取引先のお客さんと
お酒の付き合いも内臓に
負担をかけ慢性腰痛を
助長している。

1日6時間以上座る悪影響


腰痛、運転

Aさんは48歳、2児のパパ、
やや太めである。以前は、
自衛官をしており、厳しい
規律の中で生活をしていた。

 

厳しい環境は、Aさんを成長させ、
今現在も礼儀や人間関係の
作り方を仕事に活かせている。

 

東北、東海地区に営業へ行く
際は、必ず取引先の会社と
飲みニケーションをするため、
最近はお腹が出てきている。

 

Aさんの腰痛で最もしんどい時は、
車の運転だという。Aさんの車での
姿勢は、体がやや丸まり、足は
ガニ股となり、一見楽そうな
姿勢に見える。

 

しかし、実際は骨盤後傾
(後ろに倒れる)による、
腰への負担と股関節周囲の
筋肉の短縮が日々、腰痛を
悪化させていた。

 

Aさんは、慢性腰痛と同時に
頑固な肩コリもあるのが
特徴でした。

 

肩コリの原因の一つは、
1日3時間程度の
運転時にありました。

 

運転は座っているだけでも
体への負担は大きいですが、

 

運転時には周りの状況に
気を配り、安全運転を
心がけるため、目の疲労も
伴います。

 

目の動きは、首の動きと
関連があるため、目の疲労は
首の筋肉をカチカチに
硬くさせます。

 

首のコリは肩コリに、
つながり、筋膜のつながりで
腰にも連結を持つため、
慢性腰痛の原因の一つでした。

 

その他にも、取引先で座り、
会社に帰ってからも書類作成
などのデスクワークがあるため、

 

Aさんは一日6時間以上座り、
腰痛が慢性化して悪化するのも
理解できる。

営業部長は夜も辛い

Aさんは人付き合いを

腰痛、営業手段

大切にされているため、
取引先の方々と飲むことが
多いとのことです。

 

年齢とともに、体力、筋力、
内臓機能も低下傾向に
あります。

 

そのため、飲みニケーションの
回数が増えれば、内臓(特に
肝臓)への負担は増します。

 

肝臓は、解毒作用による
アルコール分解を
余儀なくされ、過剰に
働くことになります。

 

肝臓の負担は腰痛の
原因となります。

 

肝臓の負担が増すことで、
肝臓は本来の位置より、
下垂します。

 

下垂することで、
約1.2kgある肝臓は
(肝臓の下にある)横隔膜に
負担をかけます。

 

横隔膜は「大腰筋」と呼ばれる、
腰痛などの腰の症状に関連が
深い筋肉と繋がりがあります。
腰痛、横隔膜

そのため、横隔膜や大腰筋は
過剰な負担を余儀なくされ、
筋疲労を起こし、筋肉が
カチカチに硬くなり、
慢性腰痛に発展するのです。

まとめ


営業マンの実情は、精神的にも

肉体的にもとてもハードな
お仕事です。

 

Aさんの場合、車の運転の
姿勢、体重、食生活(お酒の量)
などの生活習慣が今回の
慢性腰痛を引き起こしたものと
考えられました。

 

そのため、筋肉、関節への
アプローチと内臓治療を行い、
段階的に回復しています。

 

しかし、これを機に生活習慣を
変えていただくことも必要と
説明しました。

 

今の生活習慣を続けることで、
再度、腰痛やその他の症状を
引き起こすからです。

 

Aさんと同じような経験を
されている方は、座る姿勢や
内臓が問題となり、腰痛を
起こしているかもしれません。

 

まずは、座る姿勢や食生活を
注意してみるのは
いかがでしょうか。

 

【推奨】猫背の方に伸ばして欲しい部位
↓   ↓   ↓

本日もブログをご覧になって頂き、
ありがとうございましたm(_ _)m

 

また明日もお待ちしております^ ^

−林 隆生

ー【整体院 喜流】ホームページー
『我慢していませんか?』
腰痛、坐骨神経痛などの「痛み」や体の「不調」、
「しゃがんで靴下をはくときに腰が痛い」
「食器棚に手を伸ばすときに肩が痛い」
「最近、手足の冷えが増えてきた」など
そんなお悩みがありませんか。

 

日本古来の徒手技術と
生活・運動指導を軸に
あなたの体のお悩みを
解決する支援をします。

 

理学療法士の資格を持ち、
独自の検査法から「痛み」の
原因を見つけるのが得意です。

お気軽にHPをご覧ください♫

ー【整体院 喜流】Youtube チャンネルー

セルケア法や腰痛や坐骨神経痛の原因をはじめ
あなたの治療に役立つ情報を
いち早くあなたにお届けします!

「youtubeだけの限定動画」を配信中!
チャンネル登録はこちら


*ここをクリックして、次の画面の右側「チャンネル登録」ボタンを押してください。

ー【整体院 喜流】Facebookページー

メルマガでは配信されていない「腰痛改善の秘密」を
Facebook限定でウェブで見ることができます。
フォローはこちらから

Facebookに「いいね」はお気軽に♫

The following two tabs change content below.
林 隆生
さいたま市、川越市、蓮田市、都内を中心に坐骨神経痛・脊柱管狭窄症で悩む方が訪れる【慢性腰痛専門】整体院 喜龍 院長の林 隆生。8年間理学療法士として、病院勤務、その後、独立開業。多種の勤務経験から、慢性の痛み、不調の根本原因は「血流」「筋肉のシコリ」であることにたどり着き、日本古来の血液循環療法を習得。その他、症状により筋膜リリース法や腹部治療なども取り入れる。<お問い合わせ・ご相談はコチラ>

林 隆生

最新記事 by 林 隆生 (全て見る)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    PAGE TOP