右手首が原因となる腰痛

この記事の所要時間: 433

右手首が原因となる腰痛(腰痛関連、埼玉県さいたま市大宮区の整体院 喜流)

腰痛、施術

From  埼玉県さいたま市
大宮区 喜流 デスクより

 

喜流 院長 林です。

腰痛、坐骨神経痛、接客

飲食店に行き、オーダーをすると
料理や飲み物が運ばれる。

 

好きなものや食べたいものが、
目の前のテーブルに広がると、
それだけで心が満たされる。

 

料理を運んでくれる人も、
その料理の醍醐味を簡単に
説明して頂けると、より
美味しく食べられます。

 

今日は、配膳のお仕事を
されている、Sさんの腰痛の
原因を説明させて頂きます。

右手首の腱鞘炎からくる腰痛


腰痛、坐骨神経痛、接客業

配膳の仕事は、料理や飲み物を
運ぶ、テーブルを綺麗にする、
食器を洗う、フロアの掃除をする
など

 

長年この仕事をされている
Sさんは、何回も手首の
腱鞘炎に悩まされました。

 

特に大変なことは、飲み物を
運ぶ時や両手で重い料理を
運ぶときに手がズキンと
痛くなるという。

 

手が痛くなると体が全体的に
こわばり、特に腰や肩周りの
筋肉の緊張が強くなるようで、
以前から違和感があったという。

 

この違和感は、筋膜のつながり
から見ると手の痛みが腰痛や肩に
現れることは、一致するところが
あります。

 

右手首(特に親指付近)の痛みが、
強いSさんは、力こぶのある筋肉
(上腕二頭筋)、胸の筋肉(小胸筋)、
横隔膜、腸腰筋と呼ばれる筋肉も
同時に硬くなっておりました。

 

腰痛、坐骨神経痛、筋膜


体の前側の筋肉が硬く短くなるため、

筋肉が引っ張り、前かがみ(猫背)に
なります。

 

この状態が続くことで、腰や
肩の負担は増し、さらに、
右手首の痛みが出ることで、
体全体が硬くなるので、
余計に腰痛を悪化させる
原因となりました。

料理をテーブルに出すときの腰痛の辛さ


腰痛、坐骨神経痛、提供

料理や飲み物をテーブルに
置く際は、お客様の間から、
体を前に屈め、捻り、手を
伸ばします。

 

この動作は、体全体が不安定に
なるため筋力を必要とします。

 

さらに、飲み物や料理などの
重量があるため、腰への負担は
大きくなります。

 

配膳の仕事は、ほぼこの動作が
伴うため、腰痛や坐骨神経痛を
起こしやすい環境にあります。

 

そのため、料理を提供する際は、
可能な限りテーブルに近づく
ことや腰を捻らないこと、
丹田に力を入れることを
指導させて頂きました。

まとめ


Sさんのような配膳の仕事は、

体をかがめ、ねじる動作が
入ることや重いものを手で
支えることが多いため、
腰痛や手の症状が多く出る
職業になります。

 

そのため、当院では、
今回の腰痛の原因と
なっている腱鞘炎に対してや
股関節、骨盤の治療を
することで症状は和らいで
おります。

 

また、職種の関係上、中腰
作業が多く、今後必要と
なるのは、腰の負担の
かからない動作を身につけ
ていくことになります。

 

これもしっかり指導させて
頂くので腰痛改善に役立つと
思います。

 

【推奨】腹筋運動をするならこの運動

本日もブログをご覧になって頂き、
ありがとうございましたm(_ _)m

 

また明日もお待ちしております^ ^

−林 隆生

ー【整体院 喜流】ホームページー
『我慢していませんか?』
腰痛、坐骨神経痛などの「痛み」や体の「不調」、
「しゃがんで靴下をはくときに腰が痛い」
「食器棚に手を伸ばすときに肩が痛い」
「最近、手足の冷えが増えてきた」など
そんなお悩みがありませんか。

 

日本古来の徒手技術と
生活・運動指導を軸に
あなたの体のお悩みを
解決する支援をします。

 

理学療法士の資格を持ち、
独自の検査法から「痛み」の
原因を見つけるのが得意です。

お気軽にHPをご覧ください♫

ー【整体院 喜流】Youtube チャンネルー

セルケア法や腰痛や坐骨神経痛の原因をはじめ
あなたの治療に役立つ情報を
いち早くあなたにお届けします!

「youtubeだけの限定動画」を配信中!
チャンネル登録はこちら


*ここをクリックして、次の画面の右側「チャンネル登録」ボタンを押してください。

ー【整体院 喜流】Facebookページー

メルマガでは配信されていない「腰痛改善の秘密」を
Facebook限定でウェブで見ることができます。
フォローはこちらから

Facebookに「いいね」はお気軽に♫

The following two tabs change content below.
林 隆生

林 隆生

「整体院 喜流」院長  好きなもの:スポーツ(野球)、読書、筋トレ、森林浴や温泉、厚生労働省 理学療法士 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    PAGE TOP