肺(呼吸)と腰痛との関連とは?

この記事の所要時間: 624

肺(呼吸)と腰痛との関連とは?(腰痛関連、埼玉県さいたま市大宮区の整体院 喜流)

From  埼玉県さいたま市
大宮区 喜流 デスクより

 

 

喜流 院長 林です。

 

 

 

 

私がまだ小さい頃、
こんな遊びをお風呂の
中でしていました。

 

 

それは、お湯の中に頭まで
浸かり、何秒間息を止めて
頑張れるのか。

 

 

特に何を得られるという
ものではありませんが、
一つだけ得られるものが
ありました。

 

 

それは、呼吸をすることの
大事さです。その頃は、遊び
としてやってましたが、後々、
体の勉強をするにつれて、
より実感しました。

 

 

そもそも、1日にする呼吸数を
あなたはご存知でしょうか?

 

① 約5000回
② 約20000回
③ 約35000回

 

 

答えは②になります。

 

1分あたりに15回。
1時間(15×60)に900回
1日に(900×24)21600回に
なります。

 

 

これだけの機能をしている
肺の存在って気になりませんか?

 

 

肺の特徴と役割とは?

 

 

 

 

肺は心臓と同様に、肋骨の
内側にあり、いくつもの
枝分かれした気管支の先に
ある「肺胞」によって
構成されます。

 

 

肺胞には毛細血管があり、
私たちに必要不可欠な
酸素を取り入れて、二酸化炭素を
排出する役割があります。

 

 

 

 

大人の肺胞は、なんと
6〜8億個とされており、
肺胞を広げると、
テニスコート1面と
ほぼ同じ大きさになります。

 

 

肺は肋骨に取り囲まれて
いますが、その後ろには
肩甲骨、下には横隔膜が
あります。

 

 

そのため、健康な状態で
あれば、肺は比較的、
体に対して真っ直ぐの
位置となります。

 

 

しかし、肺が弱くなると、
前かがみとなり、肋骨間も
狭まり、猫背になります。

 

 

その状態が続くと、
筋肉も硬直してしまうので、
肺や心臓に負担をかけ、
呼吸や循環に悪循環を
及ぼします。

 

 

前かがみの状態になると肺の
下にある横隔膜も硬く
なります。

 

 

腰の筋肉の大腰筋も硬くなり、
腰痛や坐骨神経痛に
注意しなければなりません。

 

 

肺の状態を改善するためには?

 

 

 

 

肺は肋骨に囲まれている
ため、肋骨周囲の筋肉の
緊張を取ることや肩甲骨の
動きを出すことが重要です。

 

 

まず、姿勢を改善する
ことから始めてみましょう。

 

 

猫背の方は、肺の活動の
スペースを狭めたり、横隔膜
などの緊張を高めるので、
適度に顎を引き背筋を
伸ばすように意識すると
良いでしょう。

 

 

また、汗をかくような
習慣を作ることが
重要です。

 

 

というのも、汗をかくことで、
毛穴や汗腺に詰まった老廃物や
代謝物を外部に洗い流す効果が
あります。

 

 

その汗が出ないことで、
老廃物や代謝物が詰まり、
皮膚呼吸することが
できなくなります。

 

 

毛穴や汗腺が綺麗な状態に
なれば汗が出やすくなり、
皮膚呼吸できる状態となり、
肺の呼吸を助けてくれます。

 

 

すると、肺の負担は減り
機能を高めてくれるのです。

 

 

そのため、汗を流す
運動を取り入れることが
重要なのです。地味ですが、
コツコツやれば体は必ず
変わります。

 

 

では、サウナや長時間の入浴で
簡単に汗を流せば良いのではと
思いますよね。

 

 

この方法ですと、体温を
上昇させたり、血流状態が
変わるので、内臓自体の
疲労を招く結果になり、
良くないのです。

 

 

豆知識として、お風呂に
入ると、体の表面に気泡が
つきますよね。

 

 

あれは、体が温まり、
毛穴が開き、中に溜まった
空気が出ているのです。

 

 

つまり、皮膚呼吸をしている
証拠なんです。

 

 

小さなことに見ますが、
汗を流して皮膚呼吸できた方が、
肺にとっては楽なようです。

 

 

まとめ

 

 

 

肋骨に囲まれている肺は、
姿勢(前屈み)による影響により、
肺に負担をかけ続けます。

 

 

肺は、酸素を身体中に巡らせ、
二酸化炭素を吐き出す重要な
役割を担っています。

 

 

肺の疲労が蓄積すれば、
筋肉の栄養となる酸素が
不足することや逆に毒素である
二酸化炭素を貯めることに
なります。

 

 

つまり、筋肉が硬くなり、
関節の柔軟性が失われ、
腰痛、坐骨神経痛、肩痛、
ひざ痛などの痛みが
出やすい体になって
しまうのです。

 

 

【調整】肩甲骨周りを緩めるリセット体操
↓   ↓   ↓

 

 

本日もブログをご覧になって頂き、
ありがとうございましたm(_ _)m

 

−林 隆生

 

ー【整体院 喜流】ホームページー
『我慢していませんか?』

 

腰痛、坐骨神経痛などの「痛み」や体の「不調」、「しゃがんで靴下をはくときに腰が痛い」「食器棚に手を伸ばすときに肩が痛い」「最近、手足の冷えが増えてきた」などそんなお悩みがありましたらこちらから

↓ ↓

 

ー【整体院 喜流】Youtubeチャンネルー

セルケア法や腰痛や坐骨神経痛の原因をはじめ
あなたの治療に役立つ情報を
いち早くあなたにお届けします!

 

「youtubeだけの限定動画」を配信中!
チャンネル登録はこちら


 

*ここをクリックして、次の画面の右側「チャンネル登録」ボタンを押してください。

 

ー【整体院 喜流】Facebookページー

 

Facebookからもブログをご覧頂けます。
フォローはこちらから


Facebookに「いいね」はお気軽に♫

The following two tabs change content below.
林 隆生

林 隆生

「整体院 喜流」院長  好きなもの:スポーツ(野球)、読書、筋トレ、森林浴や温泉、厚生労働省 理学療法士 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    PAGE TOP