貧血と腰痛との関連とは?

この記事の所要時間: 550

貧血と腰痛との関連とは?(腰痛関連、埼玉県さいたま市大宮区の整体院 喜流)

 

 

From  埼玉県さいたま市
大宮区 喜流 デスクより

 

 

喜流 院長 林です。

 

 

 

 

今年の冬は乾燥と気温が
低いため、体調を崩して
いる方が少なくありません。

 

 

特に乾燥はウィルスを
蔓延するので、交通機関を
利用する方、公共の場に
いく方、室内で仕事を
している方は風邪や
インフルエンザに注意が
必要です。

 

 

風邪やインフルエンザなどの
ウィルスや細菌に感染しない
ためにも、体の免疫力を高める
ことが必要になります。

 

 

その免疫力と関係のある
臓器が「脾臓」になります。

 

 

脾臓の役割と特徴とは?

 

 

 

 

脾臓は、全身を巡るリンパ系の
臓器としていますが、その働き
である免疫力・抵抗力から
深く密接に関連していると
されています。

 

 

ウィルスなど病原体と
接触した細胞の情報元に
抗体を作り出すための
器官ではないかと言われて
おります。

 

 

また、余分な血液を貯蔵し、
古くなった赤血球(血液の中で
酸素を運ぶ役割)を破壊する
ことで血液の総量を調節している
臓器でもあります。

 

 

こんな経験ありませんか?

 

 

食後1時間、経たないうちに、
運動を始めたり、走り出すと、
左脇腹が痛くなった経験は
ないでしょうか。

 

 

これは、食べ物を消化する
ために胃腸などに血液を
供給させていたものが、
急激な運動により筋肉に
血流(酸素を含む)を
回せと脳から指令がきます。

 

 

すると、血を貯めている
脾臓は、忙しく血液を筋肉に
送りだし、さらに筋肉へ
酸素を運ぶために
赤血球をたくさん作ります。

 

 

この作用が脾臓に負担を
与えるため、左脇腹に
痛みを感じるのです。

 

 

貧血と腰痛との関連とは?

 

 

 

 

 貧血とは体内の鉄分
(ヘモグロビン)が
不足することで起きる
めまいやふらつきになります。

 

 

貧血は女性に多く、月経などの
出血やダイエットによる
ホルモンバランスの
乱れが原因とされています。

 

 

貧血が起こると、体内の
酸素が減り、筋肉の
酸素量も減ります。

 

 

筋肉が活動するためには
十分な酸素を必要とする
ため、酸素不足になると、
筋肉が硬くなり、腰痛、
坐骨神経痛や肩こりなどの
痛みの原因となるのです。

 

 

さらに、体内に酸素が
減ることで、酸素を増やそうと
呼吸数を上げるため、
深い呼吸ができなくなります。

 

 

浅い呼吸は、交感神経を
優位にさせて、血流も
悪くさせるため、冷え性や
腰痛などの痛みに関連する
という悪循環になるのです。

 

 

つまり、脾臓の調子が良く
ないと、酸素を運ぶ赤血球を
十分に作り出すことが
できないため、筋肉を
硬くさせ、痛みの原因に
つながります。

 

 

脾臓の不調は、胸椎7番周囲を
硬くさせるため、肩甲骨の
動きも悪くなり、肩こりや
首こりにも繋がります。

 

 

肩甲骨は骨盤との連携もあるため、
この状態を放置することで、
腰痛、坐骨神経痛を伴う場合も
あるので注意が必要です。

 

 

まとめ

 

 

脾臓は体をウィルスから守る
免疫に深い関連があり、
血液を作り出す臓器に
なります。

 

 

脾臓は貧血との関連があり、
疲労がたまると、赤血球を
作れないため、筋肉を硬く
させます。

 

 

これが腰痛、坐骨神経痛、
肩こり、ひざ痛などの痛みに
繋がります。

 

 

東洋医学では、「唇」の
状態で調子の良し悪しが
わかるといいます。

 

 

唇が切れたり、腫れたり、
色艶が悪い時は脾臓の状態が
良くない時です。

 

 

脾臓に嬉しい食べ物は
「黄色い食べ物」に
なります。例えば、、、

 

 

かぼちゃ、栗、生姜、
とうもろこし、大豆、
バナナ、里芋などが
オススメです。

 

 

また、体のメンテナンス
方法も以下でお伝えします。

 

 

【効く】肩甲骨スッキリ体操
↓   ↓   ↓

 

 

本日もブログをご覧になって頂き、
ありがとうございましたm(_ _)m

 

−林 隆生

 

ー【整体院 喜流】ホームページー
『我慢していませんか?』

 

腰痛、坐骨神経痛などの「痛み」や体の「不調」、「しゃがんで靴下をはくときに腰が痛い」「食器棚に手を伸ばすときに肩が痛い」「最近、手足の冷えが増えてきた」などそんなお悩みがありましたらこちらから

↓ ↓

 

ー【整体院 喜流】Youtubeチャンネルー

セルケア法や腰痛や坐骨神経痛の原因をはじめ
あなたの治療に役立つ情報を
いち早くあなたにお届けします!

 

「youtubeだけの限定動画」を配信中!
チャンネル登録はこちら


 

*ここをクリックして、次の画面の右側「チャンネル登録」ボタンを押してください。

 

ー【整体院 喜流】Facebookページー

 

Facebookからもブログをご覧頂けます。
フォローはこちらから


Facebookに「いいね」はお気軽に♫

The following two tabs change content below.
林 隆生
さいたま市、川越市、蓮田市、都内を中心に坐骨神経痛・脊柱管狭窄症で悩む方が訪れる【慢性腰痛専門】整体院 喜龍 院長の林 隆生。8年間理学療法士として、病院勤務、その後、独立開業。多種の勤務経験から、慢性の痛み、不調の根本原因は「血流」「筋肉のシコリ」であることにたどり着き、日本古来の血液循環療法を習得。その他、症状により筋膜リリース法や腹部治療なども取り入れる。<お問い合わせ・ご相談はコチラ>

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP