【肥満と腰痛】「ヤバい」お腹が出て、腰も痛い、、、

この記事の所要時間: 555

【肥満と腰痛】「ヤバい」お腹が出て、腰も痛い、、、(埼玉県さいたま市大宮区の整体院 喜流)

 

 

 

 

From  埼玉県さいたま市
大宮区 喜流 デスクより

 

 

喜流 院長 林です。

 

 

10代、20代とスリムだったのに、
ここ最近「ポッコリ」お腹が
出てきたな〜。体も動きづらいし、
関節が痛むときもあるし、、、

 

 

お腹が出て、肥満になると体に
負担がかかるとは知っているけど、
「体にどんな影響があるのかな?」と
思うものです。

 

 

肥満になると、外面的なことでは、
体の歪み、関節の負担などによる
腰痛、坐骨神経痛、ヒザ痛、肩痛
など

 

 

内面的なものになると、血液
ドロドロによる高血圧、
高脂血症、動脈硬化や
心疾患、脳疾患などのリスクを
高めます。

 

 

でも、生活も忙しいし、毎日
運動をすることも大変だし、
楽して痩せるのに良い方法は
ないのかな。

 

 

と、ついつい妄想をしませんか。
 

 

 

肥満になると体が歪む

 

 

10代は学校に行き、運動する
機会があり、運動の「好き」
「嫌い」に関係なく体を
動かしたものです。

 

 

体を動かす機会があれば、
筋肉を使うので、代謝も良くなり、
脂肪も燃焼します。

 

 

しかし、20歳を過ぎ、体を動かす
機会が減ります。

 

 

さらに年齢と共に、基礎代謝
(脂肪を燃焼を助ける)が減ると
太りやすい環境を作ります。
 

 
また、10代20代は食事を取っても、
基礎代謝で脂肪を燃焼できましたが、
30代を過ぎて、10代20代と同じ量の
食事をしていれば、間違いなく
太っていくのです。

 

 

肥満になることは、筋肉ではなく、
脂肪をつけることになります。

 

 

例えば、お腹に「ポッコリ」ついた
脂肪は、重みとなり徐々に、
背骨を反らす方向へ働きます。
 

 
本来背骨はバランスのとれた
S字カーブを描きますが、肥満に
なることでS字カーブは歪みます。

 

 

また、脂肪が多いことから
関節や靭帯を保護する筋肉も
衰え、腰痛、椎間板ヘルニア、
坐骨神経痛、ヒザ痛などの症状を
起こすリスクを高めるのです。

 

 

また、肥満により歪んだ体は、
内臓を押し潰し、圧迫するため、
血液循環、消化、排泄などの
内臓本来の機能を弱めるのです。

 

 

血液の循環が悪くなれば、
筋肉、関節、神経などに
栄養を十分に供給できません。

 

 

そのため、さらに体の不調を
引き起こすリスクを高めるのです。
 

まとめ

 
つまり、肥満は体の歪みを作り、
体の不調を作る源になるのです。

 

 

巷では、30秒〇〇ダイエット、
1週間で−5kg、これだけ食べれば
痩せるなど謳い文句は立派です。

 

 

しかし、よ〜くよ〜く、
もう一回「よ〜く」ひつこいか(笑)
考えて下さい。

 

 

あるダイエット方法が
成功して多くの人が痩せることに
成功していたら、今でも
「定番」のダイエット法に
なっていると思いませんか。

 

 

でも、そんなダイエット方法は
未だ見たことがないのは僕だけ
でしょうか。

 

 

つまり、「短期間で痩せる」、
「これだけ食べれば痩せる」
などの謳い文句にあなたは、
もう引っ掛からないで下さい。

 

 

大切なことは、自分と向き合い、
少しづつ生活習慣を変えることです。

 

 

例えば、夜遅い時間に揚げ物や
丼物などの消化が悪いものをとって
いるなら夜は野菜をとり炭水化物を
とらない。など

 

 

今まで運動をしなくて「ポッコリ」
お腹が出てきたなら、週に2回
ウォーキングをするなど

 

 

少しづつで良いんです。

 

 

人間の体は、急激に体を変えても、
同じ生活に戻れば、必ず元に戻ります。

 

 

それが、ダイエットでいう、
「リバウンド」にあたります。

 

 

だから、ゆっくり確実に、
少しづつで良いんです。
1ヶ月で痩せるではなくて、
1年で痩せるはどうでしょうか。

 

 

話が長くなりましたが、
体重が増えると体を歪ませ、
関節や靭帯に負担をかけ
腰痛、坐骨神経痛、ヒザ痛などの
痛みを作ります。

 

 

そのため、焦らずゆっくり
体を絞っていくことが
あなたの今後の生活を
変えていくと思いますよ。

 

 

動画はこちらから
↓   ↓   ↓
 

 

 

本日もブログをご覧になって頂き、
ありがとうございましたm(_ _)m

 

−林 隆生

 

ー【整体院 喜流】ホームページー
『我慢していませんか?』

 

腰痛、坐骨神経痛などの「痛み」や体の「不調」、「しゃがんで靴下をはくときに腰が痛い」「食器棚に手を伸ばすときに肩が痛い」「最近、手足の冷えが増えてきた」などそんなお悩みがありましたらこちらから

↓ ↓

 

ー【整体院 喜流】Youtubeチャンネルー

セルケア法や腰痛や坐骨神経痛の原因をはじめ
あなたの治療に役立つ情報を
いち早くあなたにお届けします!

 

「youtubeだけの限定動画」を配信中!
チャンネル登録はこちら


 

*ここをクリックして、次の画面の右側「チャンネル登録」ボタンを押してください。

 

ー【整体院 喜流】Facebookページー

 

Facebookからもブログをご覧頂けます。
フォローはこちらから


Facebookに「いいね」はお気軽に♫

The following two tabs change content below.
林 隆生
さいたま市、川越市、蓮田市、都内を中心に坐骨神経痛・脊柱管狭窄症で悩む方が訪れる【慢性腰痛専門】整体院 喜龍 院長の林 隆生。8年間理学療法士として、病院勤務、その後、独立開業。多種の勤務経験から、慢性の痛み、不調の根本原因は「血流」「筋肉のシコリ」であることにたどり着き、日本古来の血液循環療法を習得。その他、症状により筋膜リリース法や腹部治療なども取り入れる。<お問い合わせ・ご相談はコチラ>

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP