お水のちょっとした秘話(腰痛関連)

この記事の所要時間: 717

お水のちょっとした秘話(腰痛関連)



From  埼玉県さいたま市
大宮区 喜流 デスクより

 

 

喜流 院長 林です。

 

 

あなたは水分と聞くと、
どのような飲み物を
思い浮かべるでしょうか。

 

 

麦茶、緑茶、スポーツドリンク、
コーヒー、水、色々ありますよね。

 

 

そして、1日にどの程度
水分を取っていますか。

 

 

だいたい、「1L」とか
ペットボトル2本くらいとか、
これまた人それぞれですよね。

 

 

体の60%は水で成り立ち、
血液の90%も水で成り立って
います。

 

 

また、椎間板(背骨と背骨の間にある
クッション)の75%は水となり、
残り25%が線維で成り立っています。
 

 
そのため、体内の水分量が減ると、
椎間板(骨と骨の間のクッション)の
水分も減るため、腰痛になりやすい
環境を作ります。

 

 

また、血流状態も悪くなるので、
痛み物質などの老廃物や疲労物質も
流れづらくなるため、腰痛や体の不調に
つながります。

 

 

これらのことから、人間や動物に
取って「水」は必要不可欠なのは
ご理解いただけると思います。

 

 

動物は、お腹を下すと物を食べずに
「水」だけを取ります。犬や猫などの
動物を飼っている方は
お分かりだと思います。

 

 

動物は、お腹の調子が悪いと、
胃腸の働きを良くするために、
物を食べずに内臓を休め、
必要最低限の「水」だけを
取るのです。

 

 

これは、動物が「自然治癒力」という
究極の回復力を本能的に知っている
からなんです。

 

 

ただ、「水」だけではありません。
その後、ひたすら寝る。本当に
これだけなんです。

 

 

このループを回復するまで
繰り返すだけなんですよ。

 

 

つまり、水は人間や動物にとって
欠かしてはいけない栄養であり、
重要な働きを持っているのです。
 

 

F. Batmangheliji(医学博士)は言う、
コーヒー、紅茶(お茶類など)、
コーラは、腎臓に強い利尿作用を
起こす水不足の因子である。
 
また、水の代わりにカフェインを
取りすぎることで、注意散漫や
慢性疲労を起こす一因となっている。と
警告を促している。

 
ちなみに僕は、毎日「2,5L」の
水(ミネラルウォーター)を
飲みます。

 

 

これには、いくつかの理由があります。
 

腸の働きが良くなる 

 
「腸内環境を整えましょう」と
よく言いますが、腸の活動を作用
高めるには水が必要なんです。
 

 
水を飲むことで、「モチリン」と
呼ばれるホルモンが腸から
分泌されます。

 

 

モチリンは腸のリズミカルな
収縮を促し、消化を助ける働きが
あるのです。
 

基礎代謝と基礎体温を上げる

 

 
水を飲むと、水が体温より低い
ため、体温が一時的に下がります。

 

 

体温が下がると、体は体温を
上げようとエネルギーを消費
します。こうして、基礎代謝は
上がります。

 

 

体中を駆け巡る老廃物を回収する
働きのある血液やリンパ液。

 

 

それらの成分の大半は水で
できています。

 

 

水が不足すると、水分以外の
成分が濃縮され濃くなり、
血液はドロドロになり、
流れが悪くなります。

 

 

そのため、血液やリンパ液の
中にある老廃物も流れなくなり、
内臓機能も低下し、基礎代謝を
下げてしまします。

 

 

つまり、「水」を飲み、
血液の流れを良くすることで、
老廃物を流し、内臓機能も
高まるので基礎代謝が
上がってくるのです。

 

 

基礎代謝が上がることで、
免疫力が高まり、
血流が良くなり、
細胞が活性化され、
全身に酸素や栄養が行き渡ることで
体温が上がるのです。

 

 

ただ、水をガバガバ飲めば良い
わけではありません。
 

水はどのくらい飲めば良いの?

 
人間の体は、成人で何いもしない
状態でも、一日2.3Lの水分が
汗や尿・便から排泄されます。

 

 

そのため、最低でもこの量の水を
飲むことが求められます。

 

 

しかし、食事からも水は摂取できる
ので、以下にだいたいの水の摂取量を
記載します。

 

 

水の飲む目安は、35ml×体重(kg)に
なります。

 

 

例えば60kgの人であれば、約2.1Lの
水を飲むことが良いという計算になります。

 

 

これに付け加えて、塩分もある程度
摂取すると体には良いと言われています。

 

 

これも、過剰に取るのではなく、
ほどほどが良いですよ。目安は、
6g程度がいいようです。
 

まとめ

 
「水」は、健康には欠かせない
ですが、度を過ぎると「毒」に
なります。

 

 

全てのことにおいて、それだけ
「飲めば」、それだけ「食べれば」
という極端な考え方ではなく、
バランスよく摂ることを
心がけましょう。

 

 

そのため、「水」だけではなく、
お茶やコーヒーを適度に
飲むことも大事ですよ。

 

 

また「水」を飲むときは、
キンキンに冷えた水は
良くありません。水を
飲むときは常温が良いですよ。

 

 

冷たい水は、腸内温度を下げる
ので、腸の働きを低下させ、
免疫力低下や消化機能低下を
招きます。

 

 

あなたも少しづつ「水」を
飲み、「便秘が解消された」
「体温が上がった」「疲れづらく
なった」などの体質が変わることを
実感できるでしょう。

 

 

細胞が生まれ変わるためには、
最低3ヶ月かかるので、「水」を
飲み始めるのであれば、3ヶ月は
徹底して飲むことをオススメします。

 

 

動画はこちら
↓   ↓   ↓
 

 

 

本日もブログをご覧になって頂き、
ありがとうございましたm(_ _)m

 

−林 隆生

 

ー【整体院 喜流】ホームページー
『我慢していませんか?』

 

腰痛、坐骨神経痛などの「痛み」や体の「不調」、「しゃがんで靴下をはくときに腰が痛い」「食器棚に手を伸ばすときに肩が痛い」「最近、手足の冷えが増えてきた」などそんなお悩みがありましたらこちらから

↓ ↓

 

ー【整体院 喜流】Youtubeチャンネルー

セルケア法や腰痛や坐骨神経痛の原因をはじめ
あなたの治療に役立つ情報を
いち早くあなたにお届けします!

 

「youtubeだけの限定動画」を配信中!
チャンネル登録はこちら


 

*ここをクリックして、次の画面の右側「チャンネル登録」ボタンを押してください。

 

ー【整体院 喜流】Facebookページー

 

Facebookからもブログをご覧頂けます。
フォローはこちらから


Facebookに「いいね」はお気軽に♫

The following two tabs change content below.
林 隆生
さいたま市、川越市、蓮田市の坐骨神経痛・脊柱管狭窄症で悩む方が訪れる【慢性腰痛専門】整体院 喜龍院長の林 隆生。8年間理学療法士として、病院勤務、その後、独立開業。多種の勤務経験から、慢性の痛み、不調の根本原因は「血流」「筋肉のシコリ」であることにたどり着き、日本古来の血液循環療法を習得。その他、症状により筋膜リリース法や腹部治療なども取り入れる。<お問い合わせ・ご相談はコチラ>

林 隆生

最新記事 by 林 隆生 (全て見る)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    PAGE TOP