冬のヒットメーカー「こたつ」に隠された腰痛の秘密とは

この記事の所要時間: 69

冬のヒットメーカー「こたつ」に隠された腰痛の秘密とは(埼玉県さいたま市大宮区の整体院 喜流)

From  埼玉県さいたま市  大宮区 喜流 デスクより

 

 

喜流 院長 林です。

 

 

 

 

こたつといえば、寒い季節に 連想される体を温める重要な ものですね。

 

 

最近、僕はこたつに入ることは なくなりましたが、昔は大晦日に 田舎に行くと必ずこたつに 入って家族で笑って年を 越したことを覚えています。

 

 

やっぱり、体が温まると 自然に笑顔が溢れ、 こたつの重宝さに気づきます。

 

 

一度こたつの中に入ると そこから抜けきれないくらい 温かくて気持ちが良いんですよね。

 

 

寒さが増すにつれ、 そろそろ、こたつを押入れから 出してみようかなと考える 季節でもあります。

 

 

こたつでみかんを食べ、 ゆっくりテレビを見て、 過ごす日もたまには 良いでしょうね。

 

 

さて、そんな寒い冬には 欠かせない「こたつ」のも 欠点があります。

 

 

それは、腰痛の原因に なることです。

 

 

こたつは姿勢を悪くする魔法をかける

 

 

こたつの種類は、一般的なこたつ、 掘りごたつ、リビングこたつなど 今では色々な形のものが出ています。

 

 

こたつは僕の中では、魔法を かけてくる道具です。

 

 

あなたも経験があると 思いますが、こたつに入ると 足を延ばしたくなりませんか。

 

 

足を延ばしたくなる魔法を かけるのです。

 

 

こたつに入るときは、 体を温めることも そうですが、足を 温めるために入りますよね。

 

 

もし違ってましたら、 無視してください(笑)

 

 

つまり、足を延ばした長座りの 状態であったり、あぐらをかいた 状態になると思います。

 

 

この状態は、骨盤を後ろに 倒すので背骨(腰椎)や 椎間板に過度の負担を かけます。

 

 

また、テーブルの上に 肘をついたり、姿勢が 悪いと気づきながらも あまりの温かさに気持ちが良く、 姿勢の修正を後回しに している場合もあるかと思います。

 

 

 

 

テーブルの上に肘を つく姿勢は、先ほどの長座り またはあぐらの状態からさらに 腰へ負担をかける姿勢になるので 腰痛を悪化させます。

 

 

このため、一般的なこたつの 腰痛のリスクを回避する方法は 「正座」または「お尻の下に2つ 折りの座布団を敷きあぐらをかく」 ことが望ましいです。

 

 

リビングタイプのものであれば、 椅子になるので、一般的なこたつ よりも腰への負担は減ります。

 

 

こたつは自律神経を狂わせ腰痛を起こす

 

 

 

 

こたつで寝ることは、自律神経を 乱します。

 

 

通常、睡眠時は、昼間と比べ 体温を下げる方に働くため、 副交感神経が優位になります。

 

 

しかし、こたつの中では、 上半身と下半身の温度が 明らかに違うため体温調節が うまくいきません。

 

 

1日2日であれば問題 ありませんが、何度も 同じような状況が続けば、 やがて自律神経は乱れ、 体温調節以外にも 血液の循環も悪くします。

 

 

ましてや、こたつは布団と 違いクッション性がない 床に近い状態になるので、 腰痛を起こしやすくなります。

 

 

また、こたつは体内を走る 血液を温めるので、体温が上昇 します。

 

 

さらに、体表面からも水分が 失われるので、脱水状態を 起こします。

 

 

これも、筋肉や靭帯に 栄養がいきづらくなる 原因になります。

 

 

また、体内の水分がたりなく なり、血液がドロドロに なるため、脳梗塞を引き起こす リスクがあるそうです。

 

 

そのため、こたつで寝転ぶと 体も温まり眠くなってしまうので、 こたつでは寝転ばないことが 体には最善だと思う 今日この頃です(笑)。

 

 

まとめ

 

 

寒い時期になるから、 体を温めてくれる 「こたつ」はとても 重宝されるものです。

 

 

しかし、こたつの使い方に は注意が必要です。

 

 

特にこたつを使う上で、 「座り方(長座り、あぐら)」 「こたつでの睡眠」「体温調節」 などには気をつけたほうが、 体には良いですね。

 

 

幼少の頃には、実家にも こたつがあったので、 何度も叩き起こされたのを 記憶してます(笑)。 v 冬に学校から帰ってきて、 冷えた体を温めようと、 こたつに入る10分経たない うちにzzz…..でしたね。

 

 

こたつで寝てしまうと、 腰周囲の硬さもそうですが お尻も同時に硬くなります。

 

 

その硬くなったお尻を 解消させるストレッチ方法を お伝えします。

 

 

【別法】お尻の筋肉を確実に伸ばす方法

↓   ↓   ↓

 

 

本日もブログをご覧になって頂き、
ありがとうございましたm(_ _)m

 

−林 隆生

 

ー【整体院 喜流】ホームページー
『我慢していませんか?』

 

腰痛、坐骨神経痛などの「痛み」や体の「不調」、「しゃがんで靴下をはくときに腰が痛い」「食器棚に手を伸ばすときに肩が痛い」「最近、手足の冷えが増えてきた」などそんなお悩みがありましたらこちらから

↓ ↓

 

ー【整体院 喜流】Youtubeチャンネルー

セルケア法や腰痛や坐骨神経痛の原因をはじめ
あなたの治療に役立つ情報を
いち早くあなたにお届けします!

 

「youtubeだけの限定動画」を配信中!
チャンネル登録はこちら


 

*ここをクリックして、次の画面の右側「チャンネル登録」ボタンを押してください。

 

ー【整体院 喜流】Facebookページー

 

Facebookからもブログをご覧頂けます。
フォローはこちらから


Facebookに「いいね」はお気軽に♫

The following two tabs change content below.
林 隆生

林 隆生

「整体院 喜流」院長  好きなもの:スポーツ(野球)、読書、筋トレ、森林浴や温泉、厚生労働省 理学療法士 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    PAGE TOP