『我慢していませんか?』

この記事の所要時間: 554

腰痛を改善するために必要なステップ(腰痛関連、埼玉県さいたま市大宮区の整体院 喜流)

From  埼玉県さいたま市
大宮区 喜流 デスクより
 

 

 

喜流 院長 林です。

 

 

 

 

想像してみて下さい。

 

 

埼玉県さいたま市にある「家」が取り壊されることになりました。

 

 

取り壊した家の土地に、新しく家を建てようという方はだれもいません。

 

 

誰も住む人がいないため、その土地は次第に雑草が生えてきます。

 

 

これが1年、5年、10年と経てば、雑草はさらにのび、荒れ果てた土地になることが想像できるでしょう。

 

 

 

 

あなたは、この土地をフル活用して地域の人が「うわ〜、キレイ」と喜ぶような花畑にしようと「種」を蒔くことにしました。

 

 

しかし、「種」を植えても、なかなか花になりません。イライラは募るばかり、、、一方、雑草はイキイキとこの土地をワガママ顔で独占していきます。

 

 

一体なぜあなたが思い描く、キレイな「花」が咲かないのでしょう?
 

 

「種」を植える前にすること

 

 

 

「種」を植える前にすることはなんでしょう?肥料を植える、水をあげる、土を変えるなど、、、いろいろ思いつくかと思います。

 

 

思い浮かべたものは、かならず必要になるものですが、まずやるべきことは、「雑草を取り除くこと」です。これなくして、キレイな花は咲きません。なぜなら、、、

 

雑草がある限り、種に栄養はいかずに生命力の強い雑草に栄養を摂られるからです

 

 

この状況をあなたの体に置き換えてみましょう。

 

 

ここで話しを分かりやすくするために、例えを使います。

 

 

種→あなた自身
根→骨盤、背骨、内臓の状態
雑草→生活習慣(姿勢、クセ、食生活など)
に例えます。

 

 

種を植え、根が張っても、雑草(生活習慣)が邪魔をすれば、いつまでたっても種はキレイな花になるまで成長しません。

 

 

この種が育たない状態を腰痛、坐骨神経痛などの「痛み」や体の「不調」がある状態と考えてください。

 

 

そのため、やるべきことは雑草(悪い生活習慣)を取り除き、種が根を張り、花を作るための準備をすることです。
 

 

雑草を取り除いたら次にすることは、栄養を与えることです

 

 

 

雑草を取り除き、栄養(土、水など)をあたえるからこそ、種はどんどん成長して、キレイな花を咲かせます。

 

 

土は「整体を受けること」、天地の恵み太陽や水は「ご自身でするセルフケア」と考えてください。

 

 

この土(整体)があるからこそ、種は根(背骨、骨盤、筋肉が整う)をしっかり張り、上に伸びることができるのです。

 

 

状態にもよりますが、種は太陽や水(セルフケア)を与えれば、成長する場合もありますよね。

 

 

しかし、注意しなければいけないことは、やたらむやみに、太陽や水(セルフケア)を与えると、かえって花は成長せずに萎れてしまう場合があります。これは、体でいう腰痛、坐骨神経痛などの悪化を意味します。

 

 

そのため、何度かセルフケアを試して、症状が変わらない、又は悪化しているようでしたら、土(整体)を考えることも選択肢の一つになるのです。

 

 

土の栄養は1種類では、ありません。その種(あなたの痛みの原因)に合わせて肥料を変えなければ、

 

 

 

 

いつまでも花(あなたのなりたい姿、痛みの改善など)を開花させるまでに時間がかかります。

 

 

そのため、土の栄養は当院では、『血液循環療法』をベースに、筋肉、関節、血液、内臓、頭蓋骨のアプローチを行い、あなたの腰痛、坐骨神経痛の「痛み」や体の「不調」の原因に合わせて栄養を与えていきます。

 

 

しかし、いくら土に栄養を与えても、その地を放置すれば、再び雑草(悪い習慣)は生え、土の栄養を取られてしまいます。

 

 

このため、悪い習慣(姿勢、動作、食生活、睡眠不足など)を断ち切るようにしなければ、土をよくしても、花を育つ環境を作れないのです。

 

まとめ

 

今回は花の成長過程を、体の状態と見合わせて、説明させて頂きました。

 

 

決してこの方法が、100%良いというわけでは、ありません。

 

 

なぜ、今回このテーマを題材にしたのかと言いますと。

 

 

最近、当院に新規で来院された数人の方がインターネット上にある動画やストレッチ法を試して、余計に悪化してしまったことや、

 

悪い生活習慣を変えずに、今の腰痛や坐骨神経痛の「痛み」や体の「不調」を
良くしようと考えていたからです。

 

 

その根本にあるものを、わかりやすく説明するためには、何かを例えにするとわかりますよね。

 

 

花畑は、荒れ果てた雑草が多いところでは上手く咲きませんよね。

 

 

まずは根をしっかり張るために、土(整体)や太陽、水(セルフケア)を適切に
与えることで、花は少しずつ成長するのです。

 

 

あとは雑草(悪い習慣)を除去していけば、必ず良い花が咲きます。

 

 

このように体の状況を理解することで、目的が明確になります。

 

 

目的が定まれば、あとは実行するだけなので、迷わずにすみます。

 

 

これを機に体のことを、大切にして頂ければ、嬉しいです。

 

 

本気で「慢性腰痛」を改善したいと思われる方は今すぐお電話下さい。

<電話番号をタッチすると電話が繋がります>

※施術中は電話に出られませんので、留守番電話お名前と電話番号をお願いいたします。必ず折り返しいたします。

The following two tabs change content below.
林 隆生
さいたま市、川越市、蓮田市、都内を中心に坐骨神経痛・脊柱管狭窄症で悩む方が訪れる【慢性腰痛専門】整体院 喜龍 院長の林 隆生。8年間理学療法士として、病院勤務、その後、独立開業。多種の勤務経験から、慢性の痛み、不調の根本原因は「血流」「筋肉のシコリ」であることにたどり着き、日本古来の血液循環療法を習得。その他、症状により筋膜リリース法や腹部治療なども取り入れる。<お問い合わせ・ご相談はコチラ>

林 隆生

最新記事 by 林 隆生 (全て見る)

PAGE TOP