腰椎すべり症

この記事の所要時間: 1150

 

あなたは腰椎すべり症でこんなお悩みはありませんか?

 

 

 

✅何をしてもお尻から足にかけての痛みが強く動けないのなら、、、

 

✅足のしびれや異常な感覚により足元がおぼつかないのなら、、、

 

✅5分歩くとお尻から足にかけ痛みがあるが、しゃがむと楽になるのなら、、、

 

✅10分も座っていると、お尻から足にかけて「ズキーン」と 痛くなり落ち着いて座っていられないのなら、、、

 

✅朝、歯磨きや洗顔するときの中腰がつらいのなら、、、

 

✅根本的な原因を見つけ施術を受けたいと思っているのなら、、、

 

 

このように悩んでいるのであれば、あなたにとって当院は
必ずお役に立てるはずです。

 

 

是非、このままゆっくり読み進めてください。もしそうでないなら、右上の×ボタンを押してページを閉じて下さい。

 

 

腰椎すべり症とはどのような状態ですか?

 

 

腰椎すべり症はその名のとおり、背骨の一つである腰椎にズレが生じ、何らかの原因で神経を圧迫し、お尻から足にかけてしびれや痛みを引き起こします。

 

 

日によって違いますが、歩いているときも足にしびれや痛みを起こし、少ししゃがんで休めば楽になるといった症状です。

 

 

学校の授業だったり、事務仕事、長時間の車の運転(タクシーの運転手さんとか、トラックの運転手さん)また、パソコンの前に座り続けることは、腰に良くないことは想像できるかと思います。座った姿勢は最も腰に負担のかかる姿勢なのです。

 

 

 

 

それに付け加えて、長時間の立ち仕事(家事や職業柄)というのは、徐々に腰に負担を蓄積していくものです。

 

 

「腰椎すべり症」の実態とは?

 

 

腰椎すべり症と診断されて悩んでいるのならばこの事実を知ってください

 

 

腰椎すべり症は、脊柱への過度な負担、日常生活での不良姿勢等々の要因から、若年代~ご高齢の方に多く発症するものと考えられています。

 

 

整形外科を受診してもしっかりと原因がわからないことも多々あります。

 

 

そう、腰椎すべり症は日常的に誤診されている可能性があるのです。

 

 

結局のところ腰椎すべり症の原因は現代の医学をもってしてもよくわかっていないのです。

 

 

この事実を聞き、まだその痛みは腰椎すべり症が原因だと思われますか?

 

 

当院では違う見方をしています。私の臨床経験では多く改善を認めた経験があります。

 

 

必要なのは適切に評価できることなのです!そのため腰椎すべり症による症状を以下の様に考えています。

 

 

【必見】意外な腰椎すべり症の事実

 

 

あなたの「腰椎すべり症の原因はほぼ腰にはありません」。

 

 

当院では、必ずカウンセリングと検査を行い、原因を絞って
整体を始めます。

 

 

腰椎すべり症の原因は腰にあることは少なく生活習慣(姿勢のクセ、反復動作など)の問題や昔の怪我の影響が関係している場合が大半です。

 

 

当院で実際にあった、お客様の実例をご紹介します。

 

 

11年前に左足首を捻挫して、それ以降慢性腰痛を発症、腰椎すべり症に悩まされる日々が続いた40代のAさん。

 

 

Aさんは、整体当初、昔の怪我(左足の捻挫)のことを話してくれず、今現在の腰周囲の状態を一生懸命に説明してくれました。

 

 

 

 

整体を2回受けた時点で、正直いい結果は得られませんでした。

 

 

何か他にも原因があると疑いました。Aさんにお話をお伺いしていると、「実は11年前に左足首を捻挫してさ、、、」という事実を知りました。

 

 

 

 

そこで、整体の方向性を変え、痛みの出てる腰ではなく原因のある左足首を施術しました。

 

 

Aさんの腰周囲の痛みは通院ごとに和らぎました。

 

 

そして、今では見事に腰椎すべり症を克服しました。

 

 

Aさんは、腰周囲の違和感を日常生活で感じることなく、爽快な気持ちで日常生活を送られています。

 

 

 

 

これはあくまで一例にすぎませんが、腰痛は「腰が痛い」から腰に原因があるのではありません

 

 

大事なことは、その原因を的確に探さなければ、いつまでたってもあなたのツライ腰椎すべり症は改善に向かいません。

 

 

さらに、慢性腰痛を放置することで、「腰椎すべり症」「脊柱管狭窄症」などの痛みやしびれを伴う神経症状を強くさせます。

 

 

【腰椎すべり症】痛みの原因を撃退する3つの理由

 

 

 

理由 1 問診と検査で腰椎すべり症の原因を特定できるから

 

 

生活習慣からくる腰椎すべり症の問題を
①「見つける」
②「つなげる」
③「解決する」
 

 

問題を「見つける」

 

 

あなたの腰椎すべり症が、いつから」「どんなときに痛むのか」「どのように苦しいのか」などを問診します。

 

 

問診することで、あなたの痛み腰椎すべり症の原因が外面筋肉や関節)または内面(内臓やストレス性)のどちらにあるのかを判別します。

 

 

問題を「つなげる」

 

 

肩や骨盤の高さ、骨盤や背骨の歪みなどの一般的な検査を行います。

 

 

 

 

次に、腰椎すべり症の原因を見つけるために当院独自の検査を行います。

 

 

あなたの体の動き(前屈や後屈など)を確認した上で、「動きづらい方向」や「痛みのある方向」を確認します。

 

 

私が動きと関連する筋肉や関節を押圧した状態で同じ動きをしてもらいます。

 

 

このときに、体の動きや腰椎すべり症が変化する部位を選別して、原因を特定していきます。

 

 

この時に腰椎すべり症が出ている部位(お尻やふくらはぎなど)と検査から特定された原因となる筋肉、関節結びつけ問題解決の糸口を見つけます。

 

 

問題を「解決する」

 

 

検査にて、腰椎すべり症の原因部位を特定します。

 

 

あなたの体の問題や原因を分かりやすく丁寧に身近な例えを用いて説明します。

 

 

 

 

痛みの原因を骨模型や教材、パソコンを使用して視覚的に
説明することで、あなたの痛みの原因を確認することができ、納得できるように説明するため安心することができます。

 

 

このようにして、生活習慣からくる腰椎すべり症の原因を一つずつ解決していきます。

 

 

理由2 原因部位に対して的確に施術できるから

 

 

カウンセリングと検査で原因を特定しているため、原因部位を的確に施術することであなたの腰椎すべり症は必ず変化します。

 

 

生活習慣(姿勢、動きのクセ、食生活など)が良くない方は
体の変化を実感するまで時間がかかる場合もあります。

 

 

血液循環が良くなる施術

 

 

施術において一般的に勘違いしていることあります。

 

 

施術はシコリを強く押せば良くなるなんてことはありません。

 

 

 

 

確かに強く押されると、その場は気持ちいいのですが、その場しのぎになります。

 

 

強く押すことで、筋肉、神経、血管が押しつぶされ損傷を受けるので、痛み(腰痛、腰椎すべり症など)がぶり返す可能性があります。

 

 

当院では、日本古来の『血液循環療法』と呼ばれる施術法をベースとしていくつかの療法をあなたの症状に合わせて使い分けます。

 

 

血液循環療法は低刺激であり、血液循環を高め、老廃物や
乳酸が蓄積している原因部位のシコリを除去することが可能になります。

 

 

 

 

結果、原因部位のシコリが除去され痛みが和らぎます。

 

 

自然治癒力を最大限に高める施術

 

 

施術(徒手療法)は「ジワ~」っと体の奥に響く、イタ気持ち良い刺激であなたの原因部位のシコリを撃退します。

 

 

当院に来院される方の多くは、心地よくて眠ってしまうほどの低刺激な施術です。

 

 

イタ気持ち良い刺激は、強い刺激と違い不快な痛みを起こさないため、リラックス効果を最大限にします。

 

 

体への心地いい刺激がリラックス状態を招き、副交感神経を優位にさせるので、体が温まりあなたの自然治癒力を引き出し原因部位のシコリが除去され痛み(腰痛、腰椎すべり症など)が和らぎます。

 

 

また、内面的な問題がある方に対しては、内臓や頭蓋骨をソフトな刺激で施術することで、「冷え性」「便秘」「むくみ」「頭痛」などの更年期特有の症状や自律神経の問題を
和らげます。

 

 

理由3 セルフケアの指導で原因部位のぶり返しを抑制するから

 

 

施術をすることで血液循環が高まり筋肉のシコリを和らげ、
筋肉に柔軟性を作ります。

 

 

筋肉のシコリの緩和と柔軟性が高まることで、関節(骨盤や肩甲骨)の歪みも整い、腰痛、腰椎すべり症は和らぎます。

 

 

しかし、施術後に元の生活習慣に戻れば必ず体の歪み、シコリは戻り腰痛、腰椎すべり症をぶり返す結果を招きます。

 

 

 

 

それを防ぐためにセルフケアがとても重要になります。

 

 

元来、病院勤務時代、理学療法士として運動指導を徹底的に
患者さんへ指導していました。

 

 

その経験からあなたの症状に合う効果のあるセルフケア法を
「一日に何回」、「何セット」、「週に何回」セルフケアを
するのかを分かりやすく説明します。

 

 

 

 

セルフケアをすることで原因部位の痛みのぶり返しを抑えることができます。

 

 

問診・検査」「施術セルフケア法」の3つを軸にしてあなたの痛みを撃退していきます。

 

 

当院にはこのような悩みをもたれた方が多く来院されております。

 

✅前かがみになると腰に痛みが出る

 

✅座っていると腰まわりがだるくなってくる

 

✅立っているのが辛すぎて、急に座り込みたくなる

 

✅腰椎すべり症のため、靴下が履けない

 

✅もう何日もコルセットをつけている

 

✅色々な治療院に行ったがあまり良くならない

 

✅孫に抱っこをねだられるが腰が痛むのでしてあげられない

 

✅しばらく座って、立つときに「うっ」と腰の痛みを感じる

 

✅車の運転を長時間できない

 

✅ロキソニンなどの痛み薬がないと生活できない

 

 

このように、日常生活を満足に送れない方がとても多いです。また、体をもっと良くしたいという健康意識が高い方
多いのが当院の特徴です。

 

 

「あなたと私」で二人三脚で、腰椎すべり症の痛みに向かい合うことで痛みを撃退させ、「痛みのない」生活を手に入れましょう。

 

 

 

 

本気で「腰椎すべり症」を改善したいと思われる方は今すぐお電話下さい。

<電話番号をタッチすると電話が繋がります>

※施術中は電話に出られませんので、留守番電話お名前と電話番号をお願いいたします。必ず折り返しいたします。

The following two tabs change content below.
林 隆生

林 隆生

「整体院 喜流」院長  好きなもの:スポーツ(野球)、読書、筋トレ、森林浴や温泉、厚生労働省 理学療法士 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    PAGE TOP