【誤ったストレッチ】坐骨神経痛が悪化した理由

この記事の所要時間: 536

【誤ったストレッチ】坐骨神経痛が悪化した理由(腰痛関連、埼玉県さいたま市大宮区の整体院 喜流)

From  埼玉県さいたま市  大宮区 喜流 デスクより

 

 

喜流 院長 林です。

 

 

 

 

運動前や仕事前にする ストレッチは、体が硬いので 筋肉を伸ばすと痛みを伴います。

 

 

ストレッチをした後は、体が 楽になり、動きやすくなり ますよね。

 

 

何度かこの経験をすると、 ストレッチが日課になります。 また、体の不調も早めに気づく ようになってきます。

 

 

このようにあなたに合う ストレッチをすることで、 体の「痛み」や体の「不調」を 改善へ導きます。

 

 

一方、誤ったストレッチ方法を することで坐骨神経痛などの 神経症状は悪化する場合があります。

 

 

開脚ストレッチのブーム到来に伴い

 

 

 

 

開脚ストレッチは、昔からある ストレッチ法ですが、やり方を 間違えると坐骨神経痛を起こしたり、 強くするリスクがあります。

 

 

全てのことにおいて、手順や 方法は必ずあるものです。

 

 

しかし、本や動画では細かい部分の 説明が抜けている場合がとても 多いのです。

 

 

開脚ストレッチもマスコミが取り上げ、 ブームが到来しました。

 

 

この情報を見た方が、開脚ストレッチは 体に良いということでやり始めました。

 

 

確かに、股関節を開脚することは とても良いことです。なぜなら、 股関節は脚の中軸であり、立つ、 歩く際に中心となる関節だからです。

 

 

股関節を開脚することで、 関節が柔らかくなり、可動域が 広がるため、股関節にかかる 負担を減らし、腰への負担も 減るからです。

 

 

しかし、開脚ストレッチは ただ脚を開いて伸ばすだけでは ありません。

 

 

開脚ストレッチは坐骨神経痛を悪化させるか?

 

 

ストレッチをする時に、 あなたは何を意識していますか?

 

 

筋肉を伸ばすこと 深呼吸すること 力を入れないこと

 

 

これらの意識はとても重要です。 しかし、もっと大事なものが あります。

 

 

それは、開脚ストレッチを する姿勢(フォーム)が 重要なのです。

 

 

何だそんなことは知っているし、 やっているよ。という方も、 少し付き合ってください。

 

 

当院でも、このストレッチに 失敗し3人ほど坐骨神経痛に なったり、症状を悪化させて ました。

 

 

その人たちの共通点は、 開脚ストレッチをする際の、 骨盤の位置にありました。

 

 

開脚ストレッチをしようと 思う方の大半は、体が硬いので 何とかしなければいけない という理由が大元です。

 

 

本来は、骨盤前傾位で行う ストレッチですが、体が硬いため、 開脚ストレッチをする際に 骨盤後傾位(骨盤が後ろに倒れる)に なり、無理に伸ばします。

 

 

 

 

骨盤後傾位のストレッチが、 お尻の筋肉や太ももの後ろの 筋肉を過剰に収縮して 硬くなります。

 

 

これでは、目的の筋肉を 伸ばすどころか、逆に 筋肉の過剰な緊張を生みます。

 

 

過剰な筋肉の緊張は、 お尻の筋肉も硬くさせ、 坐骨神経の通り道を 狭くします。

 

 

そのため、坐骨神経は 圧迫され、神経症状を 強めるのです。

 

 

まとめ

 

 

現代は情報社会と言われ、 ありとあらゆる場所で、 情報を手に入れることができ、 情報が交錯します。

 

 

そのため、一つの情報源だけを 頼りにしないで、いくつかの 情報源を集めて、検討、実行する ことが安全だと思います。

 

 

開脚ストレッチは決して、 悪いわけではありません。

 

 

しかし、細かい部分を見逃して しまうと大惨事になる場合も あるので要注意です。

 

 

欠陥住宅で例えるなら、ビスや ネジなどの部品を削減したり、 目に見えない細かい部分を 削減しますよね。これが、 家を傾かせる原因につなが るのです。

 

 

これと同じように、 ストレッチも体の細かい 部分に注意を払わないと、 後々、症状を悪化させる 原因になるのです。

 

 

【誤ったストレッチ】坐骨神経痛が悪化した理由
↓   ↓   ↓

 

 

 

本日もブログをご覧になって頂き、
ありがとうございましたm(_ _)m

 

−林 隆生

 

ー【整体院 喜流】ホームページー
『我慢していませんか?』

 

腰痛、坐骨神経痛などの「痛み」や体の「不調」、「しゃがんで靴下をはくときに腰が痛い」「食器棚に手を伸ばすときに肩が痛い」「最近、手足の冷えが増えてきた」などそんなお悩みがありましたらこちらから

↓ ↓

 

ー【整体院 喜流】Youtubeチャンネルー

セルケア法や腰痛や坐骨神経痛の原因をはじめ
あなたの治療に役立つ情報を
いち早くあなたにお届けします!

 

「youtubeだけの限定動画」を配信中!
チャンネル登録はこちら


 

*ここをクリックして、次の画面の右側「チャンネル登録」ボタンを押してください。

 

ー【整体院 喜流】Facebookページー

 

Facebookからもブログをご覧頂けます。
フォローはこちらから


Facebookに「いいね」はお気軽に♫

The following two tabs change content below.
林 隆生
さいたま市、川越市、蓮田市、都内を中心に坐骨神経痛・脊柱管狭窄症で悩む方が訪れる【慢性腰痛専門】整体院 喜龍 院長の林 隆生。8年間理学療法士として、病院勤務、その後、独立開業。多種の勤務経験から、慢性の痛み、不調の根本原因は「血流」「筋肉のシコリ」であることにたどり着き、日本古来の血液循環療法を習得。その他、症状により筋膜リリース法や腹部治療なども取り入れる。<お問い合わせ・ご相談はコチラ>

林 隆生

最新記事 by 林 隆生 (全て見る)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    PAGE TOP