【足の問題】ゴルフを楽しみたいあなたへ

この記事の所要時間: 52

【簡単】足裏をシンプルに緩ます方法(腰痛関連、埼玉県さいたま市大宮区の整体院 喜流)

intyou

From  埼玉県さいたま市
大宮区 喜流 デスクより

 

喜流 院長 林です。

坐骨神経痛、腰痛、運動

冬も少しずつ深まり、
寒さが身にしみる時期に
なってきました。

 

特に朝の寒さは、布団から
体を出すのを拒否します。
もう少し、もう少しが
30分たってたり(笑)

 

体を動かすまでに時間が
かかり、なかなか運動する
機会も減りますよね。

 

この時期のスポーツは、
スキー、スノボー、ゴルフなど
色々ありますが、ゴルフは
オールシーズンできるので、
運動不足の解消などにも
良いスポーツです。

 

当院にもスポーツされている
方は、多く来院されますが、
その中でもゴルフをしている
方が比較的多いです。

 

ゴルフは、体を前に倒して、
腰のねじり動作でスイングする
ため腰を痛めやすく、
坐骨神経痛や腰痛を発症する
リスクが高いです。

 

坐骨神経痛、軌道


さらに、歩く時、ガニ股に

なりやすい方はこんなところが
原因で坐骨神経痛や腰痛を
悪化させます。

ゴルフの歩く時に要注意


坐骨神経痛、運動

ゴルフプレー時、クラブで
ボールを打つと「パーン」と
反発音と共に、アーチを描き
ボールが飛んでいきます。

 

そのボールを探しに
柔らかい芝を歩きます。
1日を通してプレー時には、
平均6,200ヤード歩くようです。

 

距離にすると10kmであり、
歩数にすると30,000歩も
歩くそうです。

 

僕もゴルフをしますが、
ここだけの話、下手なので、
30,000歩は歩くかな、、、

 

いやボールを探すことが
多いのでそれ以上かも(笑)

 

このようにゴルフが健康に
良いと言われるのは、
楽しみながら歩くことが
できるからなんですね。

 

話は戻りますが、坐骨神経痛や
腰痛があり、ガニ股の方は
この歩数がゴルフ時には
症状を悪化させる原因に
なります。

 

歩く際には、必ず足が地面に
つき、足のクッション性を
利用して効率よく歩きます。

 

しかし、ガニ股の方は
足の機能をうまく使えないため、
足裏に疲労が蓄積します。

 

その距離が長ければ長いほど、
負担は大きくなります。先ほども
述べたように、ゴルフ時には10km
近く歩くので足への負担は
大きくなります。

 

足の負担が大きくなると、
足底筋膜などの足裏の
筋群が異常な緊張となり、
坐骨神経痛や腰痛を
悪化させます。

足底筋膜と坐骨神経痛の関係


坐骨神経痛、足裏

足底筋膜はふくらはぎ、太もも後面を
通り、頭皮筋膜(頭頂)に繋がります。

 

簡単に説明しますと、体の後面の
筋膜のつながりになります。

 

そのため、ガニ股歩きをすることで、
足底筋膜に疲労が蓄積し、
仙結節靭帯(お尻の筋肉も含む)も
同時に硬くなるため、血流障害や神経の
圧迫が起こり坐骨神経痛や腰痛などの
症状を引き起こします。

 

また、足底筋膜は後頭下筋と
呼ばれる筋肉の繋がりが
あるため、首の痛みや
肩こりにも繋がります。

 

坐骨神経痛や腰痛を抱えながら
ゴルフをする方はとても
多いのですが、足裏に違和感が
ある場合は、もしかしたら
足裏が原因かもしれません。

まとめ


10km近く歩くゴルフが、健康に

良いということは歩く距離を
みれば納得いただけるかと
思います。

 

また、開放感あふれる
自然の中で体を動かすことは
とても贅沢な時間となります。

 

しかし、坐骨神経痛や腰痛が
あり、歩き方に問題がある
場合はかえって症状を
悪化せるため注意が必要です。

 

色々試したが、症状が
変わらないようであれば、
ご相談いただければと思います。

 

スコアを上げるために、
足元から見直してみては
いかがでしょうか。

 

【簡単】足裏をシンプルに緩ます方法
↓   ↓   ↓

本日もブログをご覧になって頂き、
ありがとうございましたm(_ _)m

 

また明日もお待ちしております^ ^

−林 隆生


【整体院 喜流】ホームページー 

『我慢していませんか?』 

腰痛、坐骨神経痛などの「痛み」や体の「不調」、 
「しゃがんで靴下をはくときに腰が痛い」 
「食器棚に手を伸ばすときに肩が痛い」 
「最近、手足の冷えが増えてきた」など
そんなお悩みがありましたらこちらから
↓ ↓

ー【整体院 喜流】Youtube チャンネルー

セルケア法や腰痛や坐骨神経痛の原因をはじめ
あなたの治療に役立つ情報を
いち早くあなたにお届けします!

「youtubeだけの限定動画」を配信中!
チャンネル登録はこちら


*ここをクリックして、次の画面の右側「チャンネル登録」ボタンを押してください。

ー【整体院 喜流】Facebookページー

Facebookからもブログをご覧頂けます。
フォローはこちらから

Facebookに「いいね」はお気軽に♫

 

The following two tabs change content below.
林 隆生
さいたま市、川越市、蓮田市の坐骨神経痛・脊柱管狭窄症で悩む方が訪れる【慢性腰痛専門】整体院 喜龍院長の林 隆生。8年間理学療法士として、病院勤務、その後、独立開業。多種の勤務経験から、慢性の痛み、不調の根本原因は「血流」「筋肉のシコリ」であることにたどり着き、日本古来の血液循環療法を習得。その他、症状により筋膜リリース法や腹部治療なども取り入れる。<お問い合わせ・ご相談はコチラ>

林 隆生

最新記事 by 林 隆生 (全て見る)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    PAGE TOP