【腰痛最前線】股関節の付け根に違和感ありませんか?

この記事の所要時間: 459

【腰痛最前線】股関節の付け根に違和感ありませんか?(腰痛関連、埼玉県さいたま市大宮区の整体院 喜流)

腰痛、施術

From  埼玉県さいたま市
大宮区 喜流 デスクより

 

喜流 院長 林です。

坐骨神経痛、股関節、内転筋

あなたは股関節の働きを
ご存知でしょうか?

 

股関節は骨盤の直下にあり、
歩行時の衝撃を吸収したり、
骨盤、腰、膝関節への負担を
減らす大事な役割があります。

 

股関節とは、脚の付け根の部分に
ある球関節であります。上半身と
下半身をつなぎ、周囲の軟骨や
筋肉、腱に支えられながら、
様々な動きを可能とします。

 

足を開く、閉じる、
曲げる、伸ばす、
内側に捻る、外側に捻る

 

これだけ、動きが多様な
ため、その周りに付着する
筋肉や靭帯が硬くなると、
可動範囲(関節の動く範囲)が
狭くなります。

 

可動範囲が狭くなることで、
股関節の衝撃吸収がうまく
いかずに、骨盤、腰、
膝関節の負担を増大させます。

股関節の動きを悪くする姿勢


坐骨神経痛、椅子

最近は椅子での生活が増え、
仕事でも家庭でも多用します。

 

しかし、長時間の座位は、
仰向け、立位と比べ腰への
負担は最も高くなります。

 

そのため、座位は姿勢が
崩れやすく、股関節への
負担も大きくなるのです。

 

背もたれに寄りかかる姿勢は、
最初は楽なのですが、
時間とともに腰、首、肩の
負担を実感される方は
多いのではと思います。

 

これは、骨盤が後ろに倒れ
(骨盤後傾)、ハムストリングス、
臀筋、腹筋などの筋肉を短く
させ、股関節の柔軟性を
低下させます。

 

Dr.KAKUKOスポーツクリニック
院長 整形外科医
中村格子さんは言う。

「腰痛が起こる一因に、
股関節の硬さがある」


このように整形外科の

先生も股関節の柔軟性と
腰痛との関連を示唆して
います。

 

股関節の中でも、内転筋
(太もも内側の筋肉)と
ハムストリングス(太もも
後面の筋肉)の硬さが
可動範囲を狭めます。

太ももの筋肉を使わない理由とは


坐骨神経痛、骨盤後傾

デスクワークでの座位姿勢では、
時間が経つと疲労により
骨盤が後ろ(後傾)
に倒れ、背もたれに寄りかかりたく
なるものです。

 

骨盤後傾は、内転筋や
ハムストリングスの
出番を少なくし、
収縮して硬くなります。

 

坐骨神経痛、内転筋


このため、背もたれに

寄りかかるような、
座位姿勢は太ももの筋肉を
使わなくなります。

 

股関節は立つ、歩くといった
動作時に働くため、長時間
座ることや単調動作を繰り返す
だけでは股関節を使う機会が
ことごとく奪われるのです。

 

このため、股関節周囲の
筋肉はさらに硬くなり、
腰周囲への負担を増し、
腰痛や坐骨神経痛を
悪化させる原因となります。

まとめ

股関節は球関節であり、
多様な動きが可能です。
腰などへの負担を軽減する
役割や動作を効率よくする
役割もあります。

 

そのため、股関節周囲の
筋肉が硬くなり、股関節の
動きが悪くなると腰への負担が
増大し腰痛や坐骨神経痛を
悪化させる原因となります。

 

その原因の一つは、デスクワーク、
生活様式の変化などによる椅子中心の
生活になります。

 

これを解決するためには、
股関節を柔らかくすることが
必要となります。

 

本日は股関節をストレッチ
以外で柔軟性を高め、
いつでもできる運動を
お伝えします。

 

【腰痛最前線】股関節のグルグル体操
↓   ↓   ↓

本日もブログをご覧になって頂き、
ありがとうございましたm(_ _)m

 

また明日もお待ちしております^ ^

−林 隆生

ー【整体院 喜流】ホームページー
『我慢していませんか?』
腰痛、坐骨神経痛などの「痛み」や体の「不調」、
「しゃがんで靴下をはくときに腰が痛い」
「食器棚に手を伸ばすときに肩が痛い」
「最近、手足の冷えが増えてきた」など
そんなお悩みがありませんか。

 

日本古来の徒手技術と
生活・運動指導を軸に
あなたの体のお悩みを
解決する支援をします。

 

理学療法士の資格を持ち、
独自の検査法から「痛み」の
原因を見つけるのが得意です。

お気軽にHPをご覧ください♫

ー【整体院 喜流】Youtube チャンネルー

セルケア法や腰痛や坐骨神経痛の原因をはじめ
あなたの治療に役立つ情報を
いち早くあなたにお届けします!

「youtubeだけの限定動画」を配信中!
チャンネル登録はこちら


*ここをクリックして、次の画面の右側「チャンネル登録」ボタンを押してください。

ー【整体院 喜流】Facebookページー

メルマガでは配信されていない「腰痛改善の秘密」を
Facebook限定でウェブで見ることができます。
フォローはこちらから

Facebookに「いいね」はお気軽に♫

The following two tabs change content below.
林 隆生
さいたま市、川越市、蓮田市、都内を中心に坐骨神経痛・脊柱管狭窄症で悩む方が訪れる【慢性腰痛専門】整体院 喜龍 院長の林 隆生。8年間理学療法士として、病院勤務、その後、独立開業。多種の勤務経験から、慢性の痛み、不調の根本原因は「血流」「筋肉のシコリ」であることにたどり着き、日本古来の血液循環療法を習得。その他、症状により筋膜リリース法や腹部治療なども取り入れる。<お問い合わせ・ご相談はコチラ>

林 隆生

最新記事 by 林 隆生 (全て見る)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    PAGE TOP