バレー好き30代女性の意外な腰痛の原因とは?

この記事の所要時間: 616

バレー好き30代女性の意外な腰痛の原因とは?

 

 

 

 

さいたま市大宮区 整体院 喜流 デスクより   喜流 院長 林です。  

腰痛を改善して大好きなバレーを続けたい

 

 

  先日、埼玉県朝霞市在住の 30代女性(Aさん)の方がギックリ腰に なり当院に来院されました。

 

 

腰痛になったのは、今回初めて とのことで不安な様子で来院 されました。

 

 

Aさんは、パソコンを使う、 デスクワークをしております。

 

 

1日6〜8時間は腰掛けている 環境であり、平日の2回は趣味の バレーをしているとのことでした。

 

 

Aさんは、デスクワークでの 姿勢は猫背であることや趣味の バレーでは、前傾姿勢をとり、 常時腰に負担をかけていました。

 

 

この状態が続けば、ギックリ腰に なるのはもちろんですが、 椎間板ヘルニアや坐骨神経痛にも なり兼ねない体の状況でした。

 

 

体の状態は、簡単にまとめますと、 骨盤の歪み(仙腸関節のズレ)、O脚、 左足首の不安定性(過去にバレーで 捻挫)など

 

 

今までに相当、体に負担を 掛けていたことが分かります。

 

 

おそらくバレーをしている こともあり、体の身体感覚 (体の異常を察知する)は 良好なものと思われます。

 

 

体の状況に敏感に反応したのが、 今回、幸いだと感じました。  

 

 

もしもぎっくり腰を放置していたら、、、

 

 

  もし、Aさんが急性腰痛 (ぎっくり腰)を放置して しまったら、本人様は骨盤のズレ、 O脚、左足首の変形に 気づかなかった訳です。  

 

 

  それを放置したらと考えると、 少し怖いですよね。

 

 

なぜなら、体の歪みに気づかず、 日々の生活に戻る訳ですから。 体にかかる負担は、日に日に 増すということです。

 

 

長時間座るデスクワーク、 中腰で動くバレー、 掃除、洗濯、料理などの 中腰姿勢

 

 

ぎっくり腰自体は、1〜2週間 様子を見れば痛みはおさまるので、 「なんだ、もう大丈夫」と なる訳です。

 

 

しかし、体の歪みは何も変わって いないので、恐ろしい話、体には 負担をかけ続けるということが 容易に想像がつくと思います。

 

 

しかも、自覚症状(痛み、 違和感など)がない訳ですから、、、 「体に不調なんてないよ」と 思い込みますよね。 これが、一番厄介です。

 

 

近い将来、筋肉が衰えた時に、 このダメージが一気に襲い かかるので、早めに対応する ことが望ましいです。  

 

 

原因は腰ではなく股関節にありました

 

 

   

 

 

この写真のO脚や左足首の変形を ご覧になってわかる通り、明らかに 姿勢が崩れているのが想像 つくかと思います。

 

 

Aさんの股関節は右側は外側にねじれ、 左側は内側に捻れていました。 このためか、横向きなるときは 必ず右側を向くとのことでした。

 

 

股関節のねじれは、O脚や足首の 変形でも分かるように、足先まで 影響を及ぼしています。

 

 

また股関節の動きが悪いことから、 近くの関節への負担を増し、 今回のぎっくり腰(腰痛)に つながったと思われます。  

 

 

施術後

 

 

   

 

 

まとめ

  姿勢が崩れていれば、無意識に 元に戻そうという体の反応が おきます。

 

 

つまり、体のバランスを保つために 過剰に筋肉を使い、バランスを 整えようとします。

 

 

それが、筋肉の疲労を蓄積させ、 やがて痛み(今回のぎっくり腰、 腰痛)を起こします。

 

 

今回は、崩れた姿勢(O脚、足首の 変形)による日々の蓄積と デスクワークによる長時間の 座り姿勢、バレーによる中腰姿勢が ぎっくり腰に繋がったと思われます。

 

 

その主原因は、股関節にありました。

 

 

股関節にアプローチをすることで 腰の痛みの軽減やO脚の矯正の お手伝いをすることができました。

 

 

Aさんの歪みは一時的には、 取れていますが日常生活で、 同じ状況が続けば必ず戻ります。

 

 

そのため、生活習慣の指導と お尻周りの緊張を取るストレッチを 次回までに徹底して頂くように 指導させていただきました。

 

 

このことから、生活習慣(姿勢、 動作、歩き方)を見直す、 ウォーキングをする、無理の ない範囲で運動をするなど

 

 

近い将来、快適に過ごすために、 やるべきことは今から少しずつ やることをオススメ致します。

 

 

Aさんも楽しくバレーが 続けられるようにもう少し お体と向き合いましょうね。

 

 

症状を改善するのはご自身です。 しかし、痛みを軽減させることや 生活習慣を徹底的に指導する ことは整体の役割だと改めて感じた 1日でした。

 

 

ありがとうございます。 感謝いたします。

 

 

動画はこちらからご覧になれます ↓   ↓   ↓  

 

 

本日もブログをご覧になって頂き、
ありがとうございましたm(_ _)m

 

−林 隆生

 

ー【整体院 喜流】ホームページー
『我慢していませんか?』

 

腰痛、坐骨神経痛などの「痛み」や体の「不調」、「しゃがんで靴下をはくときに腰が痛い」「食器棚に手を伸ばすときに肩が痛い」「最近、手足の冷えが増えてきた」などそんなお悩みがありましたらこちらから

↓ ↓

 

ー【整体院 喜流】Youtubeチャンネルー

セルケア法や腰痛や坐骨神経痛の原因をはじめ
あなたの治療に役立つ情報を
いち早くあなたにお届けします!

 

「youtubeだけの限定動画」を配信中!
チャンネル登録はこちら


 

*ここをクリックして、次の画面の右側「チャンネル登録」ボタンを押してください。

 

ー【整体院 喜流】Facebookページー

 

Facebookからもブログをご覧頂けます。
フォローはこちらから


Facebookに「いいね」はお気軽に♫

The following two tabs change content below.
林 隆生
さいたま市、川越市、蓮田市、都内を中心に坐骨神経痛・脊柱管狭窄症で悩む方が訪れる【慢性腰痛専門】整体院 喜龍 院長の林 隆生。8年間理学療法士として、病院勤務、その後、独立開業。多種の勤務経験から、慢性の痛み、不調の根本原因は「血流」「筋肉のシコリ」であることにたどり着き、日本古来の血液循環療法を習得。その他、症状により筋膜リリース法や腹部治療なども取り入れる。<お問い合わせ・ご相談はコチラ>

林 隆生

最新記事 by 林 隆生 (全て見る)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    PAGE TOP