猫背でも問題ありません!でもね、、、

この記事の所要時間: 541

猫背でも問題ありません!でもね、、、

From  埼玉県さいたま市  大宮区 喜流 デスクより

 

 

喜流 院長 林です。

 

 

朝の通勤時、大宮駅の改札を出て、 院まで徒歩で向かいます。

 

 

歩いている時に思うのが、 姿勢を丸めて歩く人が6割、 背筋を伸ばしている人は2〜3割、 スマホを見ながら歩いている人が 1〜2割くらいですかね。

 

 

 

 

やはり、姿勢を丸めて歩く人が とても多いんです。

 

 

猫背を取る人が多いのには、何が 背景にあるのか考えてみる。

 

 

日本人は、もともと農耕民族であり、 獲物を取らなくても、畑や田んぼから 食料を調達していました。

 

 

 

 

そのため、動物を狩りすることが なかったので、早く走ることを 要求されませんでした。

 

 

このため、骨盤は後傾位(後ろに 倒れている)の人が多いようです。

 

 

逆に欧米人は、食料を調達す ために狩りをする狩猟民族だった ため、早く獲物に追いつけるように 早く走る必要がありました。

 

 

 

 

このため、骨盤は前傾位(前に 倒れている)になっている そうです。

 

 

つまり、日本人は生まれながらに 骨盤が後傾しているため、猫背に なりやすい民族だそうです。

 

 

また、最近>では<u椅子の生活が多くなった こと(昔は椅子がなく地べたに 座っていた)やデスクワークが 多くなったことも猫背の人を 急増している一因かと思うのです。

 

 

猫背はなんとなく体に悪いような気がするけど、一体何がいけないのでしょうか。

 

 

1つ目は、猫背が体に及ぼす負担

 

 

 

 

あなたも電車やレストランで 見たことがあるように、スマホを いじっている方の大半は猫背に なっていることを確認できます。

 

 

この猫背の状態は、首、肩、腰に 負担をかけます。

 

 

猫背の場合、首が前に出ますので、 頭の重さ(5〜7kg)により重心が 前に行かないように、首や 肩周囲の筋肉で支えます。

 

 

この時に首や肩の筋肉が 疲労しすぎると、偏頭痛を 引き起こします。

 

 

同時に前に傾く重心を、 腰を後ろに倒すことで、 バランスをとっているで、

 

 

この状態が蓄積すると、 腰骨のクッション(椎間板)が潰れ、 椎間板ヘルニアや坐骨神経痛などに 発展する可能性があるのです。

 

 

2つ目は、猫背が内臓に与える負担

 

 

 

 

猫背による首、肩の負担は頸椎を 通る自律神経に負担をかけます。

 

 

自律神経の働きが悪くなると、 血流低下、血圧や体温の調節や ホルモンバランスが崩れるため、 内臓の調子も悪くなります。

 

 

また、猫背を続けることで内臓を 直接に圧迫をかけてしまうようです。

 

 

市中病院 整形外科  眞鍋 憲正先生は言います。

 

”猫背により胃や腸などが 肋骨に圧迫され、それにより 胃腸の機能が低下し、食欲不振や 便秘など便通異常が 起きたりします。

 

また胸の内側では呼吸をするために 重要な横隔膜の動ける範囲が 低下し、息苦しさを感じたりする” とあります。

 

 

このように、当たり前のように 猫背を取っているあなた、 長い目で見ると腰痛や坐骨神経痛の 他にも内臓への悪影響も考えられる ことを知っていただけたと思います。

 

 

まとめ

 

 

日本人は農耕民族であり、 早く走って獲物をとる 必要性がなく、また獲物に 襲われることも少ない民族だった ので骨盤が後傾位の割合が多い ようです。

 

 

さらに、現代では欧米化した 椅子での生活やデスクワークが 主体となっています。

 

 

情報収集はスマホや パソコンになるので、自然と 猫背になりやすい環境なんです。

 

 

猫背は、首、肩、腰に多大な 負担をかけ腰痛、坐骨神経痛、肩こり、 手のシビレや自律神経にも影響を 及ぼします。

 

 

また、猫背は内臓を圧迫させ、 内臓の不調につながります。

 

 

それが原因で腰痛や 坐骨神経痛などの症状を 引き起こす場合もあるのです。

 

 

では猫背を解消するために どのような運動がいいのでしょうか。

 

 

猫背の方にお伝えする、 喜流オリジナル体操はこちら ↓   ↓   ↓  

 

 

本日もブログをご覧になって頂き、
ありがとうございましたm(_ _)m

 

−林 隆生

 

ー【整体院 喜流】ホームページー
『我慢していませんか?』

 

腰痛、坐骨神経痛などの「痛み」や体の「不調」、「しゃがんで靴下をはくときに腰が痛い」「食器棚に手を伸ばすときに肩が痛い」「最近、手足の冷えが増えてきた」などそんなお悩みがありましたらこちらから

↓ ↓

 

ー【整体院 喜流】Youtubeチャンネルー

セルケア法や腰痛や坐骨神経痛の原因をはじめ
あなたの治療に役立つ情報を
いち早くあなたにお届けします!

 

「youtubeだけの限定動画」を配信中!
チャンネル登録はこちら


 

*ここをクリックして、次の画面の右側「チャンネル登録」ボタンを押してください。

 

ー【整体院 喜流】Facebookページー

 

Facebookからもブログをご覧頂けます。
フォローはこちらから


Facebookに「いいね」はお気軽に♫

The following two tabs change content below.
林 隆生
さいたま市、川越市、蓮田市、都内を中心に坐骨神経痛・脊柱管狭窄症で悩む方が訪れる【慢性腰痛専門】整体院 喜龍 院長の林 隆生。8年間理学療法士として、病院勤務、その後、独立開業。多種の勤務経験から、慢性の痛み、不調の根本原因は「血流」「筋肉のシコリ」であることにたどり着き、日本古来の血液循環療法を習得。その他、症状により筋膜リリース法や腹部治療なども取り入れる。<お問い合わせ・ご相談はコチラ>

林 隆生

最新記事 by 林 隆生 (全て見る)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    PAGE TOP